TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > 「年商1億円でも...
17コメント

「売り上げ」という名の魔物に取りつかれていると、赤字から抜け出すことはできない(写真:hama / PIXTA) 「年商1億円」というと成功した会社のように思えますが、なぜかいつも赤字……。そんな状態に陥る会社は少なくありません。 脱サラして起業した会社がそんな危機に陥ったことから「数字の見方」を学んだ、古屋悟司氏(著書に『「数字」が読めると本当に儲...


Twitterのコメント(17)

売上に目が行きがちだけど利益重視で。自分への戒めを込めて
「銀行も決算書を見ながら「売り上げは伸びていますから、運転資金が足りないんですね。一度審査してみませんか?」と気軽に答えてくれ、そのまま審査。すると、呆気なく融資が下りたのです。」
中小企業病。まともに数字やその意味を考える人や考えられる人がいない。社長も含めて。
マネージャーとしても大事な視点
お金は後からついてくる の幻想
年商1億とかまったく成功じゃないでしょ。利益1億ならまだしも。 / (25 users)
ボクの会社もこんなもんです…
やなり利益率は常にチェックすべき。
よくある優秀な人が成功した話(失敗もしてるだろうけど)ではなく、普通の人が失敗しながら学んだという感じの話。実体験として気付くには時間かかるんだろうなぁ。
そりゃ年商だけ追うのは、馬鹿でも出来る。安くすれば良いのだから。
売上より利益にフォーカス。
誰がそんなこと言ってんの→"中小零細の会社にとって、「年商1億円」という数字は、成功の証しの1つと経営者の間でいわれています" /
北山のことですか?
以上

記事本文: 「年商1億円でも赤字ばかり」の社長5つの特徴 | 専門店・ブランド・消費財 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事

30コメント 2013-05-29 08:50 - news.2chblog.jp

「女性が輝く日本」「世界に勝てる若者」──アベノミクス成長戦略の柱であるが、 何をいまさらとばかりに、とっくに輝いている若き女性社長たちがいる。そのなかの ひとりが、株式会社アンティミンスを経営している川崎希さん(25)。独学で経営を学び、 会社設立後わずか3年で年商1億円を突破した敏腕美人社長だ 「ランボルギーニが買いたいんですけど、マンションの駐車場に入らな...[続きを読む

画像で見る主要ニュース