TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > 日本の「知識偏重...

日本の「知識偏重教育」がオランダに学ぶこと | 学校・受験 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

17コメント 登録日時:2017-07-13 08:20 | 東洋経済オンラインキャッシュ

いったい、イエナプランとはどのような教育なのか? いま日本の教育において最も語られているテーマが、アクティブラーニングだろう。「詰め込み教育」「一方通行」と揶揄されることの多い、従来の知識偏重型の授業から脱し、体験学習や調査学習、グループワークやディスカッションなどを通じて、子どもたちが「自ら能動的に学ぶ力」を身に付けられるような教育へと転換していこうという動きが盛ん...

Twitterのコメント(17)

新しいなぁ。そしてとてもいいと思う。→
「異年齢学級」は、わたしが考えていたことと同じだ!同じ年齢の友達と同じ教室で勉強して同じように進級するというやり方は変えた方がいい。
似てる。。。子供達からのリクエストがきっかけで15年くらい前からやってるぞ!
コレすごいやりたかった
@Toyokeizaiから
私がこの前見学に行ったイエナプランの学校も同じ感じ!すごい興味深かった。

@Toyokeizaiから
乙武さんの取材記事。異年齢の学級構成は面白い。教師も「自ら学ぶ」姿勢を見せるという話もいいなぁ。 / (東洋経済オンライン)
もっと日本の学校現場がフットワークの軽いものになればなと思う。
仕事が忙しいと、研修も行きたくていくんじゃなくて、行かないといけないから行くみたいな義務感になっちゃう気がする。(とある学生の意見)
@Toyokeizaiから
海外先進事例の紹介は他の教育学者がやってくれるでしょうから、現場も知る乙武さんには具体的提案を期待したいですねd(^_^)
いろいろと衝撃が大きいですが、こんな教育受けたかったです

ああ、こちらではワークシェアリングが進んでいるので、担任の先生も月・火・水の先生と木・金の先生といったように2人の教員で分担しているんです
超高齢社会、しかも多様性を尊重する社会では、知識こそが生きる糧だと思います。→ @Toyokeizaiから
@Toyokeizaiから

多様性を認め、間違いを恐れない教育こそ生徒の内なる興味関心を伸ばせると感じた
また乙武さんのリポートだけど…オランダ「イエナプラン」

海外、特に欧州の教育はICT含め先進的だなあ。異年齢で関わるのとか社会がそうだし何で同年齢で学ばなくちゃいけないのかずーっと謎。担任が担当性で変わるのは面白すぎ。
旅行ばっかりしていいご身分だこと。教育者を面するな。東洋経済もこんな奴に仕事を依頼するなよ。 /
以上

記事本文: 日本の「知識偏重教育」がオランダに学ぶこと | 学校・受験 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事

画像で見る主要ニュース