TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > フランス、「ガソ...
12コメント

7月6日、フランスのユロ環境連帯移行相は、2040年までにガソリン車、ディーゼル車の販売を停止するとの目標を発表した。写真はマクロン仏大統領。エリゼ宮で6日撮影(2017年 ロイター/Gonzalo Fuentes) [パリ 6日 ロイター] - フランスのユロ環境連帯移行相は6日、2040年までにガソリン車、ディーゼル車の販売を停止するとの目標を発表した。温暖化対策の国...


Twitterのコメント(12)

@ags_jh23 こういうのがあるから、そのための布石なのかも。
トランプ出現によって何を訴えていくべきかがはっきりしてきたというものかな。独では反資本主義を訴える市民のデモが発生したりした。極右政党がひっそりとしている印象。 /
スゲーとしか言い様が無いが
原発依存度を上げるのなら愚案でしか無い。
???「co25%削減します」

なんかまた面白くなって来たなフランス(伝統)

@Toyokeizaiより
日本車、どんどん外国の環境基準引っかかりはじめるぞ。中国やインドも厳しくなるし
@Toyokeizaiよりパリダカは、パリから発車するフランス車以外となるのか。
CO2を全く出さない発電方法で電気がつくられるのなら、やる意味があると思うけどね
フランス車メーカーが死ぬだけ。
内燃機関を電気モーターに換装するシステムがあればいいのに。
以上

記事本文: フランス、「ガソリン車は販売停止」の衝撃度 | ロイター | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事

28コメント 2017-07-07 12:18 - www.cnn.co.jp

フランスで2040年にはディーゼル車やガソリン車が消える? ロンドン(CNNMoney)地球温暖化対策を推進するフランス政府が、ガソリンやディーゼル燃料で走る自動車の販売を2040年までに全廃する計画を発表した。 2040年以降は、電気自動車などクリーンエネルギーを使った自動車のみ販売を認める。ハイブリッド車も容認する。 フランス政府で「エコ転換」推進を担当する二コラ・ユロ氏はこの目標について、...[続きを読む

画像で見る主要ニュース