TOP > おでかけ・イベント > レスポンス > 【リコール】スズ...
12コメント

編集部にメッセージを送る スズキは、軽自動車の『アルト』に関するリコール(回収・無償修理)を、国土交通省に届け出た。今回のリコールは、フロントストラットとナックルを締結するボルトとナットの締付けが、不適切なことによるもの。ナットが、規定のトルクで締め付けられていない可能性がある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、ナックルがストラットから外れ、最悪の場合、走行不能に陥るおそれがある...


Twitterのコメント(12)

ちょ、え、怖い! 走行不能に陥るどころの話じゃなかったww
やべぇ俺のは大丈夫だろうか……69台?
(つд⊂)ゴシゴシゴシ
(;゚д゚) …
だ、大丈夫そうだな。
台数めちゃくちゃ少なくてわろた
69台とは…
走行中に外れたらやばい事になるよね
うぉぉぉぉ(^q^)
これでわかるのは…まぁ、"アルトって売れてない"って事だよなぁ…
SUZUKIには頑張って欲しい‼
ナットが、規定のトルクで締め付けられていない可能性がある。」これが現在の日本品質。スズキに限らないと思うぞ。でも、これは何なんだ?「リコールの対象となるのは、合計69台」
タイヤ根元から取れちゃうんじゃない?
うーん、こういうのが多いな
対象が69台? - | レスポンス(Response.jp)
以上

記事本文: 【リコール】スズキ アルト、走行不能に陥るおそれ | レスポンス(Response.jp)

関連記事

68コメント 2014-12-23 01:02 - car.watch.impress.co.jp

最初に登壇した鈴木修会長兼社長は、1979年(昭和54年)に発売された初代アルトを振り返り、「初代アルトは私の中でも印象深いモデルとなります。私が社長に就任したのが昭和53年で、本来ならその年にアルトは発売する予定となっていました。ですが、社内の事情や私がもう一度練り直そうと決めたことにより、翌年の昭和54年に発売することになりました。当時は車体価格に運搬費を上乗せした価...[続きを読む

画像で見る主要ニュース