TOP > ニュース総合 > 共同通信 47NEWS > 海から蒸発の水、...

海から蒸発の水、宇宙に広がる 地球24万キロ先まで、初確認 - 共同通信

28コメント 登録日時:2017-12-08 02:32 | 共同通信 47NEWSキャッシュ

地球(中央付近の点)を中心に24万キロ以上にわたって広がる水素原子から出た光(立教大提供) 海から蒸発した水が分解してできた水素原子が地球を取り囲むように宇宙を漂い、24万キロ以上先まで広がっている様子を立教大などのチームが超小型探査機で撮......

Twitterのコメント(28)

僕が体内に入れたことのある水分子からの水素も、今宇宙にいたりするかね?
空気だけじゃなかった!  -
こんなに広範囲に広がるんだ。
★ 地球24万キロ先まで、初確認(共同通信)

壮大ですね。
地球24万キロ先まで、世界初確認 / 立教大
海から蒸発した水が分解してできた水素原子が地球を取り囲むように宇宙を漂い、24万キロ以上先まで広がっている様子を立教大などのチームが超小型探査機で撮影した。地球の直径の約20倍に当たる距離に及んでいるのを確かめたのは世界初
地球が少しずつ薄くなってる?|
無くなるまで人類が居たら僥倖っすな

"いつかは水が全て無くなって火星のような砂の星になる"
地球は水素の底にあったのか。 /
これまで未確認だったのか…
海の水駄々漏れだなあ
▼銀河クジラがバサラと歌う日も近いな。
これって地球から水が減ってるってことだとすれば恐ろしいけど、その分を補うように氷が融けてるのかもと思うと不思議な気がする。 /
地球由来の水って分かるのか。大量に蒸発するけど彗星とかの飛来で補充されてるんだっけ −
日本の研究チームの発見はとても嬉しい😆🎵
宇宙って本当に神秘的✨✨
STARWARSの世界っていつか訪れるのかなぁ
神秘的だね
 地球24万キロ先まで
水素原子が地球中心に宇宙を漂う様子を、立教大などのチームが撮影した。地球の直径の約20倍に当たる距離を確かめたのは世界初
どういう仕組みかは知らないが、水素だけを撮影できるって事なのかな。放出しまくって、そのうち地球が水素不足になりそう。
-海から蒸発の水、宇宙に広がる-
放散する一方なのか【
アンビリーバボ
水素分子は宇宙に拡散、浮遊、何処にも生命の基が.....
海水が少しずつなくなっていくってことか / (共同通信)
海から蒸発した水が分解してできた水素原子が地球を取り囲むように宇宙を漂い、24万キロ以上先まで広がっている様子を超小型探査機で撮影した
へー、なんかすごい話だ。つまり俺のションベンも広い宇宙に辿り着いてるのかもしれないのか(ロマン
だったらそこまで生物もいるかも。もしかして月まで届いてるかもしれん。
水じゃなくて、水素原子が、でしょ…不正確な見出し。 →
以上

記事本文: 海から蒸発の水、宇宙に広がる 地球24万キロ先まで、初確認 - 共同通信

関連記事

画像で見る主要ニュース