TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > コンビニ3社のフ...

コンビニ3社のフライドチキン、「熱戦」の構図 | コンビニ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

14コメント 登録日時:2017-08-12 06:09 | 東洋経済オンラインキャッシュ

ファミチキ(左)とリニューアル後の好調が続くLチキ(右)(写真:ファミリーマート、ローソン) コンビニのレジ横に並ぶカウンター商品の中でも、年間を通じて大人気なのがフライドチキン。専門店よりも低価格ながら、店内調理で揚げたてを味わえるのが人気の秘訣だ。各社とも毎年のように商品を強化し、「チキン戦争」が繰り広げられている。 中でも最近好調なのがローソンの「Lチキ」だ。...

Twitterのコメント(14)

「生きていた鶏が2時間でファミチキに」というぱわーわーど
: | 経済ニュースの新基準 -
コーヒーに、ドーナツに、フライドチキンに。コンビニ無双。 >>
これがホントのチキンレース
卵をふ化させ、鶏を育てたうえで加工するという一貫した体制を構築している。驚くべきは加工スピード。早ければ、生きていた鶏が2時間でファミチキに仕上がるという。

"生きていた鶏が2時間でファミチキに仕上がる"
「コンビニ大手3社による「チキンレース」は一層過熱していきそうだ」、、、
チキンレース (違 :
"生きていた鶏が2時間でファミチキに仕上がるという"
焼き鳥も個人的には戦争状態……
| 経済ニュースの新基準
もう食べまいと誓った。
ミニストップ候補は独自の戦い
いや、選挙の泡沫候補的な扱いじゃなくてミニストは誕生当初から独自路線だし、その需要を独占できる素地がある。
ファミマのスパイシーチキンが好き
以上

記事本文: コンビニ3社のフライドチキン、「熱戦」の構図 | コンビニ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事

画像で見る主要ニュース