TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > ジャパネット髙田...
16コメント

日本一有名な通販会社、ジャパネットたかたの創業者、髙田明氏は、周りの猛反対を押し切っての自社スタジオの建設、さらに業界の常識を覆す生放送によって、テレビショッピングの新しいスタイルを作り上げてきた。 自身の経験や考え、行動の指針など、社員に伝えてきたことのエッセンスをまとめた初の自著、『伝えることから始めよう』から、「できない理由ではなく、できる...


Twitterのコメント(16)

できない理由を探すのは簡単である。
だからこそ、できない理由ではなく、できる理由から考える。
かっこいい「多くの人は失敗そのものではなく、ベストを尽くさなかったことを後悔するのではないでしょうか。」>>
この前ツイートした内容と同じこと書かれてるなー。
「猛反対された生放送テレビショッピング」

| 経済ニュースの新基準
失敗とは、やらなかったこと。 良い言葉です。
できない理由を考えるのではなく、できる理由を考えるっていうのは、本当に大事だなあ。
できない理由より、できる理由を考えるのは可能性を広げる
失敗とはやらなかったこと

ジャパネット高田明「できる理由を考える」
失敗とは「やらなかったこと」である;大事だな。=====
以上

記事本文: ジャパネット髙田明「できる理由を考える」 | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事

23コメント 2012-04-27 12:20 - www.itmedia.co.jp

連載「知って、できて、当たり前!? 37歳の常識」について  37歳は35+2歳なのか、40−3歳なのか?――連載「知って、できて、当たり前!? 37歳の常識」は、40代以降を充実して生きるための100個のルールをまとめた書籍「あたりまえだけどなかなかできない 37歳からのルール」の一部を加筆・修正し、許可を得て掲載しています。  僕が最初に転職を考えたのは3...[続きを読む

画像で見る主要ニュース