TOP > ネタ・話題・トピック > NIKKEI STYLE > 新社会人は貯蓄を...
10コメント

今月のマネーハックは貯金のやりかたを考えています。しかも楽をしてお金をためるやりかたです。前回、気合や根性ではなく、自動的に積み立てられる「仕掛け」をつくることが最大のポイントだとお話ししました。今週は「いくら」積み立てるべきかというテーマを考えてみます。■自動でためる目標はどれくらいが適正か 毎月自動でお金を積み立てる「仕掛け」をつくるにあたって、その金額はどれくらいに設定するべきでしょ...


Twitterのコメント(10)

新社会人の楽して貯まる仕組みづくり 目標は「手取り額の10%」
投資よりもまずはこの習慣づけが大切やと思います。ホント。 > 目標「手取りの10%」:日本経済新聞
30になるまで せめて1000万は貯めておこう☺️
毎月の積立を何の商品で運用するかも大事。その種類によってリスクを含めて借金返済との対比をして計画しないとね。/
もともとないものと思って貯めればいいのね。
目標は(・・? 
 
実家(親の持ち家)から通勤している場合、「手取りの10%」
一人暮らし社会人の場合はまずは「手取りの5%」

⇒実家通勤で数年後に財形貯蓄。
月7万とボーナス2✖20万 
4年で496万
がんばれ♥がんばれ♥
貯金じゃなくて、投資をすべきなのに。
長期投資は、若いほうが有利なんだから。>
新社会人の楽して貯まる仕組みづくり 目標は「手取り額の10%」
目標「手取りの10%」:日本経済新聞
以上

記事本文: 新社会人は貯蓄を習慣づけ 目標「手取りの10%」|マネー研究所|NIKKEI STYLE

関連記事

20コメント 2013-06-28 07:53 - www.nikkei.com

生活に隠れたムダを省くことが、貯まる第一歩。今の暮らし方をほんの少し見直すだけで、貯まるようになるんです! 今日から始めたい「貯まる習慣」を紹介します。 毎月の貯蓄額を2万円増やすなら、見直したいのが食費。ランチ代、飲み会代、デザート代…実は働く女性にとって、平日の出費の多くを占めているのが「食事」なのだ。■時間を上手に使えると節約も上達する 「『できることは自分でやる』のが節約の...[続きを読む

画像で見る主要ニュース