TOP > ネタ・話題・トピック > NIKKEI STYLE > 東大合格校に異変...

東大合格校に異変 公立トップへ横浜翠嵐の熱血教員団|出世ナビ|NIKKEI STYLE

35コメント 登録日時:2017-07-16 06:57 | NIKKEI STYLEキャッシュ

横浜市の名門県立高、横浜翠嵐高校。東大合格者数は2000年には1人にまで落ち込んだが、17年は34人と躍進し、「東大合格校に異変」と話題になった。難関大学の受験で中高一貫校の優位が続くなか、都立日比谷高校に次いで「公立校の逆襲」の台風の目となっている翠嵐。どんな教育をしているのか。JR横浜駅に近い翠嵐を訪ねた。■進路は高1で7割が決まる 「うちの子も東大に行けるのでは」。翠嵐は夏に中学3年生...

Twitterのコメント(35)

30代は働き盛り。時には無理することもある。とはいえ身体と家族を大切に、細く長く情熱を持って仕事をしてほしいと保護者として思う。
僕とおちんちん舐め太郎さんの出逢いの場、実質ハッテン場みたいな学校なのにね。
自分の頃は、熱血教員なんていなかったけかと。今ならついていけない、というか、入学できないな。
中村先生相変わらず元気そう
受験は「手段」であって「目的」ではないはず。大学側の要請に応える教育はおそらくされていないだろう。まあ、俺の人生じゃないからいいや。
>「新浪兄弟のように明朗活発な卒業生が多い」(佐藤校長)

「明朗闊達」の間違いな。大前研一挙げるなよ。胡散臭いコンサル()。記事にあるような労務管理じゃいつか教員から過労死出るぞ
21時に寝て1時半に起きるなんて生活一年も続けてたら確実に体壊すから早急にやめた方がいい。ワーカーホリックは周りが止めてあげないと死ぬぞ。マジで。
この記事の中段に出てくる、若い先生の生活が滅茶苦茶。夜9時に寝て、朝1時半に起きる?それ、朝とちゃうし!これを熱血教師と褒めそやす。これ書いた奴はアフォか?
公立から東大に行くのは凄いのだろうけど、最初から学校が凄く管理している感じで、個人的には一寸(かなり)嫌。先生も過酷だけど、やりがいを感じているなら良いのでは?経歴として売れるだろうし。
美談だとは思うけど、これが良いと思われて、ブラック化していくだよな。全ては生徒のため?
私が推しだった先生が写ってる✨✨ 懐かしい…まじイケメン😍w
""神奈川の翠嵐から全国の翠嵐へ""
その前に物理的、非物理的原因につぶさに分けて現象に対する原因を追究するべき。頑張った⇒効果が出たではお粗末すぎ。それ以上にそれを持ち上げるマスコミも気持ち悪い
「躍進の原動力は熱血教員団だ」とあるけどこんな労働環境では長くは勤められない。6年前後で使い潰して活きのいい部品に交換するようだな。そうまでして出すべき成果?
時間外手当出てるんでしょ?きっと。ハイランクな大学に入れれば出世できるとか。オレは自分の子どもと遊ぶ時間が最優先だけどね。過労死したくないし。
ザ・ブラックって感じ笑
二中はもともと活気があるからな。記事はやりすぎだが。
いやいやいや、合格実績というか、教員の働いている時間を見てくださいよ。これで本当に"良い"学校といえるの?
公教育が飛び降り自殺しているような行為である。
このやり方が古臭いとか美談にすべきではないという人が多くて、言わんとしたいことは察するけど、なんとか立て直そうと頑張った人たちを、指先で茶化すなや。
神奈川県の中学生なら半数は憧れる翠嵐。
公立高校なのにエグい入試問題作ったりするから、そこら辺の有名私立校より倍率高そうだ…
東大合格校に異変! 公立トップへ、横浜翠嵐「熱血教員団」のすさまじさ
>「東大に通学で被ばく」を考慮せず。
日経は公立教師のこの異常なブラック労働を推奨するんだね。絶対就職しません。
真理の御霊最聖佐藤到尊師のご尊顔入っとるやんけ
これはポアやろなぁ
東大合格校に異変! 公立トップへ、横浜翠嵐「熱血教員団」のすさまじさ
自分の小さな子どもを寝かしつけた後、夜中の1時半に起きて仕事をすることが、恥ではなく自慢として語られているところに、教育現場の持つ文化の「古さ」を露呈してしまっている。
横浜翠嵐にはいいイメージしかなかったのですが、この何年かのことだったと知って驚き。
うちのクラスだ
自分も神奈川県立だけど、翠嵐ほど伸びてないんだろうな母校…
小さい子どもがいる教員が、夜9時に寝て朝1時30に起きて仕事とか異常。生徒にも無理をさせている。もう、これをサクセスストーリーのように語る時代は終わった。
世界が8000m級の山登りでしのぎを削っている中、日本だけは3776mの山頂からご来光を仰ごうと、皆必死に競って狭い山道を登っている。
以上

記事本文: 東大合格校に異変 公立トップへ横浜翠嵐の熱血教員団|出世ナビ|NIKKEI STYLE

関連記事

画像で見る主要ニュース