TOP > おでかけ・イベント > r.gnavi.co.jp > 栃木で出会ったサ...

栃木で出会ったサポーターが忘れられない……平畠啓史がサッカー番組で本当に伝えたいこととは - ぐるなび みんなのごはん

14コメント 登録日時:2018-09-12 18:54 | r.gnavi.co.jpキャッシュ

有名サッカー関係者にさまざまなエピソードを伺うこのインタビューシリーズ。今回はお笑い芸人の平畠啓史さんに登場していただきました。スカパー! のサッカー番組MCを長年務め、芸能界屈指のサッカー通として知られる平畠さん。スカパー! の番組が終了した後もさまざまなサッカー・スポーツ番組で活躍しています。「中途半端じゃアカン」という思いから、実際にスタジアムへ足を運...

Twitterのコメント(14)

>中継では「いいチャレンジですね」って言うじゃないですか。でもスタジアムはみんな「打つな!」って思ってる。その「打つな!」が僕は面白いんですよ。

ここのくだりが最高
最近はこころでも皆さんからサッカーの話を振ってくれて、本当に感謝しています。この記事にある、平畠さんが会った栃木SCサポみたいに、僕もたぶんサッカーというかマリノスは心の拠り所なんだろうなと。そういう人がこれからも色んなところで増えると良いな。
これは誠にその通りである。
/ちょっとハワイとか行って帰ってきたヤツが「やっぱり日本ダメだよね、ハワイいいよね」みたいなすぐ海外を鼻にかけたヤツいるじゃないですか。「いやいや、お前、ほんなら、例えば倉敷とか行ったんか? 大膳行ったんか? 別府行ったんか?」って
クラブチームが各地にある意味、サポーターの温度、平ちゃんの言う通りと思う。サッカーはスポーツだけど、Jリーグは文化になるのがいいと思う。みんな、すごい。
サッカーに興味ないなぁって人にも知ってほしい
平ちゃん。好きですね。
水戸と阿佐ヶ谷で遭遇したなぁ。
身近にサッカーがあって、ゴール裏で知らない人とみんなで喜んだり、悔しがったり、励ましあったり…それが楽しいんだよね。栃木SCには自分が辛いときに勇気もらったよ。
共感するところありすぎな話「極論ですけど、練習せんで遊んでてても本番だけ決めてくれたらそれでいいというか。それがプロっていうか。
で、そういう人がおる反面、毎日練習してやっとレギュラーになれる人がいて」 /平畠啓史がサッカー番組で本当に伝えたいこととは
読み終えてほっこりした ( *´︶`*)
すごく共感出来るお話しでした(^-^)
試合はもちろんメインイベントなんやけど、スタジアムに行ってライブ感や出会いや新たな気づきも楽しみのひとつですよね(*^^*)
平ちゃん、好きやわぁ(*´ー`*)
個人的には、サッカーが好きというより、甲府というチームが好き。そういうスタンスでいいんだ、という気持ちになれる記事です。
「Jリーグは地元の祭り」でもいい。「ウェイが盛り上がる空間」でもいい。でも、この記事にあるような「栃木で出会ったサポーター」にとってのJリーグの意味と、それを改めて気付かせてくれる平畠啓史という存在のありがたさ。
以上

記事本文: 栃木で出会ったサポーターが忘れられない……平畠啓史がサッカー番組で本当に伝えたいこととは - ぐるなび みんなのごはん

関連記事

画像で見る主要ニュース