TOP > おでかけ・イベント > レスポンス > 神岡鉄道の気動車...
14コメント

編集部にメッセージを送る 神岡線の廃線路を活用した軌道自転車(レールマウンテンバイク)の運転体験施設「Gattan Go!!(ガッタンゴー)」(岐阜県飛騨市)で4月8日、神岡鉄道の気動車「おくひだ1号」の復活運転イベントが行われた。「おくひだ1号」が神岡線の線路を走るのは約10年ぶりだ。神岡線は猪谷~奥飛騨温泉口間19.9kmを結んでいた鉄道路線。JR高山本線に接続する猪谷...


Twitterのコメント(14)

@5861K しかも動態っていうね。
当日アップだ。草町さんお疲れ様でした。
10年ぶり運転って、エンジン大丈夫なん?? 定期的にエンジンかけてたのかな?
そういや富山にいた時に一度だけ乗って奥飛騨温泉口駅まで行ったことがある/
営業免許は失効してるだろうから旅客運行は出来ないだろうけど、嬉しいニュースですね。 →
車内に囲炉裏があるんだっけ(うろ覚え)

「ただいま」のヘッドマークが泣ける。
こうした取り組みいいね。でも、神岡はだいぶ人口減ったんだろうなぁ。 /
へー!
そうなんだ。
今後は観光鉄道としての運行への第一歩ということで。
親戚廻りをしていた途中、通り過ぎた温泉口の駅前が賑わっていたのが印象的であった。 /
これ、クラウドファウンデーションで資金を集めて、小坂のあけぼのみたく、たまに走れないかな?
カミオカンデ見学にいったとき貨物とかが走ってたなぁ。すげぇ昔やけど。
自分的には予想以上の人出でした。知った顔もちらほらと。 |
以上

記事本文: 神岡鉄道の気動車「おくひだ1号」が復活…廃止から10年ぶり運転 | レスポンス(Response.jp)

関連記事

26コメント 2012-01-16 10:51 - www.chunichi.co.jp

 飛騨市神岡町で旧神岡鉄道の線路をこいで走る観光用自転車「レールマウンテンバイク」が、東日本大震災で被災した三陸鉄道(岩手県)の復旧工事に貸し出され、作業員の“足”として活用されている。第3セクター鉄道としては最も長い歴史がある三鉄。その復旧に、全国2番目の3セクだった神鉄を生かしたレールバイクが一役買っている。  岩手県の三陸海岸を縦断する三鉄は津波で...[続きを読む

画像で見る主要ニュース