TOP > IT・テクノロジー > Tech-On! > 博士しか相手にさ...
51コメント

[画像のクリックで別ページへ] イノベーション理論と物性物理学を専門とする京都大学大学院総合生存学館(思修館)教授の山口栄一氏が、新著『物理学者の墓を訪ねる ひらめきの秘密を求めて』(日経BP社)で偉大な物理学者たちの足跡をたどったことをきっかけに、現代の“賢人”たちと日本の科学やイノベーションの行く末を考える本企画。前回に続き、米パデュー大学H.C.ブラウン特別教授の根岸英一氏と、山口氏に...


Twitterのコメント(51)

これも. 「博士しか相手にされない欧米、博士を必要としていない日本」
博士号取得者が企業で能力を発揮できないのは,大学に合わせた感性のフタのされ方をされるからじゃないかと思った。企業にいてもフタをされるが企業に合うだけ企業には幾分マシかと。
確かに米国では博士教育が標準化されててリスペクトされてる感はあるけれど、最近はホームレスシェルターにすんでる博士(とくに文系)もたくさんいるらしいから、鵜呑みにはできない記事。
欧米以外にも、中国およびインド等の方々と一緒にお仕事させて頂く機会があるのだけれど、皆さん優秀で刺激を受けます^^
まぁねぇ。。。看板じゃなくて、ビジョンとかの方が重要なんですよね。どういう事したいから、どうして行きたいかっていう。教育が絡むからスパンは長期になる。 →
そうかなぁ..?日本は従来のやり方で確かな実績があるんだから
今のスタイルで充分世界をリードしていけるんじゃないの?
むしろ、今の日本の大学は教授連中が徒党を組んで日本の足を引っ張ってるようにしか思えんのだが...(´・ω・`)
"(デュポン社の)経営方針そのものが、研究を通してビジネスになることを発見し、自分のところで当てるんだ、ということなんですね。デュポンが当てなかったら、他は当てられないかもしれない"
多分ね、自信と実力ある人は日本なんかにおらず、どんどん米英でのし上がればいいと思うんだ。
で、日本には程々の人だけが程々に裕福に暮らす。今地方都市の公務員とか名士ってだいたいそんな感じなんでしょ?日本自体が世界の一地方化すればいい。
「私は日本がこれから国際的に一歩秀でるためには、研究者を志す若者たちが博士号を取って、「研究とは何か」という科学の本質を身に付けてから社会に出ることが大事だと思っています」:
博士しか相手にされない欧米、博士を必要としていない日本「博士って何をするのか。博士は要するに研究をします。では研究とは何かというと、この世の誰も見つけてないことを見つけることです。あるいはこの世にないものをあらしめることです」
文系でも修士取ってない人はほとんどいないのアメリカにきて驚いたことだった。博士も多いし。/
基本企業、特に古くからある企業は新卒入社〜定年退職が当たり前すぎて業界内で業務が標準化されていないせいで、その組織内でしか得られないドメイン知識・技術の比重が大きずて博士号取得者のアドバンテージが低い / "博士しか相手にされな…"
日本のグローバル化(笑)
日本では文系だと大学教員自身が博士号を軽視してきた歴史があるからその下で育った人が経営陣に残る限り企業もそうなると思う。そうやって欧米とのズレを直せない間に中国が急速に欧米モデルに向かってる気がする。 / "博士しか相手にされな…"
モラトリアムの延長でしかない修士課程は基本的に要らないと思う
同じ研究というフィールドであれば、研究能力は博士の方が上である「はず」で。日本と欧米の間でそれほど差があるとも思えないけれども。何かあるとすれば、「年齢」と「従順さの保証が薄れる」という2点かね? / "博士しか相手にされない欧…"
日本は海外のまねをし改善していく姿勢が身に付いてしまったため、発見、創造を信じられていないという結論に興味を覚えました。
----
博士課程のときに就活してましたが、面接で「自分の専門を活かしたいならアカデミックに残ればいいじゃない」と言われたりしました(とある有名大企業)。まぁ結局アカデミックに戻ってきたので反論できないのですが。
博士を取ることが大変なのは間違いないんだろうけど、それが社会や企業の価値創造に素晴らしく有用であることを自明としてるだけで、この人達は何も言ってないに等しい
日本の大学の直接教育にも、研究にもかかわらない人の肥大化が問題では?つーか、それに見合う研究費用、収益を稼ぐ意識がない。私の見た米国の研究者はハングリー!サバイバー! / "博士しか相手にされない欧米、博士を必要としていない日本…"
「日本は一生懸命に海外のまねという姿勢がずっと身に付いている。そのため、発明や発見のために研究をする博士を必要としていないのかな、という気がしてならないんですよ。」
10年前くらいの議論じゃないの。
子供の学校の担任も校長先生も名前の前にDr.がつくハワイの公立学校。
研究とはこの世の誰も見つけてないことを見つけることです。幸せな社会をつくるんだ、だからイノベーションを起こすんだという確固たるビジョンが、欧米の社会にはあったのです。
自分も修士卒ですが、日本人も海外からの研究仲間も、日本で博士取るメリットをあんまり感じていませんでした。博士課程を否定する気はありませんが、辛いし就職先ないし、お金もらえないし、自殺したり、ドロップアウトするし
日本ではバカでも誰でも博士号は取れるのを企業も知ってるので採用しない。有能な若い修士を採用した方が有益だから。米国はバカは博士になれないから価値がある。基礎学力が全く違うから。
「1000人近いその人たちが助手ではなく研究員なんです。そのスケール、そしてその研究員がみんな博士号を持っていると聞いたときは、びっくり仰天」
日本にもタンパク3000プロジェクトってのがあってな、膨大な数の博士が任期つきで(略
「博士は研究をします。では研究とは何かというと、この世の誰も見つけてないことを見つけることです。あるいはこの世にないものをあらしめることです」>
「ウェーーーーーーーイ!」を必要とする日本 /
メモ: クロスカップリングでノーベル化学賞の根岸英一氏に聞く(第2回) >博士を持たなくてもやっていけるということは、「まだこの世にないものをあらしめた」経験がなくてもよいということ
この問題は確実に日本を蝕むと思う。Professional school以外でterminal degreeとしての修士課程を取りやめるときが来ているのではないか?
これが何に起因してるのかってことやね
>博士号のプロセスが不十分な点として、1つは博士から企業に入った人のパフォーマンスがかなり悪かったんですね。
ここでも相変わらず「研究職に就くには」博士号が必要って言ってるけどそれは日本だろうが欧米だろうが当たり前で何を今更感が。R&Dのポジション数なんて産学官合わせても多寡が知れてるんだから非R&Dにいかに博士を送り込むかを考えるべきでは
一流の化学会社、特に製薬会社は博士号を持っていなければ面接もしてもらえません。
;実際のところ、日本と欧米の博士過程のシステムは名称が同じでも内実が違うので単純比較できないのではないか。
青色ダイオード発明の中村修二教授も、最初の米国留学時に博士号を持ってなかったから向こうの研究者に全く相手にされなかったと言ってたな。
ふつーの役人だと海外出張した時の名刺や会議名簿の箔くらいにはなるよね。国内では役に立たない。。>
本当にそうだと思います。
悲しきかな日本
@bluehopicorn @kittenish823 (゚Д゚;)優秀な医学者がいなくなるのはとても困りますね。
私も、ずっと、大学病院に通院する身です。

こちらの記事、参考になるかもしれません
活動拠点にどこの国(北米なのか欧州なのかそれ以外の国なのか)を選択するかが重要。 -
日本からはイノベーションは生まれないと日本人自身が心の中でどこかそう思っているから日本では研究職が冷遇される、というのは多分本当だと思う。
@日本企業はイエスマンの社畜が欲しいのであって、反論できる人材は嫌う傾向があるからなぁ(そして衰退)
欧米の博士は何をやらせても技術水準が高いのに対して、日本の方は「蛸壺」専門特化型が多い印象。欧米だと厳しい成績評価の下、手厚いサポートで幅広く教育するが、日本だと評価が緩くサポートがなく、大学院では主に学生の研究ばかりやらせるから?
なるほど。>イノベーションとは(中略)創発からは生まれないと考えているのではないでしょうか。日本は(中略)海外のまねをして、それを自分たちで改善していく、という姿勢(中略)発明や発見のために研究をする博士を必要としていないのかな───
根岸先生は強く同意されてるけどそうなのかな。そうなら日本の未来は暗い。→「日本は一生懸命に海外のまねをして、それを自分たちで改善していく、という姿勢がずっと身に付いている。そのため、発明や発見のために研究をする博士を必要としていない」
クロスカップリングでノーベル化学賞の根岸英一氏に聞く(第2回)
面白い。考えさせられます。
うーん、「博士号を持って入ってきた新米よりも、職場に長くいた自分の方が判断力も実力もある」も、「博士を持たなくてもやっていけるということは、「まだこの世にないものをあらしめた」経験がなくてもよい」も両方間違ってると思うんだけどな。
>大学はもちろん、著名な企業では研究職を得ようと思ったら博士号を持っていないと相手にしてくれません。
研究の視点とビジネスの視点の両方の視点があると最強だと思う。世の中にない新しい物を作ろうと思ったら、既存の物が正しいか否か、とにかく疑い抜かないといけない。
以上

記事本文: 博士しか相手にされない欧米、博士を必要としていない日本 - 日経テクノロジーオンライン

関連記事

72コメント 2013-01-22 07:14 - sankei.jp.msn.com

【北京=矢板明夫】アルジェリアの人質事件について、中国メディアは自国民が人質に取られていないという事情もあり大きく報じていない。ただ、アフリカにとって最大の貿易相手国は中国であり、中国にとってもアルジェリアなどアフリカ諸国は重要な資源供給国だ。中国当局は高い関心を寄せているとみられる。 中国外務省によると、在アルジェリア中国大使館...[続きを読む

画像で見る主要ニュース