TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > 20代女性が吉原...

20代女性が吉原「遊郭専門書店」に集う理由 | 三浦展の研究ノート「街を読む、データを歩く」 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

66コメント 登録日時:2017-01-31 06:12 | 東洋経済オンラインキャッシュ

前回(「週7日飲酒?赤提灯に集う『暗黒女子』の正体」)、野毛や武蔵小山などの闇市跡にできた盛り場の焼肉店やホルモン店に、若い女性たちが進出していることを紹介した。そして、食とは別な分野でも、近年闇市…...

Twitterのコメント(66)

【今日の本屋】 ※近日訪問予定。
こちらでは町田祐一さんと並べてもらい:
ここ行きたい。
面白い考察だし、ここ行きたい。/
遊郭建築はたしかに興味深い。■
ちょっと親に反抗したい中流家庭の娘さんとかのフィーリングにぴったりあうんではないのかな。
遊郭って見せ物的な物珍しさのようなものを感じさせる賑々しさがあるし。
利益の循環が生み出す優れた(集客性のある)街並み。今ならTDSか。古いから良いというわけではないのがポイント →20代女性が吉原「遊郭専門書店」に集う理由、
バーチャルなもののシェアが高まることによるリアルなものへの渇望でしょうかね。リアル=珍しい=昔とかいうイメージなのか。/
椎名林檎も不況も貧困も震災も関係ないんじゃないかな。遊女の人生や情交の残り香に触れたい純粋なノスタルジー。/
椎名林檎出てきてびっくり
花魁のパトリオが美化されてひとりあるきしていないかい
ダメだダメだと言われてるものほど見たくなる心境に近い気がする。
なんかわかるわ。
ちょっと行きたい。
社会情勢は多少絡んでる気がするけど、椎名林檎はあんまし関係ない気がする。 / (東洋経済オンライン)
面影ラッキーホール系?
流石に不況の影響は直接的にはないかと。
バカすぎる記事・・
筆者が三浦展という約束された低クオリティ/最初の「戦後闇市や遊郭に関する本が相次いで出版されている」っていう表に載ってる本が12年間で8冊という爆笑もの /
多分推測間違ってるが、これ以上はやめとくw 意外と浅草からが近い

■今人気の記事■ 【20代女性が吉原「遊郭専門書店」に集う理由】 :
遊郭ディスコのリンクする話題。
地元が地元だからそういう街のが落ち着く俺
写真のキャプションが朝は名古屋県・名古屋市だったのに直ってるな>
専門書店なんてあるのかぁー。行きたい!
女性の方が動物的?
| 三浦展 - 東洋経済オンライン
"Hさん(29歳)は(略)「いちばん印象的なのは京都の五条楽園。次が尾道。3番目は難しいですが、豊橋"
おお!
焼肉店やホルモン店に、若い女性たちが進出しているって、在日チョンじゃん。
日本人と一緒にするな!
「ぬめぬめした空気感」ふむ。確かに。→
飛田は「料亭」として現役だが、本当に料亭になった元妓楼もある。地元にある超有名店「招福楼」がまさにそれ。カストリ出版が復刻した「全国遊廓案内」にも載っている。こういう変遷をたどるのも面白い
この記事、どこまで真に受けて良いのかわからないが、刀剣や戦国時代に惹かれる若い女性は最近少なくない…。→ 現代社会の不況・貧困問題が影響…? | 三浦展 …
女性の吉原への回帰と貧困問題を結びつける視点が面白い!
興味深い現象。
サブカルで都市を語る事の限界って、こんなものなのかなという感想。
男女問わず遊女の生活よりも文化も社会も後退してると思わずに居られんよ。|
カストリ書房だ・
大手のチェーン店は非日常性がなくなった。
「女性は毎月いやでも自分が動物であることを肉体で実感する」「男は人工物にひかれる」って…/
三浦さんの記事だ。
貧困より「サブカルオタ女はこういうの好きだから」論のがしっくりくる
赤線跡探訪とか、ひっそりながらも長らくブーム(というにはちと違和感あるんだが)だったりする。
私も遊郭街、撮りに行こうかな。
彼らにとっての「VR」が、ソコなんだろう、きっと。
どういう専門書あるか覗きに行きたい。
まさかの"遊郭女子"登場って
椎名林檎好きとして興味深い
吉原って女性に人気なんだな。 遊郭好きがここにも一人。
窓、タイル、手摺。建築趣味としても「旅行先で、しばしば各地に不思議な魅力的な場所がある。何だろうと思って調べてみると、昔遊郭があった場所。それで全国の遊郭を調べてそれらを訪ね歩いてSNSで発信しはじめた」 / "20代女性が吉原…"
途中、椎名林檎が出てきて、え?っで、なったけど切り口は面白いかも。/
タイトルのつけ方がどうもなぁ
思わぬところに林檎な話題が
うーん、こういうふうに一括りにされるのも…。 :
昨日、ある人と水商売の女性のドロドロとした情念の浄化をしたのだが、シンクロしている記事。
昭和までのセックスワーカーには強度の差こそあれ、怨念があったのではないでしょうか。見下すべき男性が次々と自身の上を通過し、世の中にはそれをせずに幸福そうにしている女性もいる。強い感情が蓄積された土...
非現実だから気になる🤔🤔🤔
サベツガーのひずみが目に見えるようになってきただけじゃないの?
AIだVRだのと、日々技術は進歩しているが、人々の心は過去に向かっている。 /
こんな本屋あるの?

| - 東洋経済オンライン
以上

記事本文: 20代女性が吉原「遊郭専門書店」に集う理由 | 三浦展の研究ノート「街を読む、データを歩く」 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事