米科学者が認定「世界で一番ハッピーな人」の思考パターン | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

37コメント 登録日時:2016-09-12 08:09 | プレジデントオンラインキャッシュ

脳の中の幸福度を測定する調査実験の結果から「世界一幸福な人物」といわれている僧侶のマチウ・リカール氏。彼の思考の秘密を探った。...

Twitterのコメント(37)

幸せになるには?
周りを思いやる気持ち!
幸福感、喜び、気力の充実など、肯定的な感情を持ちやすい者は、

大脳皮質の前頭葉の一部、
左側の前頭前野が活発であるという事実を突き止めた。

逆に右側の前頭前野が活発な者は、悲しみ、心配、悩みなど否定的な感情を持ちやすい
世界で一番ハッピーターンな思考、って見えてしまった
人間を不幸にする思考パターンは、マスゴミの宣伝ですね。:
【プレジデント】 「チベットから亡命して難民として暮らす高僧のドキュメンタリー映画に感動したことで、毎年ヒマラヤに通うようになり、本格的な仏教修行の道に入る。」
ハッピーターンと錯視してしまったw
「僧侶と哲学者」という本、とても面白かった。
幸せな脳にするやり方。私にも出来そうなものが有るかもしれない。
幸せは身近に、自分の内に在るようだ。
人の幸福度の感じ方について

考えたことはあるだろうか?
前頭前野の左側を強化しよう
真似していけば、繋がっていく✨
日曜にダウが下がるようなところの記事だからなぁ。。
| 利他の心ね。稲盛和夫の「生き方」を再読しているので内容がシンクロ。
Takahashi Hirokazuさんのコメントが分かり易くて腑に落ちる。

>幸福感には2パターンあります。その瞬間には強い快感が発生するも持続が短いため快感を維持するには同じ行動をくれ返さね...
自称拗らせてる奴におすすめな記事発見
麻薬でもやってるんだろうかって思った
みんなが幸せになる考え方だって。時間がある人は是非( ´ ▽ ` )ノ
左側の前頭前野が活発であると、人はハッピーを感じるらしく。活発にさせるには、ハッピーになれる思考を持つことが良いらしい。
その思考ってのが、他者の利益に自分を心から差し出す「利他の愛と思いやり」。
だからファンはハッピー脳ってこと♪
あべに読んでもらいたい記事。〉
これはまさに凄い!
この人が受けた脳のテスト受けたい。割とハッピーな自信ある😇 /
前向きに、自分を見つめ、全てを愛すること。出家しようと考えているのは間違いじゃないのかな〜
固執しないこと。分け与えること。→
幸せの定義は人それぞれが追い求めるもの。
ただ僕は利他的に生きることに、一つの答えが有りそうだと思いました。
米科学者が認定したからどうだというのか。脳波の反応が大きかったから幸せとか、本気で言ってるのか?これって本当に科学なの?少なくとも俺には、オカルトと大差ないように思えるけど。
幸福な人は、慈悲の気持ちや他人への思いやりに関連する領域が発達している。他人の目で自分の自我を見つめたりなどの思考パターン
本だとこの記事の前に「毎日が楽しくなる脳内革命」って特集があるんだけど、科学的に+思考ー思考を分析してて面白かった
脳の中の幸福度を測定する調査実験の結果から「世界一幸福な人物」といわれている僧侶のマチウ・リカール氏。彼の思考の秘密を探った。
< 本、買おう(^∇^)
オープンソースって最初「俺これ作った、よかったら使って」から始まると思うんだけど、そこに愛はないだろうけど😅、使ってもらえると嬉しいってのは、これに通じる気がする: 「利他の愛と思いやり」の瞑想中、前頭前野の活動が左側に大きく偏り
ダライ・ラマ14世のフランス語通訳としても活躍している《マチウ・リカール》氏について
以上

記事本文: 米科学者が認定「世界で一番ハッピーな人」の思考パターン | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

関連記事