TOP > 政治・経済 > SYNODOS(シノドス) > まだ続く「知ろう...

まだ続く「知ろうとすること。」 / 早野龍五 | SYNODOS -シノドス-

13コメント 登録日時:2017-11-20 07:25 | SYNODOS(シノドス)キャッシュ

シノドスは、ニュースサイトの運営、電子マガジンの配信、各種イベントの開催、出版活動や取材・研究活動、メディア・コンテンツ制作などを通じ、専門知に裏打ちされた言論を発信しています。気鋭の論者たちによる寄稿。研究者たちによる対話。第一線で活躍する起業家・活動家とのコラボレーション。政策を打ち出した政治家へのインタビュー。さまざまな当事者への取材。理性と信念のささやき声を拡大し、社会に届けるのがわたしたち...

Twitterのコメント(13)

去年は、函館科学祭で早野龍五さんの講演会を手伝いました。

函館では、福島の人達の被ばく状況を過大視した情報を伝える講演会ばかり開催されていたこともあり誤解している人達も多かったのですが、早野さんが実際に測定したデータを示して正確な情報を伝えて下さいました。
@hi_oji

こちらの記事がわかりやすいと思いました。記事の初めの方にまず結論として「放射線による影響で亡くなった方はおられません」とあります。その後に福島での放射線と被ばくについてもう少し詳しい説明が続いています。
これでもまだ放射能とかいうやつは理科がわからない馬鹿か本気の放射脳かとしか。
こちらはとても良い記事の例。日刊新聞各社にもこういう記事をお願いしたい。事実で裏付けられている。/
早野先生のこの記事良かった
福島の今が良くわかる
俺も数年前に行ったっきりになってるな
また今度行く機会があれば
✳︎「とくに「若い世代が子どもを産めるのか」と心配する必要はありません。福島の子どもたちがそのことをしっかりと理解をする、…」
福島と被曝のこと。
知ることが大事なのだたぶん。
地道な調査をずっと継続されていてすごい。福島の内部被曝や外部被曝はもうほぼないと /
"福島市のお米に切り替えてからも、給食のなかに含まれている放射性セシウムは増えていないことが良く分かります。こういうデータがきちんと毎日取られて、それが公表されて記録に残されるのは、非常に大事なことだと思います。 "
これは読んでほしい記事だな
福島では知られている事だけど、知らない方は1度目を通して欲しい内容です
《「はこだて国際科学祭参加プログラム」(2017年8月27日)での講演抄録です》
「福島第一原発で作業していた人も含め、事故で放射能を浴び、その直接的な影響で亡くなった方は0人です。」 /
以上

記事本文: まだ続く「知ろうとすること。」 / 早野龍五 | SYNODOS -シノドス-