TOP > 政治・経済 > 東洋経済オンライン > 日産ゴーンがダメ...

日産ゴーンがダメな三菱自動車を買う理由 | 週刊東洋経済(ビジネス) | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

23コメント 登録日時:2016-05-16 06:23 | 東洋経済オンラインキャッシュ

「三菱自動車がアライアンスファミリーの新たな一員となる。信頼を回復し新たなビジネスチャンスをつかむ」。日産自動車のカルロス・ゴーン社長は、5月12日の会見で自信満々だった。軽自動車の燃費偽装問題に揺れ…...

Twitterのコメント(23)

昨年の私の誕生日にこんなアライアンスが成立していたんですよね。
@mehenu
この辺。

OEMで三菱に作ってもらってる軽の取り込みとかパジェロとか欲しいみたい
@nagatoyukito んんっ、株式34%取得は2016年5月12日に決定で、取得日を今月中を予定されていたのが今日経営トップの変更を報じられた、という事のようです。ソース:  三菱自で部門再編があるのか見ものですね。
「2015年の日産ルノーの世界販売台数は世界4位。三菱自を加えれば上位3社に肉薄する」
自動車産業はこれからGoogle、Appleも参入すると考えると壮絶な規模での戦いだな、、、
>増資を日産が引き受けて、三菱自株の34%を取得
株価は下がらないという推測もありますが増資は下がる
>軽とアジアが欲しかった日産
日産というかF1強豪な仏ルノーなので、外資は地盤を欲する。
| 木皮 透庸 :東洋経済 記者 / 宮本 夏実 :東洋経済 記者 - 東洋経済オンライン
これでほんとに3位に入ったらすげえよ自動車史が1つの区切りを迎えたってことでしょ
中小企業は切実な資金繰りで毎月を越してるが、この日産自動車のレベルはスケールメリットを社益に転じることにつながると言うことなのです。ザックリ言うとこうなのでしょう。
2016年05月16日 東洋経済オンライン -
どっちにもメリットありそうでよかったね
「軽自動車とアジアが欲しかった」他は要らないって事だ!
火中の栗を拾うとは、こういうことを言うのだな。
東南アジアのどこかのメーカーに安売りするしかないと思っていたが、まさか日産が拾うとは!

--
「軽とアジアが欲しかった日産」というのは端的に言うとその通りと思う。自動車大国タイでも日産のポジショニングは高いとは言えず、アジアには何か一手が欲しかったんだと思う。
あまりに早い出資の意思決定に...
味は食べてみないと分からんけど火中の栗を安く買うチャンスだもの →
ゴーンさん
Jリーグのこともうまくやってね!
レッズがなくなるのはやだなー
() やはり軽自動車か
日産ゴーンがダメな三菱自動車を買う理由
で、私のデイズルークスはどうなるのさ?
わざわざタイトルにダメなとか付けなくてもいいのに…
以上

記事本文: 日産ゴーンがダメな三菱自動車を買う理由 | 週刊東洋経済(ビジネス) | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

関連記事

画像で見る主要ニュース