TOP > IT・テクノロジー > PC Watch > 【後藤弘茂のWe...
41コメント

2in1モバイルノートタブレット液晶ディスプレイGPUCPUNUC/小型パソコンゲーミングパソコンゲーミングノートWindows 10Microsoft OfficeSSDキーボードマウス無線NAS自作PCパーツカテゴリ検索記事を探す閉じるPC Watch をフォローする Special Site 人気記事...


Twitterのコメント(41)

そうなんだ「SW26010プロセッサは、ソニー製家庭用ゲーム機「PLAYSTATION 3(PS3)」のCPUである、「Cell Engine(Cell B.E.)」との類似性がよく言われる。」
PS3をパクって改良してスパコンにしたのか?w
「かつてPS3をベースにしたスパコンが」 17年4月21日
、後藤弘茂、2017年4月21日
CPE:「コードブロックベースでアウトオブオーダ実行が可能な場合に実行」
確かこれには理由 (目的) があるはず…
名前すごいなぁ 「 Watch」
このオルタナティブ感とSF感!
名称も相まって鼻血が出そう
んー、ハードの性能の高さはいいけど、ソフトウェアチェーンは?
中国は日本を越えたなとシミジミ。> @pc_watchから
後半のメモリ帯域の解説等を見ると、HPCの中でも目的をはっきりとさせてそれに合わせて設計という感じが / こう派手に独自のアーキテクチャだとコンパイラなどのレイヤにも実力必要なのだろう・・ / "【後藤弘茂のWeekly海外ニュ…"
なんちゅーか、Cellがそのまま突き進んでいたらこうなっていたはず、みたいな気がするので、ファンとしては悔しい部分あり。
厨二病ホイホイなネーミングだな。もちろんおれはキュンキュンきましたよ。
世界最速スパコン中国「神威太湖之光」の CPU SW26010 の概要 中国開発の独自アーキテクチャ CPU
を積んだ Sunway TaihuLight PS3 Cell Engine との類似性と相違点
中国のスパコンはかなりスゴイな
cpuが260コアもある。
日本はcpu開発とかして無いからヤバイ
スクラッチパッドを活用する、最適化しがいのあるベンチ番長だと思ってたけど、そうでもなさそうね。
でも Cell B.E. と違ってリングバスになっていないのって、ヘテロなメニーコアにとって良いのかしら?
スクラッチパッド64KBワロタ。pezyは16KBでさらにopenclスタックと共有で、無理ゲーに近い。openacc vs opencl、だが精神力は5倍なので日本が勝つ❗️
へー、この記事は面白いな。メモリアクセス用のプロセッサというのが具体的にどういう動きをするのか気になる。論文はあるだろうか? - 【後藤弘茂のWeekly海外ニュース】世界最速スパコン中国「神威太湖之光」
@Somelu01
世界最速スパコン(使い方によりますが)で話題になったSW26010を開発したのがShanghai High Performance IC Design Centerなので、上海も色々ありそうです
やっぱりすげーな。スクラッチバッドもすごいが、CPEのレジスタでのコア間のダイレクトアクセスと、IMPEが吐きそう。ノルマなければ使ってみたい
【後藤弘茂】世界最速スパコン中国 神威太湖之光のCPU「SW26010」の概要 ~PS3のCell B.E.と似た設計 SW26010は260コアとなっている。また、プログラミングではOpenACCをサポート
SONYがプロセッサ事業に参入するための足掛かりとしてCellか設計されたというのはよく言われることだがゲームソフトウェアの開発費高騰によるマルチプラットフォーム化の流れとプラットフォームビジネス...
最速はいいんだけど、何の計算しているんだろう・・・。
@pc_watch
→ということはある程度ベンチに特化してる面もありそうですね
セルは登場が早すぎたのかのぅ>SW26010プロセッサは、ソニー製家庭用ゲーム機「PLAYSTATION 3(PS3)」のCPUである、「Cell Engine(Cell B.E.)」との類似性がよく言われる。
64bit倍精度浮動小数点演算で3.06TFLOPSか
また独自アーキの非汎用か…
日本では出来なくなった事を中国では活発に進められているんですよね。
ふーむ、やっぱりこれ面白いアーキテクチャしてるなぁ。Cellもなー、進化してればなー /
Cellっぽい設計思想だけどコア数が段違いだな -
独自CPUだったのか/
性能が出るコード書くの大変そうという感想しか出てこない
世界最速のスパコンは260(4+256)コアCPU搭載。メモリ帯域やらは弱いということで、例のスパコンbenchmarkでは良い性能を出すけど、汎用的には使いにくいのかもしれない。
オッ(´・_・`) /
日本発のアーキテクチャが出ることはしばらくなさそうだな。
後で読む
←4倍精度こそスパコンの真髄!
詳細解説。Cell B.E.っぽさが表立っているけど、命令セットはAlpha由来で、構造はCell風と言うことで、Cell命令セットではない。あと1.45GhzはTop500で安定計測用のダウンチューニング。
AIはSW4から。
made in china の世界一スパコン
125PFLOPS(125×10^15:千兆の125倍)とか。。。
日本の技術は大丈夫なのだろうかな。

世界最速スパコン中国「神威太湖之光」CPUの概要
本家より後藤氏の説明の方が、わかりやすい件について(苦笑)。
あとで読む
以上

記事本文: 【後藤弘茂のWeekly海外ニュース】世界最速スパコン中国「神威太湖之光」のCPU「SW26010」の概要 ~PS3の「Cell B.E.」と似た設計 - PC Watch

関連記事

77コメント 2013-05-21 14:19 - pc.watch.impress.co.jp

ARMは当初はクラスタマイグレーションでも、スイッチングのブランクは問題にならないと説明していたが、現実はそう行かなかったようだ。現実解が、CPUマイグレーションモデルだったというわけだ。 こうした事情から、現在、Linaroで開発したCPUマイグレーションモデルのソフトウェアは、Linaroのメンバーにしか提供されていない。...[続きを読む

画像で見る主要ニュース