TOP > ネタ・話題・トピック > Togetter > 【トラウマ】「こ...
20コメント

あるある事例。twitterのアイコンには自分好みのキャラを入れたりするから(本人と異性の場合がかなり多いです)、アイコンから判断したら駄目ですよ。ちなみに私は実は西暦1960年代生まれの人間です。...


Twitterのコメント(20)

おっさんでも学級会やるんだ2
ツライさん画像の元ネタってこの人か、めうめうとかゆ虐と同じ、本人は自覚なさそうだけど「【トラウマ】「この本はNGです。正直見たくもありません」コミケによくいる悪の..」
けものはいてものけものはいない♪ま、コミケでけものとして猛っていた皆も明日の朝から再教育ですね。ほんとアニメ効果なんて一過性にすぎない、続ける..「【トラウマ】「この本はNGです。正直見たくもありません」コミケによくいる悪の..」
「アライさんなのだー!」
「・・・スナネコです。」
「聞いてほしいのだ!大ショックなのだ!」
「・・・それはトラウマになりますね。」
..「【トラウマ】「この本はNGです。正直見たくもありません」コミケによくいる悪の..」
駆除した白ハゲが実は生態系で重要な役割を果たしていた説、好き
@togetter_jpから ヒドイ…(T-T) 気に入らないなら黙って立ち去ってほしい…。
でもまあ、騒ぐほどでもないか「【トラウマ】「この本はNGです。正直見たくもありません」コミケによくいる悪の..」
生まれて42年、未だコミケに参加した事は無いけど、自分も割といらん事言ってしまう質だからなぁ…そういう機会があったら気を付けよう。「【トラウマ】「この本はNGです。正直見たくもありません」コミケによくいる悪の..」
人間社会は、ジャパリパークと違って、のけものだらけ……
(;=Φ人Φ=)「【トラウマ】「この本はNGです。正直見たくもありません」コミケによくいる悪の..」
コメでスナネコ悪者にするなで、吹く。それをいったら二次創作は必ず誰かを傷付けてんだから(特に原作者)、お互いに許容度が高くなきゃやってられないのだが。 / "【トラウマ】「この本はNGです。正直見たくもありません」コミケによくい…"
@okura____love 親の敵のようにシロハゲ攻撃した報いなんやな「【トラウマ】「この本はNGです。正直見たくもありません」コミケによくいる悪の..」
自分の好みに合わない物の存在があると弁えた上で、避ける努力をしないと、ネットなんてやってられない。検索機能とブラウザバックとキーボードクラッシ..「【トラウマ】「この本はNGです。正直見たくもありません」コミケによくいる悪の..」
けもフレのキャラで再現する必要性は果たしてあったんだろうか…?
それはともかくこんな感じに現実でズケズケいう人って本当にいるんだね。
ひど..「【トラウマ】「この本はNGです。正直見たくもありません」コミケによくいる悪の..」
今回の作者の話はためになるし、好き嫌いを押し付けないように気をつけるべき。
ただ好き嫌いで自分から避けるのはありだし、(個人を攻撃する意図じ..「【トラウマ】「この本はNGです。正直見たくもありません」コミケによくいる悪の..」
コメ欄と漫画内で問題とされてる行為を同一視してるの、
似て非なる問題の共通点を抜き出して「◯◯は◯◯と同じじゃん」って言って問題の本質理解し..「【トラウマ】「この本はNGです。正直見たくもありません」コミケによくいる悪の..」
これ何が最高にギャグなのかって「批判している人全く同じことしてること」
確かに批判はおろか「容姿の否定」だったり「書くな」「書き直せ」という..「【トラウマ】「この本はNGです。正直見たくもありません」コミケによくいる悪の..」
「お気をつけください」という注意喚起の体で公開してるものについて、「嫌なら見るな」論を主張されることに違和感がある。わざわざサークルブースまで..「【トラウマ】「この本はNGです。正直見たくもありません」コミケによくいる悪の..」
塩撒いとけ塩!「【トラウマ】「この本はNGです。正直見たくもありません」コミケによくいる悪の..」
以上

記事本文: 【トラウマ】「この本はNGです。正直見たくもありません」コミケによくいる悪のフレンズに気を付けて欲しいのだー! - Togetterまとめ

関連記事

183コメント 2011-09-23 23:13 - karapaia.livedoor.biz

ストーリーは、腕の立つ狩人だった「くもだんな」と、いじわるな奥さんに、いいようにパシリをさせらされていた「カエル」の復讐劇。ある時カエルは一計をめぐらせ、「くもだんな」の口からうまく入り込み、心臓のそばにもぐりこむ。カエルは「くもだんな」の心臓を噛みながら、理不尽な命令を下していくのだった。そして最後は、村が滅びる寸前まで、「くもだんな」に命令をし続けていくというゾっとする話なのだ。...[続きを読む

画像で見る主要ニュース