TOP > おでかけ・イベント > レスポンス > 叡山電鉄、観光用...
16コメント

編集部にメッセージを送る 京阪ホールディングスと同社グループの叡山電鉄は3月30日、叡山電鉄に観光用車両を導入すると発表した。2018年春から運行する。発表によると、700系電車1両を大幅にリニューアル。沿線にある比叡山と鞍馬山の「荘厳で神聖な空気感や深淵な歴史」、「木漏れ日や静寂な空間から感じる大地の気やパワー」などのイメージを「楕円」で表現したという。イメージ図では、車体先頭部が大...


Twitterのコメント(16)

導入されたら乗りに行きたい // "車体先頭部が大きな「楕円ループ」" /
子供の時に見たらトラウマになりそうなデザインなんだけど(・・;)
これおもしろい…本物見たい
出たよ、意味不明なやつが。また。
またドえらいデザインの車両が…(´・ω・`)
イメージ図のインパクトがすごい。
なんか奇抜なの来たね・・・こういう今までを覆す様な挑戦は大好きだ!
えーと…コードギアスのゼロの仮面?w
…なんか…こわい…w
なにこれ新しい仮面ライダー?
イイねぇ〜^^>>>
別に似ている訳ではないのだけど、ゲゲゲの鬼太郎のバックベアードを思い出すのはなぜだ■
なんかこの前面の楕円で吸い込まれたり一飲みにされそうでちょっと怖い...気のせいか...?
以上

記事本文: 叡山電鉄、観光用の「楕円電車」導入へ 2018年春 | レスポンス(Response.jp)

関連記事

32コメント 2017-03-30 19:40 - nlab.itmedia.co.jp

叡山電鉄が、新観光用車両のデザインを発表しました。2018年春から運行予定とのことですが、先頭車両全面に巨大な“レンズ”をドバーンと埋め込んだようなデザインに注目が集まっています。なにこれすごい。 デザインの意図は、「『比叡山』と鞍馬が発するダイナミックな気の循環を、2つの山頂を極とする楕円ループになぞらえました」とのこと。スピリチュアルですね。 この楕円の部分をイメージしたそ...[続きを読む

画像で見る主要ニュース