TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > ジャパネット髙田...
16コメント

日本一有名な通販会社、ジャパネットたかたの創業者、髙田明氏は、周りの猛反対を押し切っての自社スタジオの建設、さらに業界の常識を覆す生放送によって、テレビショッピングの新しいスタイルを作り上げてきた。 自身の経験や考え、行動の指針など、社員に伝えてきたことのエッセンスをまとめた初の自著、『伝えることから始めよう』から、「できない理由ではなく、できる...


Twitterのコメント(16)

できない理由を探すのは簡単である。
だからこそ、できない理由ではなく、できる理由から考える。
かっこいい「多くの人は失敗そのものではなく、ベストを尽くさなかったことを後悔するのではないでしょうか。」>>
この前ツイートした内容と同じこと書かれてるなー。
「猛反対された生放送テレビショッピング」

| 経済ニュースの新基準
失敗とは、やらなかったこと。 良い言葉です。
できない理由を考えるのではなく、できる理由を考えるっていうのは、本当に大事だなあ。
できない理由より、できる理由を考えるのは可能性を広げる
失敗とはやらなかったこと

ジャパネット高田明「できる理由を考える」
失敗とは「やらなかったこと」である;大事だな。=====
以上

記事本文: ジャパネット髙田明「できる理由を考える」 | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事

28コメント 2011-01-28 21:56 - togetter.com

明日1/28(金)、ジャパネットの髙田さんをお招きして九大箱崎キャンパスの国際ホールってとこでイベントやるです!「現役のうちは講演会とかやらない」っておっしゃってる髙田さんをなぜか口説き落とすことができたので、お暇な方は是非! http://twitpic.com/3tu3ob...[続きを読む

画像で見る主要ニュース