TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > 「子づくり」まで...
18コメント

呉雲松CEO(37歳、画面右手の皮ジャンの男性)と新プラットフォーム「夢想生中継」の社員たち。呉CEOが社員を前に「新たなプラットフォームを作る」などと抱負を語っている 中国ではパソコンやスマートフォンからネット回線を使って手軽にできるインターネット生中継が大流行している。多くの素人が歌や踊りを披露するパフォーマーとなり、ブレークすれば中国語で...


Twitterのコメント(18)

@Re_xxxrd ごめん、全然他意はないのだけど、反射的にこの記事を思い出してしまった
日本でもこんな感じになるのかな / @Toyokeizaiより
中国でのネットの進化の仕方、すごい。
中国 子作りまでライブ映像ってちょっと・・・・・
>「今、中国ではネット生中継サービスを提供する会社、つまりプラットフォームは300以上ある~「今月の売り上げは600万元(約9600万円)です。毎月6倍のペースで増えています。月に数十億元(数百億円)は簡単に達成できるでしょう」」
ネットフィーバー/
30万円以上のバーチャルプレゼント→事件。
アイドルストーカーだ。。。
子作りくらい放送してもええやろ😏💕
>新プラットフォーム「夢想生中継」

夢精生中継、、、?( ˘ω˘ )
中国やばすぎやろw
@Toyokeizaiより

セックスの中継見れるなんてええやん
日本じゃ珍しくもない事を…
以上

記事本文: 「子づくり」まで生中継する中国ネットの病弊 | 中国「ネット生中継」がヤバすぎる! | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事

20コメント 2017-05-17 19:02 - toyokeizai.net

白い扉が約2メートルおきに並ぶ、汪剣鳴が立ち上げたマネジメント会社「上海玖睦文化伝播有限会社」の内部 中国ではパソコンやスマートフォンからネット回線を使って手軽にできるインターネット生中継が大流行している。多くの素人が歌や踊りを披露するパフォーマーとなり、ブレークすれば中国語でネットアイドルを意味する「網紅(ワンホン)」と呼ばれる。2016年は...[続きを読む

画像で見る主要ニュース