TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > カルビーが株主に...
19コメント

スナック菓子ナンバーワンの老舗企業がここへ来てグングン成長している背景にあるのは?(撮影:尾形 文繁) 「顧客が大事」「顧客視点で考えろ」と口にする経営者は多いものの、実際に冷静に顧客視点で考えると、過去の惰性で企業視点の取り組みを続けている会社は意外に多いのではないでしょうか。 『顧客視点の企業戦略 アンバサダープログラム的思考』の著者で、アジャイルメディ...


Twitterのコメント(19)

カルビーめちゃくちゃ伸びてるの知らなかった。。。
《コラム》
なんといっても、「徹底」が凄いと思います。
やはり、どんな企業でも顧客重視は、少なからず考えていること。ただ、大抵は形骸化しているのが現実です。
カルビーのように、トップ含めて顧客重視のルールや意...
お菓子メーカーの中でもかなり面白い企業。
@Toyokeizaiより
これ、なかなかいい記事だな~
この記事の通り、カルビーが採用している顧客重視の姿勢を高く評価します。
>カルビーのお客様相談室には、『15分、2時間、14日』というルールが厳しく適用されている
だって業績いいし、お行儀いいし、いい子だもの、そら何も言わない。
顧客目線でやれたらと思う会社って多いと思うな。 /
確かに内容は立派なんですけど、価格更新の際毎回量が減るのは何故なんだぜ? /
三方よし、という姿勢と、実践する事の大切さを実感します。
@Toyokeizaiより なるほど。三方よし、の思想か。
カルビーいいですね! /
日本人は良くも悪くも家族に固執して、隣人だとか外部を軽視しがち。実はサポーターやファンこそ下支えしてるわけで。徹底するべきなんだけどね。
たしかにカルビーのおかしはうまい。
ステークホルダーの優先順位からしたら、お客さん>取引先>従業員>株主だからね。株主最重視なんて経営はない(笑) /
カルビーが株主に左右されず成長できる理由 [東洋経済オンライン]
以上
掲載元: カルビーが株主に左右されず成長できる理由 | 企業経営・会計・制度 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準


他のコメントを探す:Twitter検索 はてブ

関連記事

42コメント 2014-05-25 04:58 - biz-journal.jp

「スシロー」の看板(「Wikipedia」より/Hanasakijijii) 回転寿司チェーン最大手の「あきんどスシロー」(以下、スシロー)は3月12日、「今春の新商品」を発表した。その中で、4月1日からサイドメニューに鶏がら醤油味のラーメンを加えると発売し業界関係者を驚かせたが、回転寿司チェーンの間では今、サイドメニューとしてラーメンや丼物を充実する「ファミレス化...[続きを読む

画像で見る主要ニュース