TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > オバマ大統領が「...
28コメント

米国のバラク・オバマ大統領は10日夜(日本時間11日午前)、シカゴで行った公式には最後の演説で、支持者たちに対して「あなたたちがChange(変化)そのものだった」と語りかけ、1月20日に次期大統領に就任するドナルド・トランプ氏への平和的な政権以降を訴えた。 「米国のこれまでの成功は、前向きな姿勢や行動、すべての人を受け入れるという建国以来のモットーを広げるこ...


Twitterのコメント(28)

お疲れ様でした。
@Toyokeizaiより

ちらとテレビで見たけど、リーダーにはこういう言葉を語って欲しい、と思った。
オバマの成果はオバマケア、キューバ国交正常化、イラン核合意、広島訪問、パリ協定かな。
@Toyokeizaiより
この方の演説は美しいなぁと思う。聴く人を正しく導いてくれる気がする。好きでした。
最期に伝えたいことってなんだろうか。
Toyokeizai
前向きな姿勢や行動、すべての人を受け入れるという建国以来のモットー
広島に来てくれて、ありがとう

@Toyokeizaiから
オバマさん、最後の言葉。
オバマ大統領のもたらした"change"をアメリカはもっと良くしていくのか、それとも全て壊して悪化させるのか。
本日深夜のトランプ氏の演説も注目です。

さよなら、オバマさん!
誠実ないい大統領!素晴らしいメッセージでした。
@Toyokeizaiより
@Toyokeizaiから
大統領が変わることで見えなかった差別が可視化するかもしれないという不安が未だにある。
@hakuyaku ホントに。 次期大統領に....。^^;; QT @hakuyaku: なかなか…
オバマ大統領が「最後の演説」で語ったこと
メモ:
| 経済ニュースの新基準
上下院がねじれていたハンデがあったにせよ、最後にしくじった。バカブッシュのケツ拭きもあったから同情はするが。/
| 経済ニュースの新基準 »
オバマ大統領が「最後の演説」で語ったこと
| グローバルアイ - 東洋経済オンライン @Toyokeizaiより
どこまでもジェントルでクレバーだ。
日本時間深夜1:00(25:00)からトランプ次期大統領の演説がある。強いアメリカを主張し当選した。オバマ大統領は不必要に世界を混乱させたと思う。中国が調子こいてるのもそのせいだと思う。
備忘録として。 /
「「未来は私たちのものであるべきだ。しかし、そのポテンシャルは民主主義がきちんと働かないかぎり、花を咲かせることはない。」
将来、歴史として彼はどう評価されるのだろうか……。
以上
掲載元: オバマ大統領が「最後の演説」で語ったこと | ロイターニュースから | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準


他のコメントを探す:Twitter検索 はてブ

関連記事

33コメント 2017-01-11 18:43 - www.newsweekjapan.jp

11月10日、オバマ米大統領はシカゴで任期最後の演説を行った。2期8年を振り返り、大統領としての役割を担えたことは自身の人生において光栄だったと言明。写真は演説中涙をこらえるオバマ米大統領(2017年 ロイター/Jonathan Ernst) オバマ米大統領は10日、シカゴで任期最後の演説を行った。2期8年を振り返り、大統領としての役割を担えたことは...[続きを読む

画像で見る主要ニュース