TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > 栗原類が語る「発...

栗原類が語る「発達障害の僕が直面した現実」 | 健康 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

49コメント 登録日時:2017-01-11 08:25 | 東洋経済オンラインキャッシュ

「発達障害」と歩んできた栗原類氏に語っていただきました 8歳の時、当時在住していたNYで、「発達障害」と認定された栗原類氏。小学1年での留年、日本の中学時代の不登校、高校受験の失敗など紆余曲折を経ながら、なぜ芸能界という自分の才能を生かす場所を見つけて輝けるようになったのかをまとめた、著書『発達障害の僕が 輝ける場所を みつけられた理由』が話題だ。 同じ障害がありながら、...

Twitterのコメント(49)

読書や舞台を通して読解力を深めること。
読解力が心を育てる。読書、します!
なんかすごく自分に真摯だ。
| 経済ニュースの新基.. -
カミングアウトに勇気づけられる方がたくさんいます☆ ありがとう
発達障害の早期発見が重要だね。
IQテストで分野の偏りが20以上あれば、発達障害になる。
@Toyokeizai
@Toyokeizaiから

学生の頃にそういう人がいたからこのニュースを見ると昔を思い出す
@Toyokeizaiより
排他的偏見がある人はわかろうとせず 距離置いたり コソコソ耳打ちしたり そこのお前だよ
彼は育った環境がアメリカだったからここまで来られたのだろう。これが日本だったら果たしてどうだろう?
栗原くんのように、早く 発達障がいと解れば自分、家族、周りの人も対応が出来る。
@Toyokeizaiから
本読んだけど具体的で細かく書かれてて分析だけやなくて解決方法もあってよかったな。アメリカと日本と両方の在り方もあってアメリカ羨ましかった。日本じゃ親が認めないとはじまらないからそこで社会にでれなくなるし。
実感として発達障害は疲れやすいので活動時間が限られてくる。この記事ひとつ書き上げるのにも類くんは苦労したんじゃないかな。
そう、きっと大丈夫♪
私は龍を信じてる(*´∀`)♪
子どもについての相談を受けるときに思い出したい記事→
発達障害関係なしにどんな人にも役に立つ考え方の話→
自分の弱点をただ「嫌なもの」としない。
ただ嘆くのは簡単で、だからそこにすぐ逃げたくなるけども、少しだけがんばる。
自分の特性を真摯に向き合うこと、信頼できる人たちの存在が大切ですね。 ★
キーワードは「読解力」。/
栗原類が語る「発た現実」 @Toyokeizaiより
栗原類さんの素晴らしさは、
お母さんが発達障害の子供を育てた育児本を書かないで、
本人に任せているところだと思う。 |
栗原類「自分は嫌だと思わないけど、他の人はされたら嫌なのかもしれないという発想力を持つ」「読解力の訓練も、お芝居の仕事だけでなく、日々直面する他者とのコミュニケーションの訓練に役立ち、」
ここまで思考を言語化できるのが凄いと思うが・・・。
シンプルでいて、深い記事だった。
《「発達障害の僕が直面した現実」》栗原 類氏

〈脳にクセがあり、日常の困難を引き起こしている。自分の弱点を知ることが克服への第一歩。自分にとって何が苦痛か、家族や周囲の人は自分が引き起こす何で頭を抱えているのか、それを見極めること〉
おてつだい。さっき見たら、アクセス一位。社会的関心が高いテーマです。
周囲はもちろんのこと、自分自身も自分自身について正しく知ることの重要性。
ADHD(注意欠陥・多動性障害)/ADD(注意欠陥障害)は脳にクセがあり、その独特のクセが日常の困難を引き起こしています。まずは自分の弱点を知ることが克服への第一歩となります。
子供の頃から病気だと家族や学校に理解されていた彼は幸せだと思う。

@Toyokeizaiより
「皆さん配慮してください」だけでなく自分の特性を知って予め準備しているよね。
自分自身が頑張らないと誰も助けてはくれない。頑張っていれば誰かの手が差し伸べられる、と思いたい。
旦那さんもADHDなので、読みながら何度も頷き、少しだけ涙してしまいました。類君のお母様の様に、私もどんなことがあっても旦那さんの理解者でありたい。 「空気が読めない」は本人も辛い
@Toyokeizaiから
すごく共感出来る
うちの場合母はある程度認識してくれてるけど義父が無関心過ぎて辛い
自分を客観的に管理するスキルがとても高い方だと思いました。
勉強になった。
「自分がやられたら嫌なことは、他人には絶対にしない」自分でも考えなければいけないし、子どもにも一番に伝えるべきこと。
「読解力」これは翻訳にもつながると考えられる。
栗原さんの本買おうかな。
飛ばし飛ばし読んだけど自分をもっと知る必要があるなって思った
自分の弱いところを事前に相手先に伝えることができるなんてすごいことです。
彼や2年前に仰天ニュースで取り上げられた「失読症」の方が話した「発達障害」の話を聞いて、私もかも?と想ってる!検診受けてみよう!▶ | 経済ニュースの新基準
早いうちにってだいじだなあ・・・
栗原類が語る「発達障害の僕が直面した現実」「空気が読めない」のは本人もつらい - (東洋経済)
栗原類が語る「発達障害の僕が直面した現実」
発達障害が社会で活動する上では、やはり周囲のサポートや理解が重要だが、まだまだ足りない部分が多く辛い人も多そうだ。
以上

記事本文: 栗原類が語る「発達障害の僕が直面した現実」 | 健康 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事

画像で見る主要ニュース