TOP > IT・テクノロジー > PC Watch > 東芝、HDDの多...
32コメント

実験では、異なる強磁性共鳴周波数を有する磁性体層を積層し、それぞれに応じた周波数のマイクロ波磁界を印加することで、特定の磁性体層のみに磁化振動を励起することに成功。磁化振動が励起された層は磁化反転に必要なエネルギーが低減されるため(マイクロ波アシスト効果)、層を選択した磁化反転を可能とした。 この技術はこれまでシミュレーションで予測されてきたが、今回初めて実証することが...


Twitterのコメント(32)

HDDも二層になる日がそのうち来るのか。
磁気共鳴系研究室なので昨日教授がめっちゃこれで盛り上がってた
@pc_watchから
何気にテープ時代の技術が最先端に継承され続けている
今回実証された磁化反転技術は、磁気記録全般に応用できる基本的な技術。HDDだけでなく、磁気メモリ、磁気テープなどの磁気記録製品でも記録層の多層化が期待できる ※ 素晴らしい!👏
これ速度どうなんやって話
これはものすごいことの気がする /
多層化による速度低下が無ければよいが。
HDDでも多層かあ。
3次元か…◆
MAMRの応用で多層磁性膜の多値記録をやるってことか
実用化されたらHDDの記録容量が倍近く増えるのね
革命的に技術が生まれた。
『2025年頃を目標に3次元磁気記録の実現を目指す』
10年あれば他の技術革新に埋もれそう……
磁気を多層記録する技術が開発されたそうです。
すげぇ~

@pc_watchから
よく分からないが東芝頑張ってる。
今度は多層化か・・ /
HDDのプラッタ容量が限界に近づいていたし、これはいい傾向…と思うんだけど、SSDの進化のが早そう…
深層磁気記録だとかそんなチャチなもんじゃねえ! [庭茸る]
せっかくの すごい技術も 虚しいね 経営陣が バカばかりだと
 ↓
しゅごい。速度的にはどうなんだろ?
@pc_watchから
これやばいだろ
TSVに継ぐブレークスルーはこれで決まりだな
そうなのか(層)
磁性体面も積層化とな…よーやるわ…
2025年か……。先は長いが夢の技術だ
FDの復活なるか
磁気記録でも記録層の多層化ができる技術を東芝が開発とのこと。多層記録HDDにより飛躍的に記録密度が高まる可能性。
まだ磁気記憶装置は進化するのね。でも2025年って遠いなの:
これとうとうできたんだ.高専の時に開発段階の話を聞いたことがあったが,当時訳分からなかったんだよな
@pc_watchから HDDの記録密度はまだ増えるのか(愕然
おお! 理論上予測されていた現象の実証に成功!

東芝、HDDの多層記録技術の実証実験に成功
以上

記事本文: 東芝、HDDの多層記録技術の実証実験に成功 ~磁気メモリ、磁気テープなどにも応用可能 - PC Watch

関連記事

77コメント 2013-07-01 14:37 - pc.watch.impress.co.jp

米マサチューセッツ工科大学(MIT)電気工学/コンピューターサイエンス学科のディナ・カタビ教授らは28日(現地時間)、Wi-Fiの電波を利用して、壁の向こう側を見通す技術「Wi-Vi」を発表した。 Wi-Viは、壁の向こう側を見通すと言っても、X線写真のように、ありのままを透視するわけではなく、人間など壁の向こう側や閉じた部屋の中で動いているも...[続きを読む

画像で見る主要ニュース