TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > 小島秀夫は世界の...

小島秀夫は世界のエンタメをどう変えるのか | ゲーム・エンタメ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

51コメント 登録日時:2017-08-18 06:11 | 東洋経済オンラインキャッシュ

生涯現役のクリエイターは、映画作りへの野望も隠さない(撮影:梅谷秀司) 1987年の発売以来、世界で累計5160万本以上を売り上げたコナミの家庭用ゲーム「メタルギア」シリーズ。そのクリエイターであり、開発者である小島秀夫氏は2015年12月にコナミデジタルエンタテインメントを退社し、インディーズ(独立系)スタジオ「コジマプロダクション」を立ち上げた。後編は「映画へ...

Twitterのコメント(51)

ゲーム開発指揮が出来ないのを認めつつある… "AIエンジンの時代になれば、コストは自分の人件費とAIの電気代だけになります。労働集約的なゲーム会社はなくなり、クリエイターとAIのコンビ" / "小島秀夫は世界のエンタメをどう変え…"
こちらインタビュー後半。なかなか読み応えがある記事でした
フランス人のフォロワーさんがこの記事をグーグル翻訳したら、意味が分からないので、わかるように訳して!というミッション・インポッシブルに苦戦中の英語難民。
「現実にはできないことをリアルに体験できるのがゲームです。そこには「やってはいけないこと」も含まれます。それを疑似体験することで、なぜやってはいけないのか、なぜできないのかを考えさせるところまでユーザーを連れていかなければならない」
>――小島監督のゲームはグローバルで人気があります。日本市場向けは意識しませんか。
著名な方インタビューするなら、多少は相手のこと…
この場合、ゲームの一本や二本軽く遊んでけって思う。
ものすごく刺激になるインタビュー。>「誰も考えつかなかった」作品、作家性のある作品は、人間の頭からしか生まれません。
ゲームも転換期に来ているのかもしれないなぁ。そこで"デススト"がどんな作品になるか楽しみ
小島監督の最近のメディア露出ラッシュは新作の情報解禁が近いということでいいでしょうか? /
語られてる『コジマエンジン』には将来会ってみたい
どういうものになるか
@Toyokeizaiから ★メタルギアソリッドも、続きがあるのかな。廃絶したら、それを踏まえて続編。
あーかっけーよーコジマ監督!!!
<下> | ゲーム・エンタメ - 東洋経済オンライン
将来、ジャービスと仕事するトニースタークみたいな小島監督を想像した
彼の行く末を見届けるまでは、死ねないと思っている。
日本の漫画やゲームの主人公が少年少女たちが多い理由はメインターゲットなだけではないんだな。
"次の新作「DEATH STRANDING」で、その課題に対するひとつの答えを出したいと思っています。" 期待してる /
ここに書かれている未来像は概ね正しいのだが、恐らく小島監督が思っているよりも到来するのは遅いと思う
必読ですね
▼ | 経済ニュースの…
未来は、AIと協力しながらクリエイティビティを発揮してるかもしれない!
相変わらずゲームに対する偏見があるなぁ、この手の記事は。
小島節健在。こういう52歳に自分もなりたい。

>
ドヤ顔でラジオ出たりインタビュー受けたり
世界的映画監督つかって腹話術してる暇あるなら
ゲームか映画作れ。
むしろ映画とっとと撮れ。
>>やってはいけないことを疑似体験できるメディアの価値。
後編もあったのか( 'ω')
クリエイターを取り巻く環境は激変した<下>東洋経済オンライン
素晴らしいゲームを創る人はゲームのことを深く考察しているなと再確認した。
「日本のティーンエージャーの夢想を肯定してあげるだけでは、グローバル市場には届かない」「「家族」こそが、人類共通の生存のための単位であり、概念なので、それを描くことが必要だと思います」 / "小島秀夫は世界のエンタメをどう変える…"
専用機でなくなったら、さすがにゲームやらなくなるだろーなー。いや、今までのレトロ機で遊ぶかなw >近い将来、間違いなく「専用ゲーム機」という形態はなくなるでしょう。
「クリエイターのアイデアや感性、創造力、実行力が問われる時代がくると思います」
前編・後編共良いインタビュー記事
「向こうから攻撃してきた敵を倒す、という原理は変わっていないのです。(略)これは大きな課題だと思います。次の新作「DEATH STRANDING」で、その課題に対するひとつの答えを出したいと思っています。」これは気になる。
小島さん考察が面白い。クリエイター思考は、全ての仕事人に必要だと思う。|
後編が出た。
後でじっくり読もう。

@Toyokeizaiから
確かにMGSは殺しだけじゃなく、救助、不殺要素があったけども。必要なテクが殺しとそう変わらないような・・。
昨日に続きだけど、後半の記事は微妙だな……記者の偏っていそうなゲーム知識が全体をちぐはぐにしてる……
頷きすぎて首もげそう
結局、エンタメをどう変えるの?

@Toyokeizaiから
ビジョンがすごい。

@Toyokeizaiから
経験に基づき現代テクノロジーとの向き合い方が
大事。人しか出来ない事とは
正論。世の中を俯瞰。功罪は別として、ゲーム業界が関連技術需要受け皿。
一方、一般のクリエーターの作業が創造的かは別問題。
今後ゲーム機が無くなる!?
みなさまおはようございます。
後編が公開されました。

俺たちの監督に一生ついて行くぞ!!とあらためて強く感じる素晴らしいインタビューです。
後編。拝読。やはり小島さんが観ておられる展望はさらなる新次元だ。
[東洋経済オンライン]
以上

記事本文: 小島秀夫は世界のエンタメをどう変えるのか | ゲーム・エンタメ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事

画像で見る主要ニュース