TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > メルカリ新社長「...
17コメント

国内で圧倒的な規模を誇るメルカリは新サービスも開発中、さらに攻勢に出る構えだ(撮影:梅谷秀司) あらゆるものをスマホで簡単に売買できる便利さから、大きな盛り上がりを見せるフリマアプリ市場。そこで独り勝ちの快進撃を続けるメルカリが驚きの人事を発表した。4月14日に取締役COO(最高執行責任者)の小泉文明氏が社長(代表権は持たない)に就任し、創業者の山田進太郎氏が会長...


Twitterのコメント(17)

GW前は現金出品や高額チャージ済みICカードであんなに騒がれていたから、これからどうなるか楽しみ。
面白い展開に。期待の星になれそう。
> |
独り勝ちフリマアプリ 電撃社長交代の理由 

創業4年目で突如社長交代を発表した理由は何か、山田会長と小泉社長の役目はそれぞれどうなるのか。その真意を小泉社長に聞いた。
社長交代したんだ、びっくり。/
メルカリ動いた!
ダイナミック
新サービスについて
メルカリと同じCtoCのマーケットプレイスだけど新しい切り口のもの、というイメージで複数用意している。場合によってはメルカリと連携させる部分があるかもしれない。
>ユーザー同士のコミュニケーションが活発に行われるプラットフォームになった。

結果→
「一万円を三千円にしてください!」
「ちょっと難しいです」
「死ね死ね死ね死ね」
何処が完成されたサービスなんだよ。
ドタキャンにペナルティ無いし、値引き厨だからだし。
少し成長に酔い過ぎだよ。足元みた方がいいよ。
メルカリ新社長「言い訳ナシに日本を伸ばす」 独り勝ちフリマアプリ、電撃社長交代の理由 -
代表権のない社長っていったいなんだ?
以上

記事本文: メルカリ新社長「言い訳ナシに日本を伸ばす」 | インターネット | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事

24コメント 2017-06-12 06:55 - business.nikkeibp.co.jp

アパレル不振の真因を突き止めた『誰がアパレルを殺すのか』[画像のクリックで別ページへ] アパレル業界がかつてない不振にあえいでいる。大手アパレル4社の売上高は激減。店舗の閉鎖やブランドの撤退も相次いでいる。アパレル業界と歩みをともにしてきた百貨店業界も、店舗閉鎖が続き、「洋服が売れない」事態は深刻さを増している。 なぜ突如、業界は不振に見舞われたのか。経済誌「日経ビジネス」の記者が、アパレル産業を...[続きを読む

画像で見る主要ニュース