TOP > ニュース総合 > 共同通信 47NEWS > 独首相、米朝に自...
32コメント

【ベルリン共同】ドイツのメルケル首相は11日、北朝鮮の核・ミサイル開発を巡るトランプ米大統領と北朝鮮の金正恩政権による威嚇の応酬を「誤った対応だ」と批判し「問題の軍事的な解決はあり得ない」と米朝双方に自制を求めた。DPA通信が伝えた。 ドイツではトランプ氏が8日に「炎と怒りに直面することになる」と北朝鮮に警告したことを受け、ガブリエル外相が「核戦争への発展を懸念している」と発言。トランプ氏の過激な...


Twitterのコメント(32)

米朝関連のツィートに桂をつけてくれないかな。
独首相、桂米朝に自制要求
今ごろこんな事言ってて今まで何してたんだよ。国交ある国がもっと早くから動いてればここまでならなかった可能性も1%くらいならあったかもなのに…
※対話を求める独,求めない日。米グアムを守る集団的自衛権行使にPAC3。中国・四国地方は北ミサイル着弾の危険地域に。自民党支持多い地域で危険の引き受けやむを得ずか。
東アジアの国だから、アメリカの同盟国だから、朝鮮半島とつながりの深い国だから、日本政府も話し合い、平和解決への姿勢を明確に。
これを日本の首相がやるべきだったんですよ、、
なんで、メルケルさんにやらせてんのよ、、馬鹿か。
だよね?メルケルさん。
他人事だと「ポリコレ的正論」で済むからなあ。日本だって、イスラエルとパレスチナだったら、双方に「まあまあ」と言ってきた。
<安倍も見習え(私見)!★ | 2017/8/12-共同通信> ドイツではトランプ氏の過激な言動に対する危機感が強まっている。ドイツが北朝鮮と国交があることを強調し仲介外交への意欲を示した。
昔々俺は地政学的に日本はこのドイツのようになるのだと思っていた。なるべきだとも。
今じゃ使い捨ての演習場から、想定戦場へ格下げだよ。政治家の根性ひとつなのだがね。
支那の手先メルケル必死だな|
ドイツも日本も敗戦国だけど、70年間で、だいぶ差を付けられた。ドイツは福島原発事故で脱原発を決めた。20年後には脱石油も出来そうだ。
ドイツが羨ましい。
新潟がうらやましい。
日本政府よ、少しは見習え。(ー ー;)⏩
こういう姿勢、対応
さすがだわ。

対話による解決は有効でないと考える人もいるが、こちらのアプローチを優先したほうが良いでしょ。
武力行使による解決は、新たなる問題を生みかねない。
同じ敗戦国でもドイツは立派。
米朝へ仲介の手が上がった。➡️

「ドイツ外務省のシェーファー報道官は11日の定例記者会見で、ドイツが北朝鮮と国交があることを強調し、仲介外交への意欲を示す」
被爆地や被爆者の核廃絶の訴えに「北朝鮮に言え」と見当違いな事を言うバカウヨと異なる正常な姿勢である
独国メルケル首相は、核開発しミサイル搭載した北朝鮮に対話を?💢

対話を重視した結果が今になる、他人事のようですね
いいよなぁ
他人事で
ドイツのメルケル首相は、トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩政権による威嚇の応酬を「誤った対応だ」と批判し「問題の軍事的な解決はあり得ない」と米朝双方に自制を求めた。本来なら日本政府が発信すべきこと。
軍事的解決はあり得ない。ドイツは北朝鮮と国交があることを強調し、仲介外交への意欲を示した。『 威嚇の応酬は「誤り」(共同通信) 』
普通、正常な頭の持ち主は、このように対応します。
人々の命、安全に責任をもち、国際社会に影響力をもつ立場の方の発言、要求、アクションの意志表明として、至極全うだとおもう。
これこそ日本政府がやるべきことなんじゃないのか?危機を煽って内閣支持率回復を狙うんじゃないよ。
@kantei

メルケルが自制要求
米朝だけでなく安倍にも
言っていることをお忘れなく
安倍の炎上商法は危険な綱渡り
ついでに拉致解決も
ドイツのママに解決してもらえ
汚いケツを拭かせて申し訳ない❗️
今の北朝鮮問題の根底はここですよね
>北朝鮮の核・ミサイル開発を巡るトランプ米大統領と北朝鮮の金正恩政権による威嚇の応酬
日本は紛争当事国になる可能性があるからこそ"自制"することの重要性を米朝に求め続ける必要あり。
いまマトモで頼りになるのはドイツだけだな。日本政府も小泉以前はこの路線を目指してたはずだが…>>
メルケル首相は素晴らしい。どうしてこういう事ができる国にドイツがなったのか、日本人はしっかり考えてみる必要があるのではないだろうか。
ほんとは日本政府がやるべきこと。
ドイツは北朝鮮と国交があり仲介の意欲を示した。
以上

記事本文: 独首相、米朝に自制要求 威嚇の応酬は「誤り」 - 共同通信 47NEWS

関連記事

21コメント 2014-01-29 07:42 - news.livedoor.com

米国のバイデン副大統領が昨年12月12日に安倍晋三首相と電話会談した際、靖国神社参拝問題を取り上げて「行くべきではない」と繰り返し自制を求めていたことが分かった。首相は「自分で判断する」と拒否した。複数の日米関係筋が28日、明らかにした。首相は2週間後の26日に参拝。米政府は直後に「失望」を表す声明を出しており、首相自身の言動が米側の厳しい姿勢を招いた経緯が裏付けられた。  4月に見込まれるオバマ...[続きを読む

画像で見る主要ニュース