TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > 語学も資格もムダ...
41コメント

寝る間を惜しんで「努力」しても、ムダになる日が来るかもしれません(写真:cba / PIXTA) 日本人は今、2つの大きな変化のただ中にいる。 ひとつは「雇用を奪う」といわれて久しいAIの進歩。もうひとつがベストセラー『ライフ・シフト』で提言された、「人生100年」といわれる急速な寿命の伸びに伴う生き方の変化だ。 仕事がなくて稼げないなら、...


Twitterのコメント(41)

今までと全く違う生き方に凸。無論興味ある分野で。
近い将来オナニーが人の唯一の仕事になる時代が来そうだ
5年後ならありえそう.今だとちょっと早いかな.
それには納得!最後の「まずはジョブチェンジを見据えた『無形資産』の蓄積こそ、『長寿+AI時代』を生き抜く秘訣」には背中を押される。無形資産の蓄積なら得意!2年後に向けて地道にがんばるー
駒澤大学井上さんの5/16日の記事。
資格が意味をなさなくなる詳しい過程まで同じかはわからないけど、同意。
「問題発見力」は確かに大事。ただ、それを判っていない組織で発揮すると問題児扱いに。
何が正解か分からないけど、常にワクワクしてたい。
適当に頑張っても意味はない。
|
これからのAIの進歩に対して、人間にしかできない仕事をするための提言/
今役に立つものほど、役に立たなくなっていく

語学も資格もムダになる「長寿化+Ai」時代
語学も資格もムダになる知性で勝負する時代に、感性を磨くことの意義を改めて考えたい。: 長寿化+AI」時代 | | 経済ニュースの新基準
同感。これからは人間くささって大事だと思っててそれは、その人の想いや、ある種の欠陥、表現方法とかで、そこにこれから、アプローチしたいなー。
同感。自分としては人間くささってところに注力できたらなぁと。
寝る間を惜しんで「努力」しても、ムダになる日が来るかもしれません...
逆に、今役に立たないことが価値を生む日がやってくるかも!
@Toyokeizaiから
toeicのためのはずが気付いたら海外ドラマ見るために英語勉強してた
長寿化+AIでも、プログラミング習得は無駄にならない、というのがよくわからない。→ "長寿化+AI"
いい記事、井上智洋さんっていうのか覚えとこ。
肝に命じます。てか、読書と映画はささやかやけど、興味持ってやってて良かった。プログラミングは学生のときちょっとやったけど、向いてないことがわかってるw→
ライフ・シフトは早く読みたい神書。

本当にシンギュラリティが来るか知らんが、来たらBIは必須。そして遊んで金が貰える職業を増やすことかな?あとは分からん。

プログラミングとか本当興味ネェ🙁
学ぶべきはプログラムだ
絵を上手く描けるようになりたい… / (東洋経済オンライン)
|
Macが出現で、写植、版下、写真が見事に駆逐されるのを体験した。AIが普及すると本当に凄い事なります。まぁ下流老人にはどちらでも同じかも。
ひとり芸大ごっこ中 大学的な所あると色々助かりそうです

@Toyokeizaiさん
語学はまだどうなるか不透明な所は多いが、資格はすでに不要。
@Toyokeizaiより
要するに知性を持たない人が普通に稼ぐのが難しくなっているのです。したがって、資格のための勉強ではなく、教養を高めていくための勉強をするしかない。
@Toyokeizaiより
leadersにはこの記事を是非読んでほしいな〜🤓
@Toyokeizaiより
この記事にどれだけの人が『なるほど〜」って思うのだろうか。
長寿+AI時代までに、会社員もフリーランスも「複業(※副業ではない)」の準備をお奨めしたい。小椋佳さん(銀行員+歌手)のように、どっちも本業。

/"ジョブチェンジを見据えた「無形資産」の蓄積こそ、「長寿+AI時代」を生き抜く秘訣"
、想像力と創造力の時代かな。
AI飼って私の仕事やってもらいたい
"人間はむしろ、無駄なことや遠回りをたくさんして、AIにとって難しい感性や能力を磨くしかないというわけです。"
自分が何を面白いと思いそれを追求できるか?つまりそれを心から楽しめ喜べるか=気分良く生きる事が人間の仕事の目的になる。
「知の放蕩」大切だと思う。

どんなに資格を取り、知識を身につけても使わなければ、使える環境に身を置けなければ、意味がない。

これからは人間にしか出来ないことに注力し、知的好奇心・アンテナ感度が強い人が生き残るんだろう。
これは読んだ方がいい。
以上

記事本文: 語学も資格もムダになる「長寿化+AI」時代 | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事

21コメント 2016-05-18 06:10 - toyokeizai.net

何を学び、何を身に付けるか。稼ぐ人はどうしているのでしょうか(写真:bee/PIXTA) 6~7月は夏のボーナス(賞与、一時金)が支給されるシーズン。昨年と比べての増減が気になりますが、それはあくまでも短期的な話。中長期的に報酬を上げていこうと思えば、自分自身を磨き上げて、会社で出世したり、はたまた給料の高い会社へ移ったり、一念発起して独立した...[続きを読む

画像で見る主要ニュース