TOP > 政治・経済 > SYNODOS(シノドス) > 「福島の子どもは...

「福島の子どもは、大丈夫です」――甲状腺検査の現場から / 早野龍五×緑川早苗 / 服部美咲 | SYNODOS -シノドス-

30コメント 登録日時:2017-12-28 06:18 | SYNODOS(シノドス)キャッシュ

シノドスは、ニュースサイトの運営、電子マガジンの配信、各種イベントの開催、出版活動や取材・研究活動、メディア・コンテンツ制作などを通じ、専門知に裏打ちされた言論を発信しています。気鋭の論者たちによる寄稿。研究者たちによる対話。第一線で活躍する起業家・活動家とのコラボレーション。政策を打ち出した政治家へのインタビュー。さまざまな当事者への取材。理性と信念...

Twitterのコメント(30)

>受診者にとってのメリットとデメリットを緻密に考え抜いた上で、非常に慎重に行われるべきだと言われている検査です。 ところが、福島県ではスクリーニングの結果、無症状の方にもこの細胞診を行っています。しかも、対象は子どもです。
@shure_geru 甲状腺がんの発見数については、私はこの人たちの意見を信用しています。

本来見つける必要のない軽微な腫瘍を発見しているのではないでしょうか。
これはひどい。福島の子どもたちの甲状腺がんの話: 御用学者の東京大学名誉教授・早野龍五氏と、福島県立医科大学准教授・緑川早苗氏の「福島県における甲状腺検査のこれまでとこれからについて、」
テレビでやらないこうゆう情報大切(`・ω・´)
「シノドス」が、「知性」だとか「アカデミック」とか謳いながら、こと原発事故被曝問題となると、安全派イデオロギーの妄信側に転落するのはなぜなのかな。開沼博・早野龍五の重用で、内輪サークルに閉じこもり、批判性を欠如させてしまっている。
不安を煽って騒ぎ立てて飯食ってるマスコミや活動家はいつまでも騒ぎ続けるだろうね。そういう連中に不安を煽られている人たちを守れるようにできればなぁ。 /
現場の声……。早く安心できる環境を作れたらいいのだが。HPVワクチンの件もそうだが、恐怖やパニックを煽るデマをマスコミが流してるようではなあ。 /
「生涯にわたって、自分の甲状腺にがんがあることを知らないまま、普通に生活を送っている人が、とてもたくさんいる」
忘れないって言うその前に、知ってほしいことがある。
長い記事だけど、子供達とかかわる仕事をされている方々にはぜひ読んでいただければ、と思う…
国際的な専門機関は、「福島第一原発事故後に放射線による影響で子どもに甲状腺がんが増えているとは考えられない」と公表している。
「生涯にわたって、自分の甲状腺にがんがあることを知らないまま、普通に生活を送っている人が、とてもたくさんいる」
ちょっと長いけど、現在の甲状腺検診についてわかりやすく問題点が整理されていると思う/
これは日本国民全員が一読しなきゃならない記事。小中学校の授業でも紹介すべき。
ほかの地域の子どもたちに甲状腺がんがたくさん見つかりました」と聞いて、福島の人々は本当に喜びますか。
「「この検査がそもそもどんなものなのか」、また「検査の結果をどう受けとめればいいのか」、そういった基本的なことを、しっかり説明できる機会が欲しかった。」広報体制の重要性。医師だけに任せる話じゃなく
国内初めての大きな原発事故に翻弄された家族、親、そして現場の先生方のまだ終わらないご苦労を思います。
「お母さん、そんな結果を喜んで聞いてしまったら、福島の誇りが失われるよね」
福島での甲状腺検査に2011年から今に至るまで検査の現場に立ち続ける緑川早苗医師と、早野龍五先生の対談です。

『 早野龍五×緑川早苗 / 服部美咲』
「「福島の子どもたちは大丈夫です。それが、私がはじめから信じて、なによりも守らなければいけない言葉です。」
これが、福島の甲状腺検査の現場で、福島の子どもたちと向き合い続ける医師の言葉である。」
💢「大丈夫です」キター!💢
ここまでやっちゃうよ、もう明らかに早野先生主導のPAですよね。
緑川さんがこれだけのことをおっしゃいながらも、結局「甲状腺検診の中止」をはっきり訴えるところまでは踏み込めないのが今の問題でしょう。学校での集団検診をやめるだけでも相当違うだろうということが読み取れます。まずは集団検診をやめるべき
短くはない記事だけど読んでよかった。甲状腺検査の実際や、抱える問題点、現場で言葉を尽くしている医師がいること。
賛否両論あってもよいから、一度読んでみてほしい。
「「この検査を本当に必要としているのは誰なのか」ということについては、議論されなければいけない」>
「福島の子供は大丈夫です」甲状腺検査の現場から:早野龍五×緑川早苗/ シノドス
…発症が百万人に約3人の小児甲状腺癌が、福島では約38万人の調査で確定159人。その99%が過剰診断と?…正直、記事を読んでも確信には程遠く。
現場に携わら、データをしっかり確認している医師の話です。しっかり聞くべきです。
緑川先生がここまで踏み込んでお話しされるとは思わなったなぁー
緑川医師は、福島県で甲状腺検査が開始された2011年10月から現在に至るまで、日々検査の現場に立ち続けている臨床医である。
以上

記事本文: 「福島の子どもは、大丈夫です」――甲状腺検査の現場から / 早野龍五×緑川早苗 / 服部美咲 | SYNODOS -シノドス-

関連記事

画像で見る主要ニュース