TOP > ネタ・話題・トピック > NIKKEI STYLE > 会社を退職ではな...

会社を退職ではなく、「卒業」する人が増えるわけ|出世ナビ|NIKKEI STYLE

34コメント 登録日時:2018-03-10 07:07 | NIKKEI STYLEキャッシュ

 卒業シーズンを迎えた。最近は、ビジネスパーソンの間でも、転職などで会社を辞める際に、「退職します」ではなく「卒業します」と言う人が増えている。別に女性アイドルグループの影響ばかりではないようだ。卒業という言葉に込められた思いや、卒業宣言…...

Twitterのコメント(34)

出戻りとか、アルムナイネットワークの活用、増えてると思う。-
いまどきは退職も卒業っていうらしい
辞める側も、元の会社と良好な関係を維持しておいて損はない。企業間の垣根を越えた技術開発やマーケティングが盛んになっている今は、いつ、どこで再び一緒に仕事をすることになるかわからないからだ。 / "会社を退職ではなく、「卒業」する…"
たしかに学校みたいなもんだし、キャリアアップを前提とした環境の変化って意味では、卒業って言い方自体は好感持てるな。
意味不明だけど。
/確かに「卒業します!」だといい響きに聞こえる…わしもそのフレーズ使えばよかったw
おぞましいと感じる。
言葉にある含みの意味づけは人それぞれでいいと思うが、「退職」という言葉がとてもネ...
互いに「これからもよろしく」という意味が込められているそうです/
卒業という言葉が使われるようになるのは、退職に対してネガティブなイメージがあることの裏返し?>
AKB48の影響? 会社を退職ではなく、涙ながらに「卒業」する人が増えるワケ
会社が雇用を守らなくなったからだろう。捨てることが当たり前になれば、捨てられる準備をするのは当然 / 会社を退職ではなく、「卒業」する人が増えるわけ ( STYLE)
変な言葉の使い方だな卒業って…
会社は学校じゃないんだから退職って言えよ…
リクルート社、大好き。
その企業で自分が学ぶことがなくなって、得るものがないのであれば卒業って感じなんだろうな / 会社を退職ではなく、「卒業」する人が増えるわけ ( STYLE)
卒業って表現だと次のステップ=前の会社より高いレベル=前の会社レベル低いことの別の言い回し、に聞こえるんだけど、邪推し過ぎかな。
3: 昔からコンサルファームでは普通に「卒業」と言っていたでしょうに。マッキンゼーとかが先駆けだったように記憶しているが。 / "会社を退職ではなく、「卒業」する人が増えるわけ|出世ナビ|"
VUCAワールドにおいては、新卒一括採用の純粋培養した人材だけでは多様性がなく対応...
前職を卒業した自分も、今年は前職と仕事をすることになりなかなか嬉しく感じてる。
この支配からの、卒業。
闘いからの、卒業。

会社を退職ではなく、「卒業」する人が増えるわけ:日本経済新聞
会社を退職ではなく、「卒業」する人が増えるわけ:日本経済新聞
結局何も両者は違わないんだけどな
俺も会社で卒業式やって「止まるんじゃねえぞ……」ってやるか
「さようなら」が「おめでとう」、羨ましいわけね。…
確かに前の会社辞めたときに卒業じゃなくて普通に退職って言ったし、ビジネス上の「これからもよろしく」的な付き合いはないな
前職でも出戻り採用があったが、他の釜の飯を食べた人間にしか分からない自分のところの釜の飯の美味さと不味さへの気づきはとてつもなく大きな力になる。 →
見出しを見てすぐにリクルートを思い浮かべてしまったのだが、記事を読み進めるとやはりリクルートが卒業という言葉を使う先駆けだった。
「会社は学校じゃねえんだよ」って記事もありましたなあ。
なんだこりゃ/
ある意味、とても健全な方向ですね。仕事はひとつながりでするものです...
時代ですね。
以上

記事本文: 会社を退職ではなく、「卒業」する人が増えるわけ|出世ナビ|NIKKEI STYLE

関連記事

画像で見る主要ニュース