TOP > ニュース総合 > 共同通信 47NEWS > 外務省、核持ち込...

外務省、核持ち込み「異論ない」 沖縄返還合意前に伝達 - 共同通信 47NEWS

36コメント 登録日時:2017-08-13 17:43 | 共同通信 47NEWSキャッシュ

機密解除されたホワイトハウス作成の会談録の一部=米カリフォルニア州のニクソン大統領図書館(共同)1969年11月、米ホワイトハウスで会談する佐藤栄作首相(左)とニクソン米大統領。2人は沖縄返還に合意した(共同) 【ワシントン共同】日米両政府が沖縄の施政権返還で合意した1969年11月の首脳会談直前、当時の愛知揆一外相の意向を受けた外務省幹部がキッシンジャー米大統領補佐官に対し、返還後、非核三原則に...

Twitterのコメント(36)

解除された外国の機密文書でしか知り得ないことばかり。特定秘密保護法なんてものもできたし...
外務省、核持ち込み「異論ない」沖縄返還合意前に伝達( )核抜き返還は全くのウソっパッチ。国内政治でも平気でウソをつき、真実を隠ぺいする体質は安倍政権でも極限まで進んでいる。
日本は核拡散防止条約に批准しているのに、どうするんだろう?
まさか条約を破棄するのか?
こうして公文書で過去の重大な意思決定過程を振り返れるのは大切だな。日本でなくアメリカの公文書頼りだけども。
沖縄返還合意前に伝達+|+2017/8/13+-+共同通信+47NEWS 基本が「ウソだぴょーん」のクニに民主主義などおこがましい。
この路線で外交政策を進めてきたんなら、いまさら北朝鮮のミサイルくらいでガタガタ言うなって感じだな。愚策。
わたしが若かったころ、佐藤栄作がやったとんでもない密約、密約、密約!──
「日米両政府が沖縄の施政権返還で合意した1969年11月の首脳会談直前、外務省幹部がキッシンジャー米大統領補佐官に対し、返還後、非核三原則に背く有事の沖縄への核兵器再持ち込みに『異論はない』と外交ルートで公式に伝えていた」
核密約は、若泉氏が94年に命を懸け全経過を明らかにした。
外務省「異論ない」との伝達経緯は明かされないのか?心は痛まぬのか?
愛知揆一外相の意向を受けた外務省幹部が
キッシンジャー米大統領補佐官に対し、

沖縄返還後、非核三原則に背く有事の沖縄への核兵器再持ち込みに

「異論はない」

と外交ルートで公式に伝えていた
非核三原則って法的な拘束力はない系なんだっけ?
辺野古も元々日本政府から持ちかけたという説も濃厚だし。権利絡み。-
いい加減、建て前論争は止めようよ。非核三原則の持ち込ませずが幻想なのは分かりきった事だもの…
ノーベル財団(?)は佐藤栄作への平和賞を取り消したらよいんじゃない? 非核三原則なんてぜんぶウソだったわけだから。
全部いんちき


「返還後、非核三原則に背く有事の沖縄への核兵器再持ち込みに「異論はない」と外交ルートで」
国民に隠し続けてウン10年。1969年から日本は米国の核兵器持ち込みを承認していた。非核三原則など嘘ばかり。恐らくや嘉手納、三沢への配置、そして軍港への立ち寄りだろう。
政治はコクミンをだまし丸め込んでなんぼ。そんな声が聞こえるようなファクトね…(-_-)
@kantei


佐藤栄作がノーベル平和賞詐欺
ノーベル財団は返還要求すべきだ❗️
自民党は野党になってもらいましょう
これは大変な情報。政治家というものは、結局こういう風に動く生き物だという認識の面でも、では現状はどうなっている?という点も。『 』
カネでノーベル平和賞をだまし取った佐藤栄作。どこまでゲスなのか。ここでも国民を騙していた!!(`´メ)→
佐藤栄作首相は外務省とは別に国際政治学者若
泉敬氏を密使に立て独自に交渉、キッシンジャー氏との間で数日前、持ち込みを容認する密約を結ぶことで合意していた
返還後、非核三原則に背く有事の沖縄への核兵器再持ち込みに「異論はない」と外交ルートで公式に伝えていたことが13日、機密解除された米公文書で分かった。
自民党政権は常に国民を騙して来ている。>
沖縄返還で合意した1969年11月の日米首脳会談直前、愛知揆一外相の意向を受けた外務省幹部がキッシンジャー大統領補佐官に対し、返還後、非核三原則に背く有事の沖縄への核兵器再持ち込みに「異論はない」と公式に伝えていたことが分かった。
佐藤栄作=若泉敬ルートでも、外務省ルートでも、核持込に異論なしだったと。
日米両政府が沖縄の施政権返還で合意した1969年11月の首脳会談直前、当時の愛知揆一外相の意向を受けた外務省幹部がキッシンジャー米大統領補佐官に対し、返還後、非核三原則に背く、、
やはり、そうだったのか!公文章の機密解除というシステムを日本でもしっかり法制度しなければと思う。歴史の検証が損なわれないように。
機密解除されたアメリカ公文書。しかし日本政府はこれまでのようにしらばっくれるのだろうな。
愛知揆一元大臣 核持ち込み「異論ない」
   同元大臣の父が物理学者で大正時代にアインシュタインと会っている。おそらくドイツ留学者の1人で学習院・帝大にも縁(原爆の威力も知っていたでしょうね)
「返還後、非核三原則に背く有事の沖縄への核兵器再持ち込みに『異論はない』と外交ルートで公式に伝えていた」
この時期にこの手の報道は定番。県民は国に騙されてるとのプロパガンダ。そりゃ沖縄には密かに核は持ち込まれてるんじゃないかな。沖縄返還前に中国はすでに核を保有してますから。(私見)
外相の頭の上で決まっちゃうんだから。。。つくづくこの国の外交は、民意をほぼ無視して米国と官僚(この件に至っては御用政治学者!)の裁量で決まっちゃうので凄い。目覚めよう、さすがに!
|
|
"返還後、非核三原則に背く有事の沖縄への核兵器再持ち込みに「異論はない」と外交ルートで公式に伝えていたことが13日、機密解除された米公文書で分かった。"(続
〈日米両政府の沖縄施政権返還合意直前、当時の愛知外相の意向を受けた外務省幹部がキッシンジャー米大統領補佐官に対し、返還後、非核三原則に背く有事の沖縄への核兵器再持ち込みに「異論はない」と外交ルートで公式に伝えていたことが分かった。〉
本件についての、外務省側の見解はどうなのだろう。
以上

記事本文: 外務省、核持ち込み「異論ない」 沖縄返還合意前に伝達 - 共同通信 47NEWS

関連記事

画像で見る主要ニュース