TOP > スポーツ > スポルティーバ > 「なでしこ」とい...

「なでしこ」という可憐な花の愛で方|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva|小田嶋隆 「二次観戦者の帰還 〜キス・ユア・

78コメント 登録日時:2011-07-22 04:51 | スポルティーバキャッシュ

プロフィール小田嶋隆(おだじま・たかし)1956年東京・赤羽生まれ。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社するも1年ほどで退社。その後、小学校事務員見習い、ラジオ局ADなどを経てテクニカルライターとなり、コラムニストとして活躍中。また、浦和レッズサポとして、埼玉スタジアムにも出没。都内を自転車で移動する肉体派?な一面も...

Twitterのコメント(78)

【小田嶋隆】
毒多め。
パねぇ,ですか.
「なでしこ」という可憐な花の愛で方|
差別か否か。
@tonn173 なでしこ報道については、このコラムも面白いと思ったよ。
なでしこジャパン、というか女子サッカーの報道に関して読んでおきたい記事その2。>
一連の違和感がすっきりしたのは、NB Onlineの記事よりこっちでした。>「なでしこ」という可憐な花の愛で方|
アスリート」
なるほど >
昔、口説かないのは失礼、てのがあったなあRT @lcnd_b 「「女の子」を一人前扱いにすることは、彼女の「可愛らしさ」を認めていないという意味で、かえって失礼に当たる」って、こんな見方もあったのか、と感心。でも不快だったけどさ。 
アスリート」
小田嶋さんはやっぱオモロイ:
小田嶋隆さんの連載がウェブで復活した模様。その第一弾。さすがさすが。最後のオチは神すぎます。 1
アスリート」
「なでしこ」という可憐な花の愛で方
最初のほうの女性アスリートへの接し方に関する見解は鋭いなあ <
アスリート」
結局画面の中で起こっていたことは、代わり映えのしない映像が死ぬほど繰り返されるという、この国で何か晴れがましい出来事が起きた時に毎度繰り返されてきた愚かな光景のデッドコピーだった。/
アスリート」
うん、そりゃハンパないわ。→
視点と文章のうまさにうなるわー!^^ RT @man10000: 「なでしこ」という可憐な花の愛で方 小田嶋隆
相変わらずパねぇ切れ味。
こういう視点はわりと嫌いではない→
本当にこの人には毎回感心させられる。
アスリート」
結構我が意を得たりの部分大です。RT @RyuichiSato: 「なでしこ」という可憐な花の愛で方(小田嶋隆) 「松木安次郎標準で換算すれば、皇居のお堀を万歳バタフライで泳ぎ切ったぐらいの感動量」そして毒舌。
アスリート」
ww→「松木安次郎標準で換算すれば、皇居のお堀を万歳バタフライで泳ぎ切ったぐらいの感動量に相当する。」
「なでしこ」という可憐な花の愛で方(小田嶋隆) 「松木安次郎標準で換算すれば、皇居のお堀を万歳バタフライで泳ぎ切ったぐらいの感動量」そして毒舌。
アスリート」 おもろかった。
「祝賀」とは程遠い新潮や文春の中吊の見出しに辟易。
他のTLを見ていると「うるさい」人もいるみたいだけど。⇒
〈なでしこの選手たちにむかって、朝昼のおばさんメディアが「結婚」や「恋」や「料理」といった、「娘」の話題を振りたがるのは、彼女たちを軽んじているからではない。むしろ好意のあらわれだ。彼女たちは「ばあや」の役柄を演じている〉小田嶋隆
小田嶋隆のなでしこ優勝とその扱われ方、面白かったです。
スポルティーバのサイトでは西村くん @akyranishimura のMotoGPルポに続いて小田嶋さん @tako_ashi のサッカーコラムも読めるようになったのかー。うれしいw
小田嶋隆コラム読んでたんですが→「なでしこ」という可憐な花の愛で方via Sportiva 「時代劇に出てくる"剣術道場の跡取り娘"扱い」という一節に、コンテクスト共有能力という意味ではイイネ! 的な感慨がなくもない、と思った。
久々に目からうろこが落ちました。なでしこが合コンいってもいいじゃない! RT @sayuasano なでしこ報道の気持ち悪さについて。「道場の跡取り娘」とはさすが。 「なでしこ」という可憐な花の愛で方 web Sportiva 小田嶋隆
アスリート」
アスリート」
アスリート」: 当事者はそれほどでもないという気はする。
…静かにかみしめていれば半月は楽しめたはずの余韻を、私たちは、よってたかって台なしにしてしまった。
「剣術道場の跡取り娘」。なるほど!
女子サッカーW杯優勝に関するコラム。なんか共感できた。 ☞
「群がるマスコミ。お花畑を踏み荒らす野次馬。ダッシュするバーゲンばばあ。そういう景色を横目で眺めながら、私はたった半日で心の底からうんざりしていた」そして、なぜそういう扱いになってしまうのか、について / 「なでしこ」という可憐な花の愛…
なでしこ報道の気持ち悪さについて。「道場の跡取り娘」とはさすが。 Sportiva 小田嶋隆
アスリート」 前半部分は多くのサッカーファンの気持ちを代弁している
アスリート」
要は日本はロリコン文化って事だろ?>
「小倉さんの真骨頂は、どんな偉大なアスリートに対しても、そこいらへんのOLさんや女子大生に接する時みたいな調子で話しかける、その距離感にある。」に納得感! →
アスリート」
アスリート」   小田嶋の目線が好きすぎる
~キス・ユア・アスリート」 小田嶋さん相変わらずツボ過ぎ、1ページ目読んで車内で吹き出しそうになったので続きは後で☆
アスリート」
アスリート」
いつもの小田嶋節が炸裂。笑いの中にも光るもの有り。
小田嶋さんのコラム、すごくわかりやすく冷静に今回のなでしこ旋風を分析しております。
「赤心」の使い方がうますぎる。 "私はレッズサポとしては例外的に落ち着いた観戦者で、それゆえ、さいたまスタジアムではしばしば赤心を疑われている次第なのだ" ■
アスリート」
メディアの人間の間では
「若い女性と対面した場合には、実年齢よりも子どもっぽい人間として扱うことが、相手に対するサービスになる」
 という、一種屈折したマナーが共有されている|小田嶋隆
このライターさん好きだ
以上

記事本文: 「なでしこ」という可憐な花の愛で方|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva|小田嶋隆 「二次観戦者の帰還 〜キス・ユア・

関連記事

画像で見る主要ニュース