TOP > 政治・経済 > SYNODOS(シノドス) > なぜ外国人技能実...

なぜ外国人技能実習生は自ら働きすぎるのか――過重労働をめぐる日本との構造的な違い / 服部美咲 / フリーライター | SYNODOS -シノドス-

39コメント 登録日時:2016-11-01 06:49 | SYNODOS(シノドス)キャッシュ

シノドスは、ニュースサイトの運営、電子マガジンの配信、各種イベントの開催、出版活動や取材・研究活動、メディア・コンテンツ制作などを通じ、専門知に裏打ちされた言論を発信しています。気鋭の論者たちによる寄稿。研究者たちによる対話。第一線で活躍する起業家・活動家とのコラボレーション。政策を打ち出した政治家へのインタビュー。さまざまな当事...

Twitterのコメント(39)

「自ら」…?
昨今伝えられている実情とぜんぜん違う。
「だといいな」と思ったことをそのまんま書いてるんじゃないかな。信用できないな。
1/2【SYNODOS】

「外国の若者が日本で働くためには、正規雇用ではない学生アルバイトをのぞけば、日本人と結婚するか技能実習生になるしかない」
「送出し機関を運営しているのは中国を除いて多くが元政治家や大臣であり…」
--
ひっでえなあ。過労死も過労自殺もサビ残も「自主的」にやったことが問題の根源なのに。
出稼ぎ問題として、外国人技能実習生を思い出したけれど、これはどう位置づけられるのかな。

2016.11.01「なぜ外国人技能実習生は自ら働きすぎるのか―過重労働をめぐる日本との構造的な違い」
最終戦争論が頭を過ぎった。
この記事はダメすぎるんじゃ...。>
記事の視点のゆがみで頭クラクラするけど、「技能実習制度」の問題点はよくわかる。
奴隷仲買人が外国人技能実習制度の問題点をポイントずらしながら必死に自己弁護している、そんな感じ。 /
う、うーん、ある方面からの見方…… /
なんだ、奴隷として死にたい奴が来てたのか…みたいな感想になった_(:3」∠)_
うーん。働きたいと言ってるからと言って死ぬまで働かせて良いわけない。
一刻も早く潰した方がよいことがよくわかるよい記事だ |
この記事が正しいとすると実習制度なくしても密入国が増えるだけなのか /
企業も労働者もネガティヴな利害の一致だな -
これは酷い(記事が)。/
おかしな文章。受け入れ企業だけ叩いて良しとしてる人なんかほぼいないだろ。相手が貧困なのに乗じケタ落ちの奴隷労働を強いるそれこそ「構造」が指弾されてる。
実習生が残業したいのだから、企業だけ責めるのは酷―とライターはいうけど、労働の適正さは需要と供給で決まるはなく、労働者の人権や健康が守られているかどうかで決まるのでは。

【SYNODOS】なぜ外国人技能実習生は自ら働きすぎるのか
【SYNODOS】なぜ外国人技能実習生は自ら働きすぎるのか/ 良い切り口の記事だけど、「農業や婦人服の縫製など、自身と家族の将来を賭して決死の姿勢で働く実習生がいてこそ成立している業種」についてはやはり擁護できないと思う
その辺りの都合の良い理屈を気にするのは事業所の法令違反率(全国平均71.4%)を格段に減らしてからで良い。 /
はてなブックマーク - 人気エントリー   -
技能実習生の場合、自ら残業を志願する人が日本人より多いような。三号ができたら5年在留できるので長時間労働減るかも:なぜ外国人技能実習生は自ら働きすぎるのか――過重労働をめぐる日本との構造的な違い/
外国人技能実習制度は発展途上国の人達を低賃金で使い倒すための制度ではないんだな という期待をもって開いたら使い倒すための制度だった。 /
貧困脱出目的で、送出し機関に多額の借金をして来日しているため、実習期間中の3年の間にできるだけ稼ごうと、残業代のために長時間労働を自ら求める構図。
☓「日本の長時間労働文化が技能実習生にも被害を及ぼした」 ○「日本政府と日本の企業が現地マフィアと組んで労働者を債務奴隷化している」 /
そうですか。Win-Winの関係だったのですね。目から鱗です :-P /
「じつは、技能実習生自身が長時間労働を強く希望する場合が多いのだ」( )
てめーが諸悪の根源じゃねーか

かつて、私は外国人技能実習生制度に基づく機関に関わっていた。
「日本に渡るための斡旋業者に本国30年分の年収を払ってしまったから」が理由とか、それこそ正規の仕組みで対応すべき事情だった。/【SYNODOS】
外国人技能実習生制度の目的は「技能等を開発途上国へ移転し、その国の人材育成を目的とした国際協力・国際貢献」である。つまり、制度の目的はあくまでも出稼ぎ労働ではなく海外への技能移転を目的とした教育ということになる。
個々の企業を叩いても仕方ないのはわかるが受け入れ先がなくならないことには制度を廃止することはできない。一つ一つ地道に潰していくのが今我々にできることだ。 / "なぜ外国人技能実習生は自ら働きすぎるのか――過重労働をめぐる日本との…"
外国人技能実習生は現代の奴隷貿易。今すぐ撤廃してほしい。 /
"農業や婦人服の縫製など、自身と家族の将来を賭して決死の姿勢で働く実習生がいてこそ成立している業種が、われわれの社会の一端を支えていることも目を背けてはならない事実"→【SYNODOS】なぜ外国人技能実習生は自ら働きすぎるのか
たいへん興味深い。しかし仕送りにせよ借金返済にせよ詰まるところは金であり、技能習得とは名ばかりの実質的な出稼ぎ労働、と考えると、最後の「彼らが実習期間を無事に過ごし、日本で先進的な技術を学んで」の一文が虚しく読めてしまって
そもそも先進的な仕事など彼らはちゃんと学べているのか。跡継ぎがいないような衰退業種の仕事や単純作業の経験を国に持ち帰らされているのなら詐欺もいいとこだ / "なぜ外国人技能実習生は自ら働きすぎるのか――過重労働をめぐる日本との構…"
"日本人を半強制的に長時間労働させて過労死に追いやるという日本の企業に蔓延する長時間労働文化の弊害と、自ら長時間労働を買って出なければならない外国人技能実習生の背景にある構造的問題とは、文脈が違う" / "なぜ外国人技能実習生は…"
実習生の自国年収は10万円未満。日本ならそれを1ヶ月以内で稼げる。日本人がオーストラリアで月収150万~400万、年収で2000万以上稼ぐようなもの。こりゃブラックでも働いちゃうかな

なぜ外国人技能実習生は自ら働きすぎるのか
以上

記事本文: なぜ外国人技能実習生は自ら働きすぎるのか――過重労働をめぐる日本との構造的な違い / 服部美咲 / フリーライター | SYNODOS -シノドス-

関連記事