TOP > 政治・経済 > SYNODOS(シノドス) > 精神保健福祉法改...

精神保健福祉法改正案、措置入院制度の問題点 / 斎藤環×たにぐちまゆ×高木俊介×荻上チキ | SYNODOS -シノドス-

12コメント 登録日時:2017-05-08 07:13 | SYNODOS(シノドス)キャッシュ

シノドスは、ニュースサイトの運営、電子マガジンの配信、各種イベントの開催、出版活動や取材・研究活動、メディア・コンテンツ制作などを通じ、専門知に裏打ちされた言論を発信しています。気鋭の論者たちによる寄稿。研究者たちによる対話。第一線で活躍する起業家・活動家とのコラボレーション。政策を打ち出した政治家へのインタビュー。さまざまな当事者への取材。理性と信念のさ...

Twitterのコメント(12)

相模原の事件と改正案を説明に来た市の職員は「措置入院」の事には触れませんでした。当事者に対して説明はありませんでした。
【SYNODOS】精神保健福祉法改正案、措置入院制度の問題点/斎藤環×たにぐちまゆ×高木俊介×荻上チキ
今後、マイノリティーが排除される可能性は、
TLのヘラってるみんなも他人事ではないよ!

現政権下で改正された精神衛生法に基づき、あなたが精神異常とみなされた場合、強い監視を受けて、入院を法的に強制される可能性もあるんですよ!
精神保健福祉法の逆行

「イタリアでは犯罪においても、同様に地域で見守りながら社会から途切れることのない形で対応していこうという議論がありますよね。一方、日本では医療を刑務所に近づけていく方向に逆に進んでしまっているように思います」
今、もう一度読んでおきたい。
精神障がい者への偏見と措置入院について。

「精神保健福祉法改正案、措置入院制度の問題点
斎藤環×たにぐちまゆ×高木俊介×荻上チキ」
【精神保健福祉法改正問題】【SYNODOS】精神保健福祉法改正案、措置入院制度の問題点/斎藤環×たにぐちまゆ×高木俊介×荻上チキ

●監視を強化する恐れ
●犯罪防止を目的とした改正の問題点
●相模原事件はヘイトクライム
共謀罪とあわせてヤバイ。
このやり口はよく知っている。
意表をついて異常なものを滑り込ませる。
いつもの高をくくった人間のやりくち
たてまえと真相が異常に乖離している。
どうしても強くなりたい
現政権はもはや闇を抱えているのでは。
「日本は精神病院大国で精神障害者の本当の姿が病院の中に隠されてしまって…精神障害者の問題が自分とは関係ない他人事のように思えてます。…まずは精神障害の人たちがどんどん退院して地域で暮らしている姿を皆が見て知ること、可視化が非常に大事」
精神保健福祉法改正案、措置入院制度の問題点/斎藤環×たにぐちまゆ×高木俊介×荻上チキ
生環初めてみた。
改正案を通そうとする人たちに読んでほしい。
【SYNODOS】精神保健福祉法改正案、措置入院制度の問題点/斎藤環×たにぐちまゆ×高木俊介×荻上チキ
精神保健福祉法改正案、措置入院制度の問題点/
歴史的に「立法経緯」への警戒感が強いのはわかる。でも、これらの批判のほとんどが条文に向けられたものではないので、どの程度かみ合ってるのかは本当に「わからない」。
豪華メンバーだな。"ズバリ言って「社会のセキュリティを守ってやっているんだ」という国家の威信のためだけに提出された法案です" / "精神保健福祉法改正案、措置入院制度の問題点 / 斎藤環×たにぐちまゆ×高木俊介×荻上チキ | S…"
精神病院を作りすぎた社会 / "精神保健福祉法改正案、措置入院制度の問題点 / 斎藤環×たにぐちまゆ×高木俊介×荻上チキ | SYNODOS -シノドス-"
以上

記事本文: 精神保健福祉法改正案、措置入院制度の問題点 / 斎藤環×たにぐちまゆ×高木俊介×荻上チキ | SYNODOS -シノドス-

関連記事

画像で見る主要ニュース