TOP > その他のニュース > THE PAGE > 気象庁が異常気象...

気象庁が異常気象分析検討会を開催、7月豪雨や酷暑は「異常気象の連鎖」 | THE PAGE(ザ・ページ)

24コメント 登録日時:2018-08-10 21:34 | THE PAGEキャッシュ

 広島、岡山、愛媛県など西日本を中心に甚大な被害を出し、平成最悪の豪雨災害となった「平成30年7月豪雨」。そして、埼玉県熊谷市で国内の統計開始以来の最高気温を更新する41.1度を観測した記録的な高温と......

Twitterのコメント(24)

気温が1度上がれば、空気中に含まれる水蒸気量は7%増加する。温暖化の傾向は明らかなので、今後もこのような顕著な豪雨が発生することは覚悟したほうがいい。備えることがますます必要

気象庁が異常気象分析検討会開催、7月豪雨や酷暑は「異常気象の連鎖」
今日も蒸し暑かったなぁ(^_^;)この異常な暑さ、いつまで続くんだろうか…?
>こうした背景には地球温暖化に伴う気温の上昇と水蒸気量の増加などもあると考えられる
>気温が1度上がれば、空気中に含まれる水蒸気量は7%増加する。温暖化の傾向は明らかなので、今後もこのような顕著な豪雨が発生することは覚悟したほうがいい
「今後もこのような事が増える」って割と真面目に
ガンガン報道して啓蒙していかなくてはいけない事では…?
"「気温が1度上がれば、空気中に含まれる水蒸気量は7%増加する。温暖化の傾向は明らかなので、今後もこのような顕著な豪雨が発生することは覚悟したほあうがいい。備えることがますます必要になってくる」" / "気象庁が異常気象分析検討…"
温暖化で来年以降も要注意ですね。→
「温暖化の傾向は明らかなので、今後もこのような顕著な豪雨が発生することは覚悟したほうがいい」
「背景には地球温暖化に伴う気温の上昇と水蒸気量の増加など…今後もこのような顕著な豪雨が発生することは覚悟したほうがいい」

ここは覚悟ではなく、しっかり対応を。ハードだけでなくソフトを。
「気温が1度上がれば、空気中に含まれる水蒸気量は7%増加する。温暖化の傾向は明らかなので、今後もこのような顕著な豪雨が発生することは覚悟したほうがいい。備えることがますます必要になってくる」
いつまでも異常気象とか言ってないで、これからの気象はこんなものだと踏まえて色々対策を講じた方が良い。
| THE PAGE

その分冬の降雪量も増えるだろうが、寒暖の差が激しくなるのが温暖化の結果なので合ってる
毎年、春夏秋冬、ずっと異常気象が起こり続ける。これが日本の気候になってしまったのだろう。日本の四季なんて、5月の初夏と10月の秋を除いて、花粉・豪雨・酷暑・極寒とロクなもんじゃなくなったな。
今年は確かに連鎖による異常現象、これは合っています。しかし、海水温度の上昇など、来年も警戒しないといけない。
温暖化は明らか、ここが肝です。
覆せません。
「今年がこんな異常気象になるなんて予測できていたことなのでしょうか?」
という質問は出なかったのかな。一番聞きたいと思うわ。
気象と気候専門家が一緒に分析したから正しいぜ‼️、とドヤ顔だが、どうなんすかねぇ。

地質とか火山や地震や海洋とかの全学者盛合せで話して紛糾してみねーと分からん気がする
私の持論
自然界はバランスを取る。
冬に大雪になれば、夏は猛暑になる…かもね。
今度の冬、太平洋側で毎日大雪降って、日本海側では逆にからっ風だけが吹いても、もう私ゃ驚かんぞ。
これ、今年だけで終わるの?これが「普通」になるんじゃないの?
「温暖化の傾向は明らかなので、今後もこのような顕著な豪雨が発生することは覚悟したほうがいい」と言うことは、《異常》気象ではなくなるんだろうなぁ。
6月の梅雨明け、豪雨、猛暑、逆走台風と異常気象のオンパレードだわ。
今夏はあらゆる気象記録を更新しまくりだろうな。
>>
太陽光パネルが予想通り地滑りしまくり、夏は危険なほど夏らしく暑くなった。たしかに異常だ。
今年は異常気象すぎる
是非ご覧ください!
こんな連鎖はしないで。
以上

記事本文: 気象庁が異常気象分析検討会を開催、7月豪雨や酷暑は「異常気象の連鎖」 | THE PAGE(ザ・ページ)

関連記事