TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > 26歳男性「正社...

26歳男性「正社員で年収200万は幸運」の真意 | ボクらは「貧困強制社会」を生きている | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

43コメント 登録日時:2017-08-11 05:14 | 東洋経済オンラインキャッシュ

ダイスケさんは、正社員で年収200万円だった過去を「けっこういい給料をもらっていた」と話す(筆者撮影) 現代の日本は、非正規雇用の拡大により、所得格差が急速に広がっている。そこにあるのは、いったん貧困のワナに陥ると抜け出すことが困難な「貧困強制社会」である。本連載では「ボクらの貧困」、つまり男性の貧困の個別ケースにフォーカスしてリポートし...

Twitterのコメント(43)

第2のセーフティーネットであるべき 制度があまりにも使えなさ過ぎる。あって無いも同じの制度。
▶️ | ボクらは「 」を生きている | 東洋経済オンライン
萎える…。

>上司から接待用にゴルフセットをそろえるよう言われたときに自腹で買うのかと尋ねたり、営業車のガソリン代は経費で賄えるのかと確認したりしたことも、周囲におカネに執着する人間という印象を与えてしまったようだ
26歳男性『正社員で年収200万は幸運』
貧困の罠に陥ると抜け出すことが困難な「貧困強制社会」
同級生で200万円貰ってる人なんていないですよ。殆ど非正規です。

です
妻の「フルタイムのパート」というのは語義矛盾では…。
貧困家庭で、教育を受けるのに数少ない選択肢しかななく、さらに非正規雇用で、貧困の再生産がなされています。生活保護も20万以上貯蓄がでアウト、生活困窮者自立支援制度も機能せず、あらゆる意味で国民に貧困を強いる社会と思います。
リストラの嵐が吹き荒れた1990年代でも無かった話。いかに小泉ネオリベ嵐が有害だったかわかる話
この記事を読めばわかる。何が一億総活躍社会だ!!! ①
@Toyokeizaiから
200万で幸運か…そう思って生きてみたいわ
身に染みた苦労が茶色い瘴気のように滲み出てる。読んでて辛い
正直、「こんな奴でも結婚できるのか」としか(ry
コメント欄がいかにも日本人らしい。選ぶな使うなと奴隷を強要する姿勢。そりゃ究極縛りプレイみたいな生活すれば低収入でも生きていけるだろうけど論点はそこじゃない。まず社会の風潮が貧しい ―
正社員で年収200万は幸運
ボクらは
貧困強制社会を生きている
農業は「行政のミス」で挫折
@Toyokeizaiから
クラウドファンディングで、その夢は叶えられるんじゃないかな。これが本人に届きますように。

@Toyokeizaiから
記者の誘導的手法が露骨すぎて。
転職回数、私も多いので勿論、受けに行く面接の面接官に嫌味を言われるのはある程度デフォ。
日本の正規、非正規は『階層化』していてしかも固定だから一度転落すれば上がれず職歴増えてしまう。
毎回紹介例が特殊すぎて、読み物として面白い。
運が悪いと言ってしまえばそれまでだけど……。

【 | 東洋経済オンライン】
はいはい。こんなのは超特殊 超マイノリティ。
こんなにしっかりとした方でもうまくいかないことが多い世の中。
ただ、慎ましく、平凡に生きる(神にあって)ことに、やさしい世を目指したいだけ
真面目に働いてる人が貧乏になってしまうんだね。希望ないね。日本オワタ
こういう方をなんとかするのが行政の仕事のはず。
行政の過失で貧困の原因を作ってしまったところは百歩譲って脇に置いておくにしても、このセーフティネットのなさは、すべての人にとってのリスク。誰もがこの...
完全に行政に殺されてるな・・・運もあるかもしれないけどひどいわ
年収200万なんて夢の彼方😿
大卒1年目の初任給より低いなあ。手取りと年収勘違いしてるのではと思いたくなる
ダイスケさんは、五〜十年計画ぐらいで夢を実現するような長期計画を立てて、ブラック企業にだまされないよう堅実に働けばなんとでもなる。なんたって26歳なんだから。まだ仕事は選べる。金のいい仕事ついて貯金貯めて夢叶えればいい。
健康で文化的な生活を送るには300万でも足りないと思うんだが。
就農者必要なんでしょうに
ビンボーでいたら安心できる人たち

@Toyokeizaiより
行政(笑)〈 - 東洋経済オンライン〉
四国の行政ひどいな。イケハヤがどれだけうまいこと言ってもこれが地方で生活を始めるという現実なんだろうな
社会のセーフティーネットはもっと拡充しなければならない。それが働き方改革の前提でもある。
@Toyokeizaiより
@Toyokeizaiより
これが日本、日本人の現状
こんな夫婦いいな
このシリーズ自業自得な人多いけど、この人は不運
行政の絶対無謬神話。

政治の「失敗」や制度の「欠陥」に始まり、組織的な「不作為」から担当職員の「錯誤」まで、市民の人生を大きく左右する責任を肝に銘じなければならない。

皮肉なもので、岡山県の第...
節税ができないところも厳しいな
[東洋経済オンライン]
@Toyokeizaiより

これが現実。働きたくても仕事がない。
以上

記事本文: 26歳男性「正社員で年収200万は幸運」の真意 | ボクらは「貧困強制社会」を生きている | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事

画像で見る主要ニュース