TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > 「フランスの超天...

「フランスの超天才」が見通す2030年の産業 | 先端科学・研究開発 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

36コメント 登録日時:2017-09-13 09:14 | 東洋経済オンラインキャッシュ

今から2030年までに、キロワット時当たり150ドルのバッテリーが開発されるため、ハイブリッド車が急速に普及する。リチウム・空気電池(この電池は2050年ごろまでに実用化が期待される。この電池のエネルギー密度…...

Twitterのコメント(36)

ヒントが散りばめられているかも
天才すぎてやばい。笑
長生きしなくちゃ@@
利他主義が合理的になるのか。いいことだね。
»
夢みたい話。共有と利他が「お得」な世界。意志とモラルが大事。>
「フランスの超天才」って😨😵安っぽいなぁ。

@Toyokeizaiより
2030年にCO2は450ppm以上と今から予言しておく。
生活は明らかに一変する。全てがネットで繋がって、人の手を必要とせずにあらゆることが完結していく。
娯楽産業は仮想現実によって一変
スポーツ観戦も仮想現実化する
共有経済の発達で、利他主義が一番合理的になるとのこと。またVR等の発達はスポーツ観戦はじめ場所という概念を失くしてしまう。
2030年までに、キロワット時当たり150ドルのバッテリーが開発されるため
が急速に普及

・空気電池(この電池は2050年ごろまでに実用化が期待される
この電池のエネルギー密度は の6倍
要約だけ読むと、テクノロジーに振り回さされっぱなしのような印象が。>
2016年から2030年にかけて、共有経済の5つの主要分野(金融、求人情報のオンライン提供、宿泊、自動車の共有、音楽や動画のストリーミング)の市場規模は30倍に
じっくり読んでしまう
コンテンポラリーダンスの中には精神イメージのナチュラリストが多いダンスジャンルもあるので、これが浸透しないジャンルのエリアにはガチで浸透しない気がする。
単に、今時の流行りを並べただけだろうが…(´Д`)
2030年の産業 @Toyokeizai 大筋は当然の流れしか言っていない。細部情報の補完には良しという内容。タイトルの共有経済への言及が少な過ぎる。
凡庸な未来予想 あまりにも当たり前すぎる 2030年この天才に仕事はあるのか
他人のために行動する利他主義は、得か損か?。フランスの天才ジャック・アタリが答えを出しました。
ジャック・アタリって未来学者なのかよ…
賢い人って凄いな…30年まで生きていられるだろうか。
共有と利他主義が合理的になる。持ってるものを分け与えられることが大事。ふむ、いい時代だわ。 /
ジャック・アタリ氏「共有経済は今の30倍に」(東洋経済)  
「生産される自動車の大半は、自動運転車に」「市場経済では利他主義が合理的になる」
近い未来が...
「フランスの超天才」ジャック・アタリ氏が見通す2030年の産業 要約すると、自動車の大半が自動運転車に、リチウム・空気電池によりEV航続距離が内燃機関車と同程度に 次々世代「バイオバッテリー」登場 共有経済が今の30倍になど
「娯楽産業は仮想現実によって一変する」
これは読むに値する見解だな/
ドラえもんの世界はもうすぐなのかな。
無くなるもの増えるもの、自分は何をして何を選ぶのだろう ( ˘ω˘ )
以上

記事本文: 「フランスの超天才」が見通す2030年の産業 | 先端科学・研究開発 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事

画像で見る主要ニュース