TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > トランプ熱烈支持...
65コメント

トランプ一家は、国民の敬愛を集める存在になるのだろうか(写真:UPI/amanaimages) 世界を震撼させる、まさかの結果となった米大統領選。確固たる政策も実績もないトランプを勝利に導いたのは、現状に不満を抱く人々の「怒り」と「恐怖」を煽り、人間の本能的防御メカニズムを惹起するという原始的かつ巧妙な手法だった。 この緊急特集の一覧はこちら ...


Twitterのコメント(65)

トランプサポーターを舐めてるのか
人間は「ロジック」よりも「感情」に動かされる
「非知識者層」って凄い差別表現だな
"非白人層との間に軋轢があれば、「人種差別だ」と責められるのは決まって白人であり(中略)マイノリティは大学入学や就職に有利な扱いがされるのに、白人にはそうしたメリットがない、といった 「不公平感」が根強くあった。"
>非知識者層が覚醒した
こういう見下したような物言い・レッテル貼りを続けるなら次の選挙も負けるだろうよ(笑)
貧困だろうが低学歴だろうが「同じ一票」なのにね。
「上から目線の物言い」を止めない限り負け続けるよ。
悲しいかな社会の多くの国民は情弱です。ワイドショーのことを簡単に信じ、井戸端会議で噂を広げ、真実を理性的に考え分析することができません。
選挙はそのような危うさを持っている点で、戦前ナチスドイツの...
非知識者層とは酷い言い方。正に特権階級意識の表れ。
陰謀論好きそうな日本人が分析するとコレ
恐怖に訴求するコミュニケーション戦略 / |
Brexitの時のように後悔しているトランプ支持者はそれ程いなさそうですね。勝てば官軍です。今のアメリカ人の民意と素直に受け止め、これまで同様、どう協力体制を築くのかを考えるしかありません。ウォー...
私は教育水準の低い人々を愛していると演説で吐露したが、それは彼らほど簡単に手玉に取ることのできる人々はいないからだろう。…だと!?バカにするにも程がある(笑)
アメリカじん「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。
そこで トランプを よびだしたのです。

にほんじん「なに かんがえてんだ!
岡本 純子 | 緊急特集!トランプ大統領誕生の衝撃 - 東洋経済オンライン
「黒魔術コミュ力」
>
ネガティブマインドの集合体のような存在にならなければいいが…
確かに今のアメリカでは白人がマイノリティで、(白人は有色人種を差別する人種」と逆差別されているのも事実。不満が噴出するのは至極当然。
日本も同じなんだよなあ。
トランプを熱烈に支持する"トランピアン"って、いったいどんな人たち?
 #トランプ#トランピアン
◆ひでぇ記事だなw。トランプは外国や不法移民に頼らない自己完結型の経済を目指してるんだろ。日本も見習うべき。
「支持者はトランプにとって都合のいい情報だけが循環する独自のエコシステムを作り上げマスメディアが必死で調べ上げた「事実」には耳を閉ざし続けた。集会やツイッターの内容に熱狂し」
- 東洋経済
う〜ん、古今東西 人の心理は変わらんのかね〜 … @Toyokeizaiから
アメリカの真の民主主義は「豊かな感性に裏打ちされた理性」の洞察力にかかっている?
こういう「トランプは情弱をうまく取り込んで勝利した」みたいな的外れな言説よく書けるよなと思う
このおばちゃん差別的過ぎて引くわ
アメリカだからこうなったわけではない、EUも日本も
なんかいろいろ納得した。 @Toyokeizaiより
全世界が、SNS等によりマスコミがいかに嘘をまき散らいしているか理解し始めたという事。
マスコミの終わりの始まり。
トランプは、これからアメリカの顔になるわけだね。
今までと印象が180度変わるかもしれない。
負け惜しみ記事が続々と
クソまとめブログのやり口が少なからず連想される/
@Toyokeizaiより
「人間はそれほど理性的な存在ではなく、自分の耳に心地よい話しか聞き入れず、簡単にウソに騙され、合理性に乏しい決断をしてしまう生き物」なのか…。
オバマさんの時はtwitter作戦だったなぁ。なんというか、どぶ板作戦が有効なのかなぁとも思えるw
Brexitに続き予想を外したマスメディアは単勝1倍台の馬に乗るバカのよう。
ほとんどのメディアは「ファシストと、その口車に乗せられた愚かな人々」というイメージ作りに躍起で、情報戦の臭いしかしない
そんな単純な話ではないのに…
「詭弁家や詐欺師だけにコミュニケーションの力を独占させるのではなく、本当に力のある人、本物のリーダーこそが、コミュ力武装するべきなのに、日本ではまだまだその重要性が十分に認められていない気がする。」

おっしゃる通り(´・ω・`)
"日本ではまだまだその重要性が十分に認められていない気がする"

対案出せず、委員会も国会もブッチする馬鹿野党のことですね、すごく分かります。
どこかクリーンなイメージが拭えないヒラリー、豪傑でたまに失言する実業家トランプ。ビートたけしは好き勝手発言するけど人気。てのと同じ。
大衆は案外ソレを求めてる。
"人間は「ロジック」よりも「感情」を刺激するコミュニケーションに動かされる。"
"たかがコミュ力、されどコミュ力。"
自ら持つ富の再分配なんかする気のない人物の支持って哀し過ぎるんだけど、日本でも同じ事態→
どのようなメッセージをどのように伝えるのか、という戦略が選挙において決定的に大事だ、というレポートとして読みました。
はいはい、電通乙(笑)
「非知識者」「情弱」等の侮蔑語で安易なカテゴライズをして安心するような層の驕りが招いた事態だと思う │ @Toyokeizai
| 緊急特集!トランプ大統領誕生の衝撃(11/10)


新自由主義世界に共通する極右カルト跋扈の論理。
「トランプ支持者とは〜」っていうくくりで地方に住む白人の非知識者層にばかり着目するのには、俺はあんまり納得できない。大卒以上の白人男性も半分以上がトランプに投票してるって事実も加味して記事書いてくれたらよかったのに。
人間は怒りという感情で心が動かされるものという結果か。/
「アファーマティブ・アクションによって、マイノリティは大学入学や就職に有利な扱いがされるのに、白人にはそうしたメリットがない、といった「不公平感」が根強くあった。」
愚民政治とは言うが、人間は全て愚かだからね。仕方ない
トランプの「黒魔術コミュ力」
トランプ熱烈支持者とは、いったい誰なのか
本題ではないが、情弱の定義がお見事!:目の前に示された事柄だけにとらわれ、俯瞰する能力に欠ける情弱者(情報弱者)であれば、誇張された地獄絵であっても、それを容易に信じ込んでしまう。
女性の大頭領否定するやつ滅べ💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢💢
なぜ日本の選挙分析には「階層」概念が使われないのか。
トランプ熱烈支持者とは、いったい誰なのか [東洋経済オンライン]
結果論だけどうなずけちゃう(ヽ´ω`)
トランプ熱烈支持者とは、いったい誰なのか地方に住む白人・非知識者層が覚醒した - 緊急特集!トラン... (東洋経済)
「激しく差別主義者的で、究極のナルシストで、怒りやすく、論理的な思考は全くできない。まさに「知性」や「品格」の対極にある人物だ。」
たぶん本当だろう。しかし、「上から目線の冷たい女性」より好かれた。
以上

記事本文: トランプ熱烈支持者とは、いったい誰なのか | 緊急特集!トランプ大統領誕生の衝撃 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事

43コメント 2016-11-16 09:27 - toyokeizai.net

トランプ氏の支持者たちが抱える、計り知れない「怒り」とは(写真:AP/アフロ) 世界中を驚愕させたアメリカ大統領選の結果から、私たちは何を読み取ればいいのか。なぜ米国民は、トランプ氏を選ばざるを得なかったのか。 ビル・クリントン政権での労働長官をはじめ3つの政権につかえた経験をもち、「米国の良心」と言われるロバート・ライシュ氏(カリフォルニア大...[続きを読む

画像で見る主要ニュース