TOP > ネタ・話題・トピック > NIKKEI STYLE > 東大卒の「女芸人...

東大卒の「女芸人」 就活生憧れの企業で学んだ挫折|出世ナビ|NIKKEI STYLE

42コメント 登録日時:2018-03-13 07:10 | NIKKEI STYLEキャッシュ

 女性お笑いタレントの石井てる美さん。白百合学園から東京大学、同大学院を修了して米マッキンゼー・アンド・カンパニーに就職した。華麗な経歴を歩んできた石井さんは、学歴は関係ない芸能界に転じた。マッキンゼーでの1年4カ月の体験が石井さんを変えた…...

Twitterのコメント(42)

美人でこんな何もかも持ってる人のこういう決断。すごく参考になる→
先ほどに続き、次は、、

白百合学園→東大→マッキンゼー→お笑い芸人
早期に脱植民地化を図れた例なのかな。

他者から与えられる仕事、他者からの評価を気にしているところから

自分のモノサシで、自らの仕事をつくり、評価する先に、自分が見えてくるでしょうから、大変だけれど納得がいく日々になるのでしょうね。
これ読むと当時のマッキンゼー最悪だな。
"東大卒の「女芸人」就活生憧れの企業(マッキンゼー)で学んだ挫折"→

"「2分おきにクライアントにメールを返しなさい」と命じられた。
週末には過呼吸になり、ストレス太りが襲う。産業医の診断を受けようと思ったが、「2分おきだから、産業医にも連絡している暇がない」とうつのような状況"
本当に、自分の置かれている状況から脱出する方法に気付かない人って多いと思う。
すごい決断だと思う。
頑張って!(*´▽`*)🎉
マッキンゼーをやめて初めて自分になれたのだと思う。現代の教育システムはいまだにヘッセの車輪の下の主人公みたいな不幸な人を量産している。
「ついには"千本ノック"がスタートした。次々細かな指示を与えられ、「2分おきにクライアントにメールを返しなさい」と命じられた」
外コンの出すアウトプットの裏には色んな人の屍が転がっとる
ネガティブにコンサルを退職する話はあまり見たこと無かった。つらい。
「死んだ方が楽」と感じるまで追い詰められて初めて「どうせいつか死ぬんだったらその前に本当にやってみたかったことをやろう」という境地に至った。
たぶんマッキンゼーよりはぬくぬくと仕事をしている自分なんだろうけど、自分も好きな事をして生きたいな。
石井てる美、マッキンゼーって偉そうにしてるけど、在籍わずか1年4ヶ月じゃあなぁー、経験したにならないよ。→
東大卒、元マッキンゼーの女芸人。マッキンゼーではパワハラに近い業務量を与えられ、過呼吸、ストレス太り。遂には「死んだ方が楽になれるのでは」と思うようになったそう。

 :
「死んだ方が楽」と感じるまで追い詰められて初めて「どうせいつか死ぬんだったらその前に本当にやってみたかったことをやろう」という境地に至った。
って文を見て自分もその境地に至ったし、実際この境地まで行ったら人生物凄く充実する。
リーマンショックか…自分の場合は震災だけど、生きてると自分がコントロールできない要素が出てきますよね。石井さん頑張って欲しいな。
転職した自分でもわかる クソのような状況で頭おかしくなるより全部捨てて新しく始めた方が良い
「正直ホッとしました。『辞める』という選択肢があることにようやく気づいた」
朝倉さんのコメントの「カルチャーが合わないと気づけば、無理をしすぎず、とにかく逃げる」という考え方を持っているか持っていないかで、あるいは肯定できるか...
東大院卒からのマッキンのゼーからの芸人
お笑い芸人になりてえとかずっと言ってたら、マッキンゼーに先越されてた。
こいつこういう記事にしか出てへんよなほんまに
たしかに!
その職場から自分のことが知れた、ということがあるよね。
白百合、東大、マッキンゼーからの芸人ってww
しかもハーバード、インターポールからの芸人もいるからハイスペ多くね?
もったいないと思うのは気のせいか・・・それくらい激務は人の判断力を奪う。一流企業だからと言って人の使い方も一流ではない。
東大卒だからマッキンゼーでやっていけるという勘違いはそのまま東大卒でマッキンゼー経由の女芸人ならいけるという勘違いまで現在進行形で続いてると。学習能力 。
このマネージャー、典型的な「新卒を効率的にダメにする方法」だな
マッキンゼーだろうがなんだろうが、2分おきにメールきたら苦情ものだわ
転身、よかったですね!コンサルは難しい仕事であるだけでなく、基本的に不要な職です。決して幸福にはなれません。:
てる美、ナチュラルメイクになって良くなったね。 -
石井てる美さんのインタビュー / STYLE)
ネタ見たことないけど応援したくなって来た
さすが東大女子
石井てるみさん、格好いいですね。
すごい経歴なんだなあ
芸人としも頑張れ!
失敗を恐れるなと言うけど、失敗すると矢張り落ち込む。
立ち直ることが出来ない程の時は、開き直りが必要。
運を天に任せることも、流れに任せることも生き方の1つ。
但し、やる時はいつでも本気の全力を出す。
失敗してもタダでは起きない。
以上

記事本文: 東大卒の「女芸人」 就活生憧れの企業で学んだ挫折|出世ナビ|NIKKEI STYLE

関連記事

画像で見る主要ニュース