TOP > スポーツ > THE ANSWER > セリーナ暴言、渦...

セリーナ暴言、渦中の主審に全米協会長が謝罪 1度は女王擁護も、事実誤認で | THE ANSWER スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

71コメント 登録日時:2018-09-14 15:24 | THE ANSWERキャッシュ

Twitterのコメント(71)

セリーナ暴言、渦中の主審に全米協会長が謝罪で手のひらクルー、事実誤認で
男女とか関係なく、テニスでトッププロが審判に暴言吐いてる姿とか見たくないんで、その方向でよろしくお願いします。
過去20年のグランドスラムでも男子の1534回に対して、女子は526回。実際のところは男子の方がペナルティを受けている事実も伝えている
サッカーにしろ野球にしろ暴言の時点で退場の可能性あること考えると警告3回で1ゲームとられるだけだからテニス甘いルールですよね。プレーヤーが紳士淑女が前提ではあるからだけど、、、
キング夫人も事実を誤認し主審を批判していた。

>ペナルティが与えられる基準…男女でのダブルスタンダードの存在を公然と批判したが、アダムス会長には重大な事実誤認があった…過去20年のグランドスラム…男子の1534回…女子は526回…男子の方がペナルティを受けている
今回の全米オープンのコードバイオレーションは男子86回女子は22回。過去20年のグランドスラムでも男子1534回女子は526回。
彼女自身は意地でも謝罪はしないつもりか。
輝かしい栄光の勝利も台無し。残念女王。
>審判たちがセリーナの試合のジャッジをボイコットする動きが報じられるなど、騒動が拡大している。カルロス主審を擁護する声も高まりを見せる中、アダムス会長は手のひら返しに出た
男子はこれだけ警告が多いと、流される数も多いということか
セリーナ、イラついてたんだろうけど試合中に確認もせずに喚くべきじゃなかったな。残念だよ。
「今回の全米オープンにおけるコードバイオレーションが言い渡された回数は男子が86回に対して、女子は22回。過去20年のグランドスラムでも男子の1534回に対して、女子は526回」
マッケンローの一言だけを根拠に女子に厳しい傾向があると判断してた人達はどうするんだろ?
今回の全米オープンにおけるコードバイオレーションが言い渡された回数は男子が86回に対して、女子は22回。過去20年のグランドスラムでも男子の1534回に対して、女子は5...
まずは大阪なおみに謝罪しろよ
熱い手のひら返し
しかしセリーナあかんよ
"審判たちがセリーナの試合のジャッジをボイコットする動きが報じられるなど、騒動が拡大している。カルロス主審を擁護する声も高まりを見せる中"

はい、違和感ない流れかと。
日本の多くのスポーツ界もそうだけど、全米テニス協会が恥ずかしい団体だって明るみに出たことは1歩前進だろう。ここからどうするかがポイント。

『 セリーナから暴言を受けた主審に一転して謝罪』
仕事を全うした主審は称えられるべき。一方、選手は弱体化を受け入れられず、嘘までついて流行りのポリコレで自我を保とうとしたペテン。
↓ たとえ謝罪しようと、自分の組織の問題について、調べもせずに軽々しく末端の人間を公開批判するのって、無能で不適切な人間としか感じない。スポーツの世界ってこんな人間ばかりで深い嫌悪感。
過去20年の4大大会において男子に与えられたペナルティの数は女子の約3倍
女性差別どころか、実は男子の方が多くペナルティとられてたんですって?
『アダムス会長には重大な事実誤認があったという。・・・過去20年のグランドスラムでも男子の1534回に対して、女子は526回。実際のところは男子の方がペナルティを受けている事実も伝えている。』
"審判たちがセリーナの試合のジャッジをボイコットする動きが報じられるなど、騒動が拡大している。カルロス主審を擁護する声も高まりを見せる中、アダムス会長は手のひら返しに出た格好" -
正義貫いているとこういう事もあるんだ。
大谷に大坂、米は凄いことになっているね!?苗字にも共通点があるような!?大がつく苗字を持つスポーツ選手が米で注目されたりしてね!?
残念でもないし当然、というかろくすっぽ調べもせずに当該審判を批判してた全米協会アホでしょ
「 1度は女王擁護も…」 アメリカ・ファーストのトランプが、まさにアメちゃん達の元首にふさわしい人物であることを我々に分からせてくれた騒動だったね。大坂選手が「純粋」な日本人だったなら、この騒動まだ決着してなかったろ。
"男子に与えられたペナルティの数は女子の約3倍"…いやいや、コード違反の総量とペナルティになった割合とを比較しないと意味ないだろ。
セリーナ「性差別があった。男子ではこうはならない」
アダムス会長「公平性が存在しなかった」
実際は、前回大会での言動行動による反則は男子が女子のほぼ4倍に上っていた。
さすがにねえ。 >
セリーナの味方だったはずの会長が手のひら返し。でも表彰式でセリーナの肩持って、結果、大坂なおみを貶めた事実は消えない。
おかしいなと思っていたが、やはり然るべき結論に。
しかし、審判に暴言をはいたセリーナを擁護するなど、信じられませんな。
お得意の手のひら返しし!!笑
事実誤認って何だ???

他の記事等見ても、どうもアメリカでも風向きが変わってきてる模様(´・ω・`)
大阪なおみ選手との試合であるのに、どうして「性差別」の問題に発展するのかがわからない。女性同士での戦いの中で与えられた罰則に、性差なんてないだろう。
事実誤認の内容はなんなんだよ?頭悪りぃな!
勢いで擁護したけどこりゃ無理だと切り捨てかいな -
セリーナ・ウィリアムズの傲慢さとセリーナを擁護した協会やレジェンド、考えなしヤンキーのアホさ加減が、時の経過と共に明らかになってくな。
ありゃりゃ…大阪さんにはお詫びはするのかなぁ…
【あらあら
じゃあさっさとあんなはした金の罰金じゃなく、ウイリアムズを永久追放にしろよ
「女子が不当に反則とられてる」という主張にエビデンスあるんかなと思ってたけど、反則数は男子の方が多いのね。ふむふむ。
セリーナも全米協会も全米オープンの観客も全部バカなんだよ!なった気してんだよ!大坂なおみバンザイ🙌
ダブルスタンダードを言い立てる人は普段テニスなんか観てないよね、って話か。
セリーナが被害者なポジションから発言することには違和感あったなぁ…
セリーナ暴言、渦中の主審に全米協会長が謝罪。1度は女王擁護も事実誤認で。

やってまいましたなぁ会長。
これは恥ずい。
集計された数から見たままの感じで喋って良いのかなこれ?何かバイアスかかってない?
テニス全米プロ女子決勝について、セリーナ・ウィリアムズを擁護し、レフェリーを批判していた全米テニス協会会長が、レフェリーに謝罪の「手のひら返し」。 via デイリー・テレグラフ(イギリス)
「私のペナルティは男性に比べて暴言のラインが厳しく取られた性差別」と主張したセリーナを擁護していた会長が、過去のデータで男子の方がはるかにペナルティが多かったことが分かり審判に謝罪
表彰式で「セリーナが真の女王」的な発言してたの考えると手の平クルックルだな
男子の方が多くペナルティ取られてたかぁ。
男子のペナルティ多いな、スポーツマンシップが無いのう
セリーナ暴言🎾
渦中の主審に全米テニス協会のカトリーナ・アダムス会長が謝罪 
掌返し
THE ANSWER


ここにも大勢に阿る輩が💦
セリーナ擁護したBBCの報道はどんな感じなのかなぁ
セリーナの男女差別発言はペナルティーの言い訳にはならない。メジャー大会の運営に主審の行為は妥当だった。
ANSWER) - ニュースパス
「謝罪したらしいよ?」って話までしか見てないんだけどこう言い切ってるソースは何だよ>
今後、セリーナ・ウィリアムズのようなモンスターが出現しないよう、ルールの遵守を徹底すべきだと思う。
大坂なおみ選手にも「無礼な発言」の謝罪をしてください。
過去20年を見ても女性選手より男性選手の方が警告・ペナルティは多いらしい!
全米テニス協会のカトリーナ・アダムス会長はセリーナの肩を持ち、主審を批判していたが、事実誤認の事態が判明。渦中の主審に手のひら返しの謝罪に出たことが発覚した。「デイリー・テレグラフ」が
ナオミにもごめんなさいしないとね(。・ω・。)
ちょっとモヤるけど、ちゃんと謝れただけアダムスは立派
WTAはどうするつもりかねぇ?
風向きが悪いと見ての、手の平返し。そもそも、相手は新人、場所は地元、自分の言い分が通りやすいと思い上がったセレナの「差別意識」が、前代未聞の暴言を生んだ背景だよ。|
デ杯の審判の方が先に決まっていたと思うので、ITFの意趣返しではないと思うけど、USTAの、なんと節操のないことか。
ほらね^ ^
セリーナの言うジャッジの差別などそもそも存在自体が無いではないか。
セリーナ・ジョコ・マッケンローなど、悪態ついて警告受ける事の多い選手がこぞってラモス主審を批判するという…
これら一部トップ選手の横暴・我儘を許すべきではない。
:これぞ生き残る術だw
何があったにせよ泥棒とか嘘つきと発言したセリーナは人として問題有り。
また男女差別と問題をすり替えるのも卑怯。
セリーナは出場停止とかより重いペナルティを課すべき。
アダムズに辞めろの声も出ているからね。
表彰式の、ウィリアムズに阿ったようにしか聞こえないスピーチとか酷かったし。
手のひら返しかもしれないが事実誤認を認めきちんと謝罪が出来るのは立派だと思う。誰にだってミスはあるのだからただ喚き散らして謝罪しない人よりはまし。
以上

記事本文: セリーナ暴言、渦中の主審に全米協会長が謝罪 1度は女王擁護も、事実誤認で | THE ANSWER スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

関連記事

画像で見る主要ニュース