TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > 東京都バスは、な...
40コメント

早稲田から松坂屋上野店までをつなぐ「上58」路線はトップ5に入るドル箱路線の1つ。ただ、都バス全体では7割の路線が赤字となっている(記者撮影) 今年6月中旬、東京都交通局のホームページ上にて、2016年度決算がひっそりと公表された。 東京都バスなど乗合バスの運行が中心の自動車運送事業は0.5億円の経常赤字。金額こそ前年度より縮小したものの、3期連続で赤字に沈...


Twitterのコメント(40)

東京で、公営バス事業の経常赤字が5000億って、考えようによってはトントンでは?市場移転絡みの不明瞭会計や無駄遣い(現に700万円/日垂れ流してるんでしょ?)に比べたら大したことないっしょ。
>都バスはあくまで公共交通機関「たとえ路線の7割が赤字でも、3割の黒字でどうやって都民の移動手段足を確保していくかが重要だ」
東電の配当なくなって赤字になったのか…
よく使う高齢者層から50円くらい取るだけでもインパクトはあると思う。 /
この記事書いてる奴は何が言いたいんだ?ご老人の足なんだから赤字でも仕方ないだろ...それとも給料高いって叩くためのアレか?
交通インフラは赤字がデフォなのよ、国鉄が分割民営化したのは赤字をなくすためと言うより労働組合が極左の巣窟となってしまってて何とかする必要があったからだ。
「都バスは公共交通機関、目先の収支よりも公共交通としての使命が重要」
「 東電は弟分?知られざる都バスの正体」(東洋経済オンライン)
危機感無いから /
使いづらい路線が多いので、一度ゼロベースで地域ごとに利用動向を調査して、路線網の総点検をすべきだと思う、あと敬老パスとかこの世の中には不要な施策もあるので大胆に見直しすべし /
23区内を走る路線は乗車距離にかかわらず一律210円(ICカードは206円)という均一料金
...え?まじで?!すげぇじゃん!!(๑•̀ㅂ•́)و✧
地方に中古車両供給してるからしょうがないんじゃない?
@Toyokeizaiから
なるほど明治時代の配電ベンチャー企業が都電の前身だから、東電と縁があったのね /
都バスのほとんどの路線が都電の転換路線(都電色 黄色に赤帯)のバスも一時期あった、バスに転換しても旧東京市電ー東京電灯の関係は変わらない。
都バスの赤字は別の面にある、美濃部の老人無料も原因。
障害者や高齢者ありきのサービスは有り得ない。
以上、一番の要因。
都営バスが規模縮小すると、山手線の内側とか、隅田川より東側とか、ものすごく不便なことになるぞ。 / ただ「回送」で走ってるのが他事業者より多い気はする。 /
都心でも足なくなる買い物難民出るかもなぁ -
あとで読む
@Toyokeizaiより 「ひっそりと」「知られざる」「正体」ネガティヴを強調する書き方に閉口した。
船28系統ユーザー僕「ハァー…(クソデカため息)」→『東京都というドル箱都市を走る都バス』|
赤字じゃない公営バスとかあるんだろうか
A.地下鉄の方が便利だから。付け加えるとお年寄りの利用が多いのは駅まで歩かなくていいし、駅へ下りなくていいから。バスが使いやすくなっても交通渋滞がある限りバスは絶対的に不利。 /
公共の物って社会的弱者の為にあるわけで儲ける為にやってるわけではないだろ?赤字だからとか数を減らすとかそういうのは違うと思う。
黒字になるように職員の給料を調整したらいいだけだろ(汗)?
都バスは使いこなせれば本当に便利よね。家の近くから国会図書館の正面入り口に一本で行けるの本当にありがたい。
※東京都バス・・
なぜ56年も営業赤字なのか
東京都バスは、なぜ56年も営業赤字なのか
「その配当は都バス事業に計上されていた。戦後、路面電車が廃止されていった際に、代替交通機関として都バスが投入されたという歴史的経緯があったからだ。」(引用)
戦前の公営電気の影響があるのか
黒字になったら民営化して、給与が下がるの目に見えてるやん?
おもしろい〜根本の議論も必要だなと →
都バス・市営バス・タクシーは皆さんの利用を期待します。
麻布十番→渋谷駅は、毎回バスに乗っておりますが、必ず座れる♪
交通局はもともと「東京市電気局」の名称で1911年に設立され、路面電車の運行だけでなく電気供給も担っていた。ところが日本が太平洋戦争に突入すると、国が電力の統制に乗り出し、1941年に配電統制令が公布された / "東京都バスは、…"
大事のものだけど赤字はダメダメ /
東電配当25億が消失、経常赤字転落の苦境を救ったのは臨海部の急激な人口増▼
東京都バスは、なぜ56年も営業赤字なのか | ローカル線・公共交... (東洋経済) 早稲田から松坂屋上野店までをつなぐ「上58」路線はトップ5に入るドル箱路線の1つ。ただ、都バス全体では7割…
2015年度時点で全127路線(臨時便や区からの受託路線を除く)のうち、7割以上の93路線が赤字だ。臨海部での収入が増えてはいても、青梅地域を走る路線や長距離路線が足を引っ張っている格好だ。
以上

記事本文: 東京都バスは、なぜ56年も営業赤字なのか | ローカル線・公共交通 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事

159コメント 2010-11-09 04:58 - kyoko-np.net

8日午後5時ごろ、東京都特許許可局前に駐車していたバスが突然ガス爆発を起こす事故があった。当時バスには運転手含め4人が乗っており、新進シャンソン歌手の女性1人が軽いやけどを負って病院に運ばれた。目撃者の証言などから事件性はないものとして、運転手らから詳しく事情を聞いている。 バスガス爆発があったのは、江東区にある東京都特許許可局前の高架橋橋脚付近。8日午後5時22分ごろ、「ドン」という爆発音ととも...[続きを読む

画像で見る主要ニュース