TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > 金正男は「壁がな...

金正男は「壁がない平和な世界」を夢見ていた | 韓国・北朝鮮 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

20コメント 登録日時:2017-02-17 18:58 | 東洋経済オンラインキャッシュ

2月17日、五味洋治編集委員(中央)は金正男暗殺を受けて記者会見を開いた(筆者撮影) マレーシアで毒殺された金正男(キム・ジョンナム)氏への独占取材を重ねてきた東京新聞の五味洋治編集委員が2月17日、東京・有楽町の日本外国特派員協会(FCCJ)で記者会見を開いた。五味氏は冒頭、「個人的にも非常にショックを受けている」と現在の心境を述べた。 そして、自らの命を失うリ...

Twitterのコメント(20)

今日のサルベージ1
予断

| 経済ニュースの新基準
これに騙されてはいけない
"金正男は「壁がない平和な世界」を夢見ていた"
武器と麻薬売って生活していたやつが平和とかよく言いますよねw
ブレグジット以降、雰囲気がいろいろと変わってきている。
北朝鮮が遺体(金正男氏)の送還を求めているようだが、やましい事でもあるのか。故国とはいえ、暗殺された身、帰るいわれなどあるまい。
待って欲しいと頼まれたのに、自分勝手な思い込みで本を出版し、結果として、正男氏は殺害されたわけで、それに対しては何とも思っていないようだ。
お前が偉そうに言うな!殺されたのはお前が原因だろ!##中日新聞マジつぶれろ!
「こういう発言で1人の人間を抹殺するというそちらの方法にこそ焦点が当てられるべきだ。」
個人を弾劾する前に。確かによ。
「(金正男が)欧州で見てきた社会の在り方と北朝鮮の社会の在り方があまりにも違うため、意見が合わずに(金正日と)仲たがいし、彼の生活は荒れ、最終的に北朝鮮を去ることになったと聞いている」(3ページ目)
そんな感じだね。
国ではなく人。

| 経済ニュースの新基準
ジョンナム氏がトップに立っていたならば、南北融和や日本人拉致事件などもより進展していたはず…。
兄のほうが世界が見えていたとか。
金正男は「壁がない平和な世界」を夢見ていた [東洋経済オンライン]
何とも日本的で「死ねば皆仏様」という感じ
「死人に口なし」とも言うか…
東京新聞ねぇ。。。
個人的にも知己のある先輩記者、五味洋治さんの記者会見の模様を東洋経済オンラインに寄稿いたしました。五味さんが金正男という人間をとても愛していた様子が感じられました。無念さは計り知れません。 金正男さん、安らかに。合掌。
以上

記事本文: 金正男は「壁がない平和な世界」を夢見ていた | 韓国・北朝鮮 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事

画像で見る主要ニュース