TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > トヨタ「時間に縛...
14コメント

日本を代表する企業が独自の「働き方改革」を進めようとしている(撮影:尾形 文繁) トヨタ自動車が事務職や技術職の係長クラス以上を対象に、始業・就業時間を社員個人の判断で柔軟に決めて働ける新しい勤務形態の導入を検討していることを、今月はじめに複数のメディアが報じた。 「働き方改革」の決め手がなかなか見いだせていない中、独自の仕組みによって先陣を切ろうとするトヨタの...


Twitterのコメント(14)

工場の生産性といい、今回の勤務体系といいトヨタは先見性があると思う
@Toyokeizaiから
うちの会社が導入してる制度ばかり >
みなし残業って合法でやると会社側に旨味はないのだが、旨味を「生産性向上」に求めたのか。
欧州とコンタクトを取ると時間が夕方になるから、始業はフレシキブルがいい
(榊裕葵) 【東洋経済オンライン】
本人の意思次第ってのがポイント高いですね
今は休日モードでちゃんとわ読めないのであとで確認する。→ @Toyokeizaiより
チェック →
今、自分が働いている会社とはスピードが違うなぁ…流石トヨタって感じだ。もう日本的な労働は時代に合わず、人材も流動性が必要になる。

-
人事制度を発表しただけで終わることはよくあるからな。。。w
以上

記事本文: トヨタ「時間に縛られない」新勤務形態の狙い | ワークスタイル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事

50コメント 2015-10-17 09:47 - news.nicovideo.jp

トヨタは環境規制を先取りし、2050年に「脱エンジン」宣言 「エンジンは生き残れない」(トヨタ自動車・伊勢清貴専務)――。自動車業界のトップ企業であるトヨタが脱エンジンを明確に打ち出した。トヨタは10月14日、2050年に向けた環境に対する取り組み「トヨタ環境チャレンジ2050」を発表した。その目玉が、2050年にトヨタが世界で販売する新車の走行時CO2排出量(平均)を10年比で90%削減するとい...[続きを読む

画像で見る主要ニュース