TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > ダメな上司は部下...
18コメント

「最高の結果」をイメージさせることがポイントです(写真:Graphs / PIXTA) 新年度がスタートして20日。研修を終えた新入社員が早くも配属され始めている会社もあるでしょう。この春の人事異動で新たに部下や後輩を従えることになった上司、管理職、リーダーも少なくないはずです。 一方、リーダーが思ったように部下や後輩が育たないケースも少なく...


Twitterのコメント(18)

すべてではないが、見習うところはあるな
見極めが大切。
「ゴール」と「ゴールに向けた準備」がいかに必要かがよくわかります。|
これ重要ですねぇ。正論ね。
筋力アップに負荷が必要なのと精神的負荷のケースは似たとこもあるが違うところも多い。
東洋経済オンライン: ダメな上司は部下に真の「準備」をさせてない.
「高負荷」を自主的にかけられる人ってそれだけでかなりの才能だと思うな。
高負荷か
づま氏よのぉ
やる気のある人のマネジメントより、やる気のない人との対話の方が難しい。
適切な高負荷は確かに成果になると思う。問題は、不適切でテキトーな高負荷で人間を使い潰す人が多いことかなあ /
面白い記事だった
昔の上司が言ってた「段取り8割」に通じる。
最高の結果をイメージさせて準備するとある。とても大事だ。
「防衛大式マネジメント」で部下や後輩を鍛えるためのポイント。それは「あえて高負荷をかけること」「最高の結果をイメージさせて準備させること」です。 @Toyokeizaiより
いろいろ思うことのある記事だな
@Toyokeizaiより 弊社のアレが好きそうな根性論記事
以上

記事本文: ダメな上司は部下に真の「準備」をさせてない | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事

160コメント 2012-04-17 20:14 - www.lifehacker.jp

もし、あなたが部下に長時間働いてほしいと伝えるとしたら、なんと言いますか? 君たちは今一日8時間働いている。でもこれからは9時間か10時間、いや11時間は働いてほしい。我々はもっと成果を上げなければならないのだ。今までより3時間長く働いてほしい。なぜなら、30%の業績アップが必要だからだ。我々は今より30%優れた会社になるべきなのだ。 30%? 本当に? 私たちによりよくなって...[続きを読む

画像で見る主要ニュース