16コメント

以前から歌手のASKAさんが語っている、謎の盗聴盗撮集団「ギフハブ」。なんと本日2017年3月16日、ついにASKAさんが自身の公式ブログでその集団についての詳細を語り始めた。 ブログの記事を読んでみると、予想だにしなかったギフハブの実態が具体的に綴られている。謎に包まれていたギフハブの実態とはいったいどんなものなのだろうか...


Twitterのコメント(16)

ギフハブ、一体何者なんだ…。
ギフハブ、ロフトプラスワンあたりでやってそうなイメージになってしまたw
ギフハブ92人も居るのに確認出来たのかすげー( ゚Д゚) !!
典型的な離脱症状ですね。治療を受けたほうが・・・
DJはともかく、盗撮や音声素材でMAD作ってる集団なら現に居る
こいつ統合失調症だわ。病院行ってくださいよ。
@RocketNews24より

盗聴音声オンリーイベント行きたい
意味わかんねーw
やばい(やばい):
完全に妄想症やなこれ
お薬やってるとしたら相当な常習
親近感を感じる…

/ 盗聴&盗撮した音声や映像でDJプレイも – ロケットニュース24
完全に糖質なんだから入院させろよ
お、おおぅ・・・(;´Д`)
まさか盗撮盗聴の素材でDJしている集団だったとは……!! →
僕が「esprots!esprots!」って叫んでた。動画もリミックスされて楽しんでるんですかね。
ギフハブのパーティージーシェルターでしてほしい!!誰かー!!
以上
掲載元: 【衝撃】ついにASKAさんが謎の集団「ギフハブ」の実態を告白 / 確認済メンバーは92人、盗聴&盗撮した音声や映像でDJプレイも | ロケットニュース24


他のコメントを探す:Twitter検索 はてブ

関連記事

24コメント 2013-01-02 17:42 - blog.esuteru.com

中国発:村人が誤ってモバイルゲーマーをボコボコに 2012年4月、26歳のフアン・ツァンシェンさんは江西省、萍郷市で急に人に襲われました。彼は携帯で、「ファイト・ザ・ランドロード」(斗地主)という中国で人気のカードゲームを遊んでいただけでした。しかしそれを見ていた村人たちは、フアンさんを「ソーシャルワーカー」だと思い込み、フアンさんが携帯で村人たち...[続きを読む

画像で見る主要ニュース