11コメント

編集部にメッセージを送る スズキは、新型ロードスポーツバイク『GSX250R』を4月17日より発売する。GSX250Rは、2016年11月にミラノショーで発表したロードスポーツバイクのグローバルモデルで、街乗りにおける日常的な扱いやすさとスポーティなスタイリングが特長だ。パワーユニットは、最高出力24.5ps、最大トルク22Nmを発生する水冷2気筒248ccエンジン...


Twitterのコメント(11)

>最高出力24.5ps、最大トルク22Nm
クソしょぼくて泣けてくる
乗りやすそう
なんとかまとめようと頑張るも、ゾクゾクするデザインの悪さ。でも、スズキの市販車、コストパフォーマンス最強なので、期待しちゃう!→
黒か青白かなぁ。
あくまでもつなぎでGSX-R250用にDOHC4バルブ2気筒エンジン開発してそうだな。
気になる一台。▶︎ | レスポンス(Response.jp)
あらま、国内導入思いの外早い??

まあ、今年のバイク業界には大いに期待しておりますぞ!☺🙆
53万wwwwwwwwwwwwたっかwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
>>価格は52万7040円。 前情報通りだったか。頑張ってるね。
30数年前から名前かわらいのか。。。
スズキさんありがとう!
欲しいけど買えない…
以上

記事本文: スズキ GSX250R、4月17日発売…低中速重視の新型ロードスポーツ | レスポンス(Response.jp)

関連記事

24コメント 2014-08-29 17:41 - jp.autoblog.com

「GSR250F」は、快適な乗車位置に設定した専用の黒色塗装ハンドルとフルカウルを装備することで、高速走行や長距離ツーリング等において防風効果による快適性を高めた。車体色は、黒「パールネブラーブラック」、青/白「トリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト」の2色を設定。 スズキは、「GSR250F」を追加することで、ラインアップを拡充し、初めてバイクに乗るライダー...[続きを読む

画像で見る主要ニュース