31コメント

「メキシコとの国境に巨大な壁を作ろう」「イスラム教徒の入国を禁止すべきだ」など、過激な発言を繰り返すドナルド・トランプ氏が、約半年にわたるアメリカ大統領選挙の予備選挙を制し、共和党の大統領候補に正式指名された。2016年11月に行われる大統領選挙では、民主党のヒラリー・クリントン氏との一騎打ちとなる可能性が高い。なぜアメリカで、トランプ氏がこれほ...


Twitterのコメント(31)

"は現れないか:堤未果/米政界を席巻したトランプ、サンダース現象の本質をよく捉えている。しかし結論として「今の政治制度では日本のトランプは生まれにくい」とも。参院選や都知事選を見る限りその通りと言わざるをえない。
トランプより先に石原慎太郎とか橋下徹とかがいるでしょ →
トランプ現象は離脱前のUKと全く状況が同じ。
日本の党議拘束と供託金制度はクソ。日本の政治が終わっている原因でもある。
わかりやすい
日本にも既に存在するだろうが。だれとは言わんが。
結構ゴロゴロいるよ。マスコミが表に出さないだけで。
桜井誠なんか都知事選まで出てるのにTBSではモザイクで隠すからな。
「株式会社アメリカ」の話、おもしろかった(o^O^o
PRESIDENT Online

今まさに小池百合子というヤバすぎる都知事候補が現れてるんですけど…。
-
「トランプ現象」は、まったくの対岸の火事とは言えない。アメリカの現状は、今の日本の状況と、驚くほど共通点が多いからだ。(記事より)
「米大統領選の主役「トランプ入門」:堤未果さん」→
トランプ氏が支持されるのには、そういう理由があったのか・・・
アメリカは1%の裕福層が牛耳ってるって書いてますが、残りの99%は一体何をしてんねんと思ったら当選した政治家は裕福層から献金もらって買収されてるらしい。民主主義の限界を感じますね。てかバグでしょ   "は現れない
つまり、この「トランプ現象」とは、「1%の超富裕層が支配する株式会社アメリカ」への、強烈なアンチテーゼであり、残された最後の希望なのだ。株式会社化したアメリカの中で追いやられてきた人たちが、これまでの大統領選挙であれば「圏外」であっ
劣化したなあ〜(何がとは言わないが)>
え?すでに内閣総理大臣に、、、。2 /
期待したいね。 マンネリになっている既成政党では改革は出来ないだろう。 今の議員制度では中々難しいのかもなー。 国民一丸となり若者参加の国作りには大統領制を取り入れるのが良いだろう。
無国籍朝鮮財界傀儡の政商安倍政権は今の米国の政商そっくり其のまんま真似している。

日本にも、必ず、本気で古き良き日本を取り戻す、正真正銘の政治家が出る。
利害の一致のさせ方がうまいんだな
"は現れないか:政党が株式会社化してて部下と上司の関係になってる!そして党内で強い人が比例の上位にいて選挙民から拘束されなくても当選しちゃうこと!とても怖い...
安倍政権下において序列が固定化しつつある日本でも同じようなことが起こっています。ただ唯一の違いは1人区選挙制度によって党拘束が強くなりすぎて革新的な政治家が生まれないことです。
トランプ現象とは「1%の超富裕層が支配する株式会社アメリカ」への強烈なアンチテーゼで、サンダース現象とはコインの裏表…表面的な差別の文脈でなく、この本質を見るべき
★"は現れないか/堤未果 @Pre_Online
日本でトランプが生まれないのは「小泉→安倍」ラインがキチンと社会の不安に向き合ったから(施策の是非はともかく、既得権益を解体する方向では手を打っている)、橋下さんの行動で地方自治体にはらむ問題も明...
過激な発言を繰り返すドナルド・トランプ氏は、なぜアメリカでこれほど人気?ジャーナリストの堤未果さん @tsutsumimika に聞きました→
都知事選の桜井さんとかの主張はそれ。

ヘイトスピーチとか、傾向は出てるよね。 /
| PRESIDENT Online - プレジデント
「トランプ氏は、努力してチャンスをつかんで成功し、財を成すという、昔の「アメリカンドリーム」の象徴」とうところといいかなり見当はずれ。トランプは生まれながらの大富豪
なぜ米国大統領候補ドナルド・トランプ氏は熱狂的な支持を集めるのか?『ルポ
以上
掲載元: なぜ日本に“トランプ”は現れないか 米大統領選の主役「トランプ入門」:堤未果さん:PRESIDENT Online - プレジデント


他のコメントを探す:Twitter検索 はてブ

関連記事

28コメント 2012-12-04 23:12 - www.nikkei.com

【ソウル=尾島島雄】有力2候補はテレビ討論で、冷え込む日韓関係の改善に向けて歴史認識問題での日本の誠意ある対応を求める姿勢をにじませた。未来志向の関係構築を目指す考えでは両候補とも一致した。 セヌリ党の朴槿恵候補は「歴史の葛藤には賢明に対処する。日本は正しい歴史認識が必要だ」と強調。一方で「過去を超え未来を見る幅広い思考が重要」と述べた。民主統合党の文在寅候補は「未来志向的なパートナー関係を発展...[続きを読む

画像で見る主要ニュース