TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > 「習い事狂騒曲」...
12コメント

先行きの見えない時代、心配なのはわかりますが・・・・・・(写真:KY / PIXTA) 学歴だけでは足りない。だから習い事という発想 悪名高き「学歴」の価値が薄れてきている。学歴がいらなくなったという意味ではない。学歴だけではダメな世の中になったということだ。 いま、教育熱心な親たちは子供に、学歴だけではなく、豊富な経験を積ませ、ペーパーテストでは測れない広い意味で...


Twitterのコメント(12)

ほんとだね。親が「子育ての軸」を持っていないと、習い事産業に振り回されるだけ→
必ずしも役に立たなくてもいい、という基準も大事。/
いいこと言ってると思う⇒
勉強だけじゃ不自由な人だってのはよく分かるけど、だからどうするって段階でまた間違えちゃいけない。自戒。
習い事のバリエーションが増えすぎて、かつての習い事の王様ピアノを選択する親が減ってしまいました。家での練習も要り、成果がなかなか見えないからです。そして、ほとんどの中学校で行われる「合唱コンクール...
生き方も理念も感じない。
---------
| 経済ニュースの新基準
私事だけど3歳の時に母親がピアノ教室に通わせようとしたけど「いやじゃーいやじゃー」と頑なに拒否したらしい。
「習い事狂騒曲」に翻弄されまくる親の葛藤
「習い事」は手段であって、目的ではない。
以上

記事本文: 「習い事狂騒曲」に翻弄されまくる親の葛藤 | 学校・受験 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事

34コメント 2012-10-29 01:24 - diamond.jp

実態が把握されない教育投資 長期かつ多面的な検証が必要 「子供のためになるなら」と多くの親は考え、教育投資は青天井になりがちだ。幼少期の水泳やピアノなどの習い事に始まって、学習塾や英会話教室への通塾、そして、学校。 家計にとって巨額負担となる住宅や保険への出費は慎重になるのに、教育にはいくら投資しているかわからない親が多い...[続きを読む

画像で見る主要ニュース