TOP > ネタ・話題・トピック > Togetter > 「この世界の片隅...
66コメント

@ven12665 うちの母と似てますねえ。母も「私、てっきりあの子がお嫁に行った先で苦労する話になるんだと思ったの。でも、嫁ぎ先の方がみいんな良い人で良かったわねえ。あのお義母さんも良い人ねえ。悪い人が出てこないのね。みんな良い人なのね。」としみじみ、まずそこに感じ入っていました。...


Twitterのコメント(66)

祖父は三男五女の親だったんだけど、男三匹は無理やり大学(早稲田・京都・東工)に入れていたんだけど、五女の内四人を奉公やらやらせて、一人だけは「..「「この世界の片隅に」を見て、戦争や食料難より「嫁ぎ先が、いい人ばかり」な事に..」
漫画やアニメの世界でもギスギスした世界を見たいなんて趣味が悪いですね
そのギスギスした世界を入れたら他の話しが入らないじゃない「「この世界の片隅に」を見て、戦争や食料難より「嫁ぎ先が、いい人ばかり」な事に..」
この世界の片隅に 原作での周作とリンの問題詳細が、アニメでは現状省略。跡目が娼婦と恋し、其を容認出来ず、彼が提示の難題解決の結果が、すずの発見と縁談。北條家の大人達は、すずに最初から負い目が有った。 / "「この世界の片隅に」を…"
「障子にガラスがある家は裕福」という証言もあるので、もっと酷い目に遭った嫁も居たのでしょう
このアニメもリア充の悲喜劇に感情移入して楽しむ類のものだと確信しました。その点で私は絶賛しません。「「この世界の片隅に」を見て、戦争や食料難より「嫁ぎ先が、いい人ばかり」な事に..」
嫌な人間関係のドラマが見たいんだったら「渡る世間は鬼ばかり」や「おしん」でも見ておけばいいよ「「この世界の片隅に」を見て、戦争や食料難より「嫁ぎ先が、いい人ばかり」な事に..」
おしんを見よう
これだけでここまで盛り上がるか >
苦労した人は苦労を語るが、苦労しなかった人は苦労しなかったことを語らない。
身の回り10mしか見えない人は自分の周りで起こってることが、(例..「「この世界の片隅に」を見て、戦争や食料難より「嫁ぎ先が、いい人ばかり」な事に..」
「戦争より身近な人間との諍いの方が辛かった」という老婦人の感想なんだよなー「「この世界の片隅に」を見て、戦争や食料難より「嫁ぎ先が、いい人ばかり」な事に..」
まとめられているtwにもあるけど、すずさんの嫁ぎ先や周囲に悪い人はいないというのは、すずさんの目を通したすずさんにとっての事実で、結婚した先で苛められたというのもその人にとっての事実。あの作品はすすざんの目を通して事実を描いている
この手の呪詛を聞きながら育った。
人間の暗いところ黒いところを露骨に表現すればすなわちリアル、みたいなのって稚拙な感覚だと思うけどなー。最初のつぶやきはお母様のこれまでのご苦労..「「この世界の片隅に」を見て、戦争や食料難より「嫁ぎ先が、いい人ばかり」な事に..」
そこそこいい家だったのじゃろう
原作を読むと子宝を授からなかったことに負い目を感じてるシーンが結構あるんだよね、同じ事を90歳のウチの祖母さんが結婚しない自分に対してそれを気にしてる / "「この世界の片隅に」を見て、戦争や食料難より「嫁ぎ先が、いい人ばかり」…"
私は家族の団欒を、家のヒキで撮ったラストシーンにうっすらと物寂しさを感じました。
この先の苦難を暗示しているような…… -
昨日見て、帰りに嫁さんと話した話題と一緒。「俺たちは漫画のファンタジーとして飲み込めるけど、この時代を生きた、飲み込めない人もいるかも」的な。でも70代だと戦中生まれくらいだろうし、戦争と直接関係ないかも知れないけどね。
くー、たまりませんな、このお話。/
呉は明治以降に開けた新興住宅地だし男性向けエンタメなので。
この視点は指摘されないとわからんかった。後述にあるサマーウォーズの違和感は納得。
まぁ、そういう時代だしねぇ。 /
そんなに同居のいびりをリアル絵としてみたい?同居族は映画くらい穏やかでいたい→「この世界の片隅に」を見て、戦争や食料難より「嫁ぎ先が、いい人ばかり」な事に目が行く方もいる… - @togetter_jp
もちろん当時を生きてきた方々の思いを蔑ろにしようなんて微塵も思わない。「「この世界の片隅に」を見て、戦争や食料難より「嫁ぎ先が、いい人ばかり」な事に..」
70代って結婚した時は東京オリンピック前後の高度成長期位だから、当人の実体験の話じゃないよねぇ。
すずさんのフィルターを通して描かれた世界だからでは?熾烈なイジメも本人がそう取らないとちょっとした八つ当たりレベルに感じたり。 / "「この世界の片隅に」を見て、戦争や食料難より「嫁ぎ先が、いい人ばかり」な事に目が行く方もいる……"
「嫁ぎ先がいい人ばかりだねえ(だから良かったねえ)」て意味ではないのか。私も祖母から散々いびられ(そして撃退した)話を聞いたっけ。「「この世界の片隅に」を見て、戦争や食料難より「嫁ぎ先が、いい人ばかり」な事に..」
期待したほど特定の層の反応が鈍いのはこういう背景があったから? -
あくまですずさん視点の解釈でした的な前提であったとして、実は北条家の人々が「嫁」という存在について冷静でクレバーな対応をしているとも言える。だから居場所を取られたと思う径子さんは最後まで感情的。 / "「この世界の片隅に」を見て…"
そもそもこうの史代の漫画全般、心底悪い人とか徹底的な不仲とか全然見かけないしなあ。「「この世界の片隅に」を見て、戦争や食料難より「嫁ぎ先が、いい人ばかり」な事に..」
確かに嫁いびりがないところだけがリアリティに欠けるなって思ってた(笑)でも、そういうの入れてしまうと当時の生活感よりそっちに目が行っちゃいそう..「「この世界の片隅に」を見て、戦争や食料難より「嫁ぎ先が、いい人ばかり」な事に..」
すずさん、『ご存命』???なら、92歳だからなぁ……。「「この世界の片隅に」を見て、戦争や食料難より「嫁ぎ先が、いい人ばかり」な事に..」
でも原作漫画だと、リンさんとの絡みでかなり胸糞な設定が語られている。
前にも書いたけど、北條家でなく水原家に嫁いでいたらどうなったかと想像すればそれは地続きの話で。
「何度でも見たい」と思うなら、あんまりギスギスした内容なのはイヤだけどね…少なくとも、「BD買おう」なんて気にはならん(汗)。>「この世界の片隅に」を見て(ry…という話 -
せっかく同時代同舞台の仁義なき戦いがあるんだし色んなの見て補完すればいいと思うの「「この世界の片隅に」を見て、戦争や食料難より「嫁ぎ先が、いい人ばかり」な事に..」
渡鬼みたいな片隅とか、ありきたり過ぎてつまらん。 .@gryphonjapan さんの「「この世界の片隅に」を見て、戦争や食料難より「嫁ぎ先が、いい人ばかり」な事に目が行く方もいる…という話」をお気に入りにしました。
そうですね。それも作品の重要な部分ですよ。/
ストレスでハゲができる程度にはしんどくて、娼婦の友達ができてって話なんよ /
母と一緒に見に行ったときに「共感できない」と切り捨てられたのはそこが理由だったんだろうか。
当時子供だった男性は素直に感動していたので、もしかすると若干男性の目線なのかも知れないなあ。
どの時代にも良い人間関係に出会えた幸せな人はいます。それだけです。「「この世界の片隅に」を見て、戦争や食料難より「嫁ぎ先がいい人ばかり」な事に目..」
言われてみればそうなのかも知れないとは思うけど、全く気づかなかった視点だな |
すずさんが現実に生きていたら、いま90歳くらいの /
世の中の裏表、受け止め方の問題なんだろうな。
これそういう嫁姑問題の映画じゃないから
でもサマーウォーズも同類
すずさんのことを労働力としか見ていなくて、相当だなとか思ったけど、それ以上だったのね。 /
発端のツイート主のお祖母さま、たいそう苦労されたんだろうな。親類ご近所を思い浮かべても、あの時代は家ごとの温度差が大きかったんだろうと思う。 / "「この世界の片隅に」を見て、戦争や食料難より「嫁ぎ先がいい人ばかり」な事に目が行…"
この世界の片隅に。あの時代の色んな嫁ぎ先や家のある1つの片隅の話じゃけぇねぇ。私はじい様やばあ様らにその時代の話を聞いた程度じゃけど、いろんな..「「この世界の片隅に」を見て、戦争や食料難より「嫁ぎ先がいい人ばかり」な事に目..」
70代のおばあちゃんが戦時中の嫁ぎ先どうのこうのについてある程度公正な視点での意見を持てたかどうかの方が結構怪しげ。戦時中は物心ついてないくら..「「この世界の片隅に」を見て、戦争や食料難より「嫁ぎ先がいい人ばかり」な事に目..」
題名が「この世界の片隅に」なんだから自分の知る片隅の世界と違和感あってもいいわな。「「この世界の片隅に」を見て、戦争や食料難より「嫁ぎ先がいい人ばかり」な事に目..」
映画のすずさんは鎮守府のある軍港呉に来て「このへんのひとはみんな海軍にお勤めなんかねえ」というぐらいぼんやりしてる。豊田市に来て「車関係者が多..「「この世界の片隅に」を見て、戦争や食料難より「嫁ぎ先がいい人ばかり」な事に目..」
@aka_san0 つまり苦労人マウントなんですよ。特に戦時中戦後を語るときに経験者がよく陥りやすいところです。「ああ、はい」と聞いてあげるの..「「この世界の片隅に」を見て、戦争や食料難より「嫁ぎ先がいい人ばかり」な事に目..」
官憲にスパイだと疑われた主人公を周囲が爆笑する、というのは「風立ちぬ」でもあった
ここからダーク展開か?と思わせて、外してきた
「徹底的に..「「この世界の片隅に」を見て、戦争や食料難より「嫁ぎ先がいい人ばかり」な事に目..」
すずさんの性格からして、嫁ぎ先からどんなにひどい扱いされても記憶に残らなかったんじゃないかと思われ。というか当時の嫁さんの苦労話がテーマのお話..「「この世界の片隅に」を見て、戦争や食料難より「嫁ぎ先がいい人ばかり」な事に目..」
本職の人らが昭和残侠伝とか博奕打ちシリーズを見て、「こんなきれいなヤクザがおるかいなww」と言うようなものでござんすかね。「「この世界の片隅に」を見て、戦争や食料難より「嫁ぎ先がいい人ばかり」な事に目..」
映画見てないけど、人の性格は家風に左右されやすいから「嫁ぎ先がいい人ばかり」もあったのでは。 /
都会っ子を自称し一部上場企業勤務を経由して練馬の農家へ嫁いで数十年経った母ですが、「息子の嫁は私の言うことを聞く無償の労働力!」などと農家の姑..「「この世界の片隅に」を見て、戦争や食料難より「嫁ぎ先がいい人ばかり」な事に目..」
gryphonjapan さんの「「この世界の片隅に」を見て、戦争や食料難より「嫁ぎ先がいい人ばかり」な事に目が行く方もいる…という話」をお気に入りにしました。
人間関係のデフォルトはコミュニティによって全然ちがって、コミュニティを行き来しているとすごくびっくりする
人間関係にめぐまれなかった人間は、良好な人間関係がえがかれている作品を「あれはファンタジーだ」と合理化しがちなのではないか
この時代のお嫁さんは虐げられるのが当たり前だったんだろうな、と昨日見てて思った。
もととなった印度洋一郎 氏 @ven12665 はじめ各氏に多謝(アカウントは前文の欄に)。誰でも編集可能です「「この世界の片隅に」を見て、戦争や食料難より「嫁ぎ先がいい人ばかり」な事に目..」
以上

記事本文: 「この世界の片隅に」を見て、戦争や食料難より「嫁ぎ先がいい人ばかり」な事に目が行く方もいる…という話 - Togetterまとめ

関連記事

32コメント 2016-12-12 01:15 - d.hatena.ne.jp

※すべての記事は上の「記事一覧」で見られます。※上の「日記」で検索すると当ブログ内の検索ができます。※旧サイトは ※コメント・トラックバックには普段は反応・返答しませんのでご了承ください。 ※メールはcbl03270(at)pop06.odn.ne.jp  ←(at)を@に直してください。 ※うまくメールが送れないときはこちらからどうぞ。 ※お仕事の依頼や回答が必...[続きを読む

画像で見る主要ニュース