TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > 「習い事狂騒曲」...

「習い事狂騒曲」に翻弄されまくる親の葛藤 | 学校・受験 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

12コメント 登録日時:2017-03-17 06:33 | 東洋経済オンラインキャッシュ

先行きの見えない時代、心配なのはわかりますが・・・・・・(写真:KY / PIXTA) 学歴だけでは足りない。だから習い事という発想 悪名高き「学歴」の価値が薄れてきている。学歴がいらなくなったという意味ではない。学歴だけではダメな世の中になったということだ。 いま、教育熱心な親たちは子供に、学歴だけではなく、豊富な経験を積ませ、ペーパーテストでは測れない広い意味で...

Twitterのコメント(12)

ほんとだね。親が「子育ての軸」を持っていないと、習い事産業に振り回されるだけ→
必ずしも役に立たなくてもいい、という基準も大事。/
いいこと言ってると思う⇒
勉強だけじゃ不自由な人だってのはよく分かるけど、だからどうするって段階でまた間違えちゃいけない。自戒。
習い事のバリエーションが増えすぎて、かつての習い事の王様ピアノを選択する親が減ってしまいました。家での練習も要り、成果がなかなか見えないからです。そして、ほとんどの中学校で行われる「合唱コンクール...
生き方も理念も感じない。
---------
| 経済ニュースの新基準
私事だけど3歳の時に母親がピアノ教室に通わせようとしたけど「いやじゃーいやじゃー」と頑なに拒否したらしい。
「習い事狂騒曲」に翻弄されまくる親の葛藤
「習い事」は手段であって、目的ではない。
以上

記事本文: 「習い事狂騒曲」に翻弄されまくる親の葛藤 | 学校・受験 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事

画像で見る主要ニュース