TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > 元プロボクサー「...
49コメント

なぜ医師は見過ごしてしまったのでしょうか。闘病生活について聞く(撮影:今井康一) 信頼していた医師たちに振り回され、突然の膀胱がん余命1年宣告。夫婦2人で立ち向かい、転移の可能性が高い術後2年の山を乗り越えた。率直な筆致で思いや行動をつづったがん闘病記『見落とされた癌』を書いた元WBA世界ミドル級チャンピオンの竹原慎二氏に聞いた。 ──最初の異常は頻尿でした。...


Twitterのコメント(49)

事実だとしたら、かなりのヤブ医者に引っかかってしまったんだな。可哀想に。 /
@Toyokeizaiより

誰かと思えば竹原じゃないか。。僕もなんだか体調悪いのに2年健康診断行ってない。。
ヤブ医者の名前早よ〜〜。
そんなことになってたんだ…
経過が良好ならいいな
最初の症状が頻尿だけでは膀胱鏡をしない医師も多いのかな…自分は血尿だったからすぐに発見できたけど…
知識や正論で話すことは上からの物言いになりかねんのやね 同じ目線にする技術必要
っているんですね。A先生とかB先生の名前講評してほしいゎ
医者ではなく自分の感覚を信じる。
畑山さんがいて良かったですね/
@Toyokeizai

上から目線で、話す医者は、クソだ
ホームレスとか以上に、世をダメにしてる存在だ。
患者は医療知識ないんだからセカンドオピニオンだって適切かなんて分からん立場
こういうことはあるんだろうな、という記事。  @Toyokeizaiから
竹原さん、やっぱり強い人だった。

@Toyokeizaiから
竹原さんもそうだったんや。
全くいい加減な医者は許せん。(`Δ´)

@Toyokeizaiから
お医者さんで「え?」と感じることがあれば、それは本能センサーが感知してます。テンオピニオン?も巡って癌が分かった人も知ってる
目標はクリアしてもどんどん作っていかないと。達成したら死んじゃいそうな気がするんです。僕は強い人間じゃないですから(笑)。
信頼できる医師に出会うこと。癌の治療にかぎらず、不満があっても、おかしいなと思っても医師を変えるきっかけや、かえる発想がなくて困っている人はたくさんいるんだろうな、と思いました。
~ 一期一会では済まない「かかりつけ医師」といざという時の「大病院」選択! ~
竹原さんは本当によく復活されたと思います。
膀胱痛い時に読んでゾッとした(T_T)
見逃すクソ医者ってなんなんでしょう//
こういうミスで何人の人が犠牲になってきたんや
本人も周りの人も被害者
最初の病院は見落としていたよう。
今を生きる。こういうことなんだろうな。と痛感。
俺は俺で今を生きる。
信頼していた医師たちに振り回され、突然の膀胱がん余命1年宣告。
@Toyokeizaiより

医師の実名公表してほしい😭

第二第三の竹原を出さない為に😭

そんなん強くない
体調悪いのが続いたら病院。更に続いたらセカンドオピニオン。更に続いたらサード、フォースオピニオンやな。
頑張れ、チャンプ竹原応援してるよ!
「生きるとは 笑う事ぞと 覚えたり」

拙者がいつも言ってる、この座右の銘…
ジョークやカッコつけで言ってるワケじゃないって事が分かったでしょ?
竹原癌だったのか...
竹原さんいろいろ大変だったんだな...ガチンコファイトクラブ見てたなぁ/
竹原いつの間にかガンになってた
医療関係者、特に医師はこれを読んで真摯に受け止めるべき。
王者を王者たらしめるには、医師の確かなオピニオンも不可欠。乗り越えて下さり、本当に良かった、そう存じております。
医者は選ぶことが出来る。

@Toyokeizaiより
膀胱癌の参考になります。

| 経済ニュースの新基準
@Toyokeizaiより

ヤブ医者は思ったより多い
「じゃあの」の人は、こんなに大変なことになってたのか… >
病院の先生は、変わり者が半数以上。
この先生にならお願いしたいと思う人にお願いしましょう。後々、命を無駄にし後悔しないために。
セカンド・オピニオン、大事です。少しでもおかしいと思ったら即。
元プロボクサー「余命1年宣告」で見た地獄 (東洋経済) なぜ医師は見過ごしてしまったのでしょうか。闘病生活について聞く(撮影:今井康一) 信頼していた医師たちに振り回され、…
以上

記事本文: 元プロボクサー「余命1年宣告」で見た地獄 | ブックス・レビュー | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事

30コメント 2015-11-26 20:13 - news.livedoor.com

元プロボクサーの男が、妻が勤めていた弁護士事務所の男性弁護士の局部を切断したとして傷害などの罪に問われている事件の裁判で、検察側は「被告は妻が男性弁護士から無理やり性的関係を迫られたと考え、犯行に及んだ」と指摘した。 元プロボクサーの小番一騎被告(25)は今年8月、妻が勤めていた弁護士事務所で、弁護士の男性(当時42)の局部を枝切りバサミで切断し、ケガをさせるなどした罪に問われている。26日の...[続きを読む

画像で見る主要ニュース